風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!ユーザー参加型風俗サイト!!

今回はお尻が好きな人をターゲットにしていると思われるホテルヘルスに行ってみることにする。
お尻好きといっても、アナルやAF好きの人のためのお店ではなく、女のコのヒップやTバック好きといったいわゆる尻フェチの人のためのお店といった感じだ。
ただし、一般的なホテヘルに尻フェチの欲望を満たすためのテイストをちょこっと散りばめているだけといったお店なので、マニアックな雰囲気はない。

何を隠そう(といっても別に隠してないが)おいらは、おっぱいよりもお尻が好き。
街で行きかう女性のおっぱいについつい視線がいってしまう男は多いと思うが、おいらはおっぱいではなくお尻に目が行ってしまうタイプなので、ミニスカートよりも、お尻の形がはっきり分かるジーンズやパンツルックの女性に興奮してしまうのだ。
おっぱいフェチの人は、おっぱいに視線を向けるとき、どうしても対面になるので、ジロジロ見ていると、その女性を不快にさせてしまうことになるが、尻フェチの場合は対面じゃないので、女性のお尻を存分に眺めていても、気付かれることがないのがいい(笑)
といっても、その女性には気付かれなくても、行きかう第三者には、女性のお尻を眺めてニヤついているみっともない顔を見られてしまうので、結局街で行きかう女性のお尻を眺めるのもチラ見程度にするのが無難ですが(^^;

と、まぁ、おいらのお尻好きの話はここら辺にしておいて、まずはお店に行って受付だ。
とりあえず、すぐに案内できるという2名のなかから、サービスには定評があるというRちゃん(23)を選ぶことにする。

ホテルに移動し、お店にホテルの部屋番号を教えて待つこと10分弱。
Rちゃんのご登場。
「お待たせしちゃってごめんなさい」とRちゃん。
その一言から、なんとなく性格良さそうな雰囲気が伝わってきて、期待がもてそうな予感が。

まずはシャワーを浴びることになるが、服を脱がしてくれるというので、お言葉に甘えて、上着、ズボンを脱がしてもらう。
お尻好きであることを伝えると、Rちゃんが後ろを向き、ジーンズの上からお尻を触らせてくれる。
私服のジーンズの上からのお触りというのも、普段街で行きかう女のコのお尻をチラ見するだけで触れないという欲求不満を満たすことでき、直にお尻を触るのとはまた違った喜びがあったりする(笑)

※続きはマンガでお楽しみください。





1 2 3
[戻る]
[ホーム] [コーナートップ]