風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!ユーザー参加型風俗サイト!!

今回は年明け初の風俗体験。
おそらくお正月はどこの風俗店も混んでいるので、いつものように正月休みが終わり日常に戻った今がおいらにとって初出撃となるのだ。

で、今回選んだお店は即尺をしてもらえるという新宿の性感店。
昨年、即尺プレイを売りにしている渋谷のお店にいったが、そのときは即尺のまえにペーパーおしぼりでおち○ちんをフキフキされてしまいちょっぴり残念だった思い出がある。
ペーパーおしぼりを使うのはお店の方針みたいだが即尺を売りにしているなら、文字通りおち○ちんをふかずにパクンといってもらいたいものである。
くわえる前におしぼり使われたらピンサロでのフェラと変わらないもんね。

今回選んだこのお店はどうであろうか。
期待に胸を膨らませながら受付を済ませる。

すぐにおいらの順番に。
写真指名した女のコはRちゃん(18)。
このお店ではナースのコスチュームが制服なのだが、系列店に移動してのプレイだったためRちゃんはデパガのコスチュームで迎えてくれた。
身長150センチちょっとのRちゃん、早生まれで今だと本当に18歳らしい。
ロリ好きの人にはたまらない女のコだろう。

プレイルームに入るとRちゃんが
「即尺しますか?」
と聞いてくる。
もちろんするにきまっている。
「うん、して!」
とちょっと興奮気味のおいら。
すると次の瞬間
「ゴム使うけどいいですか?」
とRちゃんから信じられないお言葉が!
「あ・・・えっ・・他の女のコもゴム使うの?」
「はい、他の女のコでもそうです。お店でもゴムを使うように言われています。」
「そ・・・そうなんだ・・・」

一気にトーンダウンするおいら。
ションボリした愚息をゴム装着で仁王立ちで咥えてもらう。
風俗のなかでもなんでもアリといった感のある性感だが、おしぼりでおち○ちんをふいたりゴムを使わずしていきなりパクンというのは衛生上の問題もあるし難しいのかな。
病気を蔓延させかねない行為だったりもするし・・・とくわえてもらいながら無理やり自分を納得させる。

ゴム尺で半立ち状態のおいらのおち○ちんを見て
「やっぱり、ゴムだと気持ちよくないですか?」
とRちゃん。
肉体的な快感というよりも、シャワーを浴びていないありなままのおいらのおち○ちんをキミのお口で受け止めてほしいんだよと言いたかったけど、面倒くさいので
「う~ん、そうだねぇ」
となま返事をしておく。
「じゃあ、シャワーを浴びよう。シャワーの後はゴムなしでできるから。」

気を取り直して、シャワーを浴びる。

シャワーを浴びたあとベットへ。
仰向けにねたおいらの上にRちゃんが乗っかりDキス。
即尺がゴム尺だったのでその後のプレイが正直ちょっと不安だったが、犬のように舌をベロベロと絡めてきてくるRちゃんのDキスはやる気が感じられてホッとする。
両乳首をなめたあとタマなめ。
サオを舌で上下に往復させたあとパクン。
「フェラは自信あるんだ!」
とRちゃん。
ジュボジュボと音を立てながらくわえるフェラは勢いがありとってもエッチだが・・・う~ん、テクニック的にはまだまだこれからかなといった感じだ。
舌の動きが単一でバリエーションにかけるし、勢いだけではなくねっとりと舌が張り付くような動きが欲しい。
でも、一生懸命くわえてくれているので良しとしよう。

アナルなめをお願いしておいらが四つんばいになる。
お尻の割れ目、そしてアナをピンポイントでなめてもらう。
このRちゃん、始めはアナルなめNGだったそうだが、今ではリクエストがあればがんばってやるようにしているとのこと。
特にテクのある舌使いというわけではないが、18歳のロリタイプの女のコにいいおやぢがおしりのアナをなめさせていると思っただけでちょっとした興奮がある。

お次は、シックスナインへ。
さっきのお返しにアナルをなめてあげるが、くすぐったいと言われてしまう。
それならばと、正攻法でおま○こをベロベロ。
さらにクリトリスを指でいじると
「あぅうん・・・う」
とRちゃんがかわいらしく声を漏らす。
そのうちくわえていたおち○ちんも放し、おま○こをおいらの顔にズリズリすりつけてくる。
おいらの舌の動きもさらに気合がはいる。

今度はRちゃんを4つんばいにさせ、バックからおま○こをいじる。
クリトリスが性感帯のRちゃん、シックスナインのときと同様に
「あぁうん・・・」
と可愛くあえぎ続ける。
そのまま指をズッポリと入れたいのものだが残念ながらこのお店は指入れNG。

ラストはおち○ちんにローション塗って、EカップのRちゃんのおっぱいを揉みながら騎乗位素股でドピュッ!

即尺がゴム着きだったのは残念だったけど、それ後Rちゃんががんばってくれたので良しとしよう。
即尺を売りにしているお店はまだ他にもあるので、またの機会に別のお店で挑戦してみたいと思う。
[戻る]
[ホーム] [コーナートップ]