風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!ユーザー参加型風俗サイト!!

投稿No.4833
掲載日 2018年8月13日
久々に突撃した熟ヘルでの投稿させていただきます。

自分は普段チャイエスに通っています。
マッサージのついでに抜ければ良いかと思い月に2~3回程度ですかね。
チャイエスでは運が良いと●番や素股などは出来ることがありますが、口ではほとんどしてくれません。
これはお国柄なのかほぼほとんどの嬢が拒否します。
そこでたまには嫌ってほどしゃぶられたくなる時が来ますw

そんな話を風俗好きな友達と話していたら、熟女ヤベーよって話を聞かされました。
大まかに分けてお金が欲しくて稼ぎたいパターンと純粋にエッチが好きのパターンがあると言います。
お店によっても嬢によっても違うから当たり外れが多いのではないかと言いましたが、友達曰く「類は友を呼ぶ」らしくお店の方針というか甘い店でなおかつスケベな嬢が揃っている店を教えてくれたので、さっそくネットで調べるとモザイクやら手やらで顔は全然わかりません。
なのでランキングから選んでみることにしました。
熟女と言っても細めでオッパイが大きいのが好きなので探してみると1人気になる40代前半のKという嬢を指名することに。
電話をしてみると1時間後に行けますとのこと。

ホテルに行き待機していると早速嬢登場。

「こんにちは初めまして、私で大丈夫ですか?」
「勿論です。」

ビックリしました。
今まででトップ3に入るくらいの綺麗さでした。
AV女優の蓮実クレア嬢にそっくりw
細身でスレンダーなのに巨乳w
イメージ通りでしたっていうかそれ以上w
時間は90分で予約しましたが倍の180分に変更しましたw

それを言った時の嬢はビックリしていましたが
「ありがとう。嬉しい。お店に確認するね」と言い電話。
時間帯が中途半端であったことが幸いしオッケー出ました。

「今日はかなり久しぶりで緊張していますがよろしくお願いします。」といくらか嘘?wを言うと
「こんな若いお客さん久しぶりだから燃えちゃうw」とお互いにテンションが上がりまくり。

自分は着いてそうそうにバスローブに着替えていましたが嬢が隣に座りふとももを触ってきながらのキス。
ソファに座っていたのですが嬢が足の間に入り床に座りパンツを下ろしてきました。
私の息子はすでにビンビンw

「なんでこんなに元気なの?そんなに溜めてきたの?」
「お姉さんが綺麗だから興奮しちゃいました」
「じゃあ、いっぱい気持ち良くしちゃうね」
「洗ってないですけど(汗)」
「匂いが好きだからそのまま舐めちゃうw」

玉の裏から徐々に上に上がり裏筋を舌でクルクルと舐めとっていき頭にたどり着きパクリw

「ちょっと大きいんですけどw しかもなんか変なの着けてるし。若いのにこんなの着けてるの?」
ってお姉さんがチンクレットに気が付きました。
「頭が大きくなるし持ちも良くなるのでw」
「こんなのつけなくても十分大きいよw 頭しか口に入らないじゃんw 女の子泣かせてきたんでしょ?w」
「どうですかね?そんなに大きいですか?w」
「これ入れたら気持ち良さそうwww」

ここで嬢の服を脱がせようとしたらシャワーに行くことに。
脱いだら毛がなくて綺麗なパイパンでした。
剃ってるとか抜いてるとかじゃなく本当にツルツルw
聞いてみたらレーザー脱毛でした。

体を洗っている最中も息子を洗っている時間がとても長く感触を楽しんでいるようでした。
「私の体も洗って」
と言われ抱きつきながら背中を洗い、振り向いて背中を向けてきたのでおっぱいを洗っていると腰がクネクネ動き息子が割れ目にポンw
「凄いw自分にチンチン生えてるみたいw」
と言って亀を刺激してきました。
泡を流しベッドへ。

仰向けに寝るとBJ開始しましたが、
「相変わらず大きいからあんまり舐められなくてごめんね(汗)」
「大丈夫です。凄い気持ち良いですよ。」
「じゃあ、気持ち良くなってね」
というと自分の足を抱えさせられ菊門の中にも舌がはいってきました。
やっぱり気持ち良いですねw

お姉さんのも舐めたいというと69の態勢になり舐めようとすると毛がないのもそうですがビラも小さくとても綺麗でした。
その状態で20分くらいお互い舐めていると
「あんまり舐めてると顎が外れそうだから乗って良い?」
と言うと騎乗位素股になりましたがローションを使う気配がありません。
というか使う必要もないくらい濡れてましたw

「これ凄い気持ち良いよw凄い硬いねw」
と言うとめっちゃ激しいDKをしてきましたが、その状態でめっちゃ入れようと動いています。
入り口には当たっているのですが、濡れていてもキツイようで最終的には
「ねえ、入れて良い?w」
「良いけど、ダメなんじゃないの?w」
「こんなの我慢できないw」
「お店の人に怒られない?w」
「言わなきゃ分かんないでしょw」
「でも、ゴムは?」
「そんなのいらないw」
「お姉さんが入れたいの?w」
「だから、生で入れたいって言ってるでしょw」
そういうと片膝立ちで自分の息子を握りしめゆっくりと沈めていきましたが、頭が入ったところでツルンと入っていきました。

「ああ、ヤバいわこれw今までで一番かもw」
男にとってはこの上ない一言ですねw

根元まで入れるまでに相当時間をかけましたが
「慣れるまでちょっと待ってねw」
と言われまな板の鯉状態w
プルプルしているので大丈夫かと聞くと
「ちょっとイっちゃったw」
まさかの入れただけで逝くというマンガみたいな一言にもう我慢が出来ませんw
正常位にして腰を振ると
「ちょっと待ってwまた逝っちゃうからw」
そんなことを気にしないで腰を振っていると
「なんか出ちゃうから、なんか出ちゃうから(汗)」
と言うと股間がじんわり暖かくなったかと思ったらまさかのハメ潮w
そのまま少し動かないでいると
「出ちゃったw」
と恥ずかしそうに言いましたw

「いつも出るの?」と聞くと
「入れてるときは初めてw今まではオモチャか手でしか出たことないw」
「もっとしてw」ってw
もう興奮が最高潮にw
ガンガンに腰を振り嬢が逝くたびに小休止w

自分も出そうになるとゴムをしてないのを思い出し
「どこに出せば良い?」
「ど、どこでも、どこでも良いよ」
「どこでもなんていうと中に出しちゃうよw」
「良い、良いから、いっぱい出してw」

今までに感じたことのない射精感でした。
自分が出るのと同時にまたハメ潮w

出なくなるまでしばらくそのままで少し呼吸が落ち着いた頃に
「出てくる所動画取って良い?」
と聞くと顔が映らなければ良いと了解を貰いスマホで動画にし息子を抜くとAVでも見たことがないくらいの我が分身達がw
「凄い出たよwこんなの初めてかもw」と言うと
「私もこんなに出たの初めてかもw」
お互いに
「体の相性が良いってこんな感じなんだねw」
と笑っていました。

「それより中に出して大丈夫だったの?」と聞くと
「出来にくいから大丈夫よ。それが原因で旦那ともしなくなったから。欲求不満でこの仕事はじめたの。でももう辞めようかと思ってw」
「辞めちゃうの?(-_-;)」
「だってこんなに良いの見つけたからw」
と言ってまたしゃぶってくれました。

ここまでで100分経過・自分1回、嬢3回逝きました。
その後、時間まで自分2回、嬢3回逝って終了w

無事連絡先の交換もし、お店には行かなそうですw
お店を通さなくなって、かからなくなったお金でコスプレやエロい下着やオモチャを買って楽しんでいます。
まだまだ楽しめそうですw

タグ:, , , ,
いいね!
いいね!38
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
Loading...
濃厚なプレイを味わえただけじゃなく、その後、セフレとして存分にエロを満喫しているとは、なんとも羨ましいですな。奮発して90分コースから倍の180分コースに変更した甲斐がありましたな。このお店を教えてくれた友達にも感謝ですな。

【中出し倶楽部】中出し好きな人にオススメ!中出し体験談多数掲載!!
悩みどころ  府中パラダイス  全国のオススメ風俗店  五反田エリアのおすすめ風俗...  この親不孝者さんのファンです  包茎  手が大きな風俗嬢知りませんか?  目黒の風俗  渋谷チェリーガール、さなさん  ハマった風俗嬢から脱出する方法 
投稿No.4826
投稿者 ぶーさん
掲載日 2018年8月05日
初めまして。
大阪日本橋デリヘルであったことについて、投稿します。

桜の花がちりはじめたころ、パチンコで儲けて、懐も余裕があり、春の夜のもやもやした気候で、気分が乗り、ふらっとデリヘルの窓口に行ってしまいました。
何枚かのパネルを見せられましたが、特に、顔も確認しないまま、選び、嬢の到着をまちました。

顔/スタイルはイマイチで、年齢は30前後、シャワーを浴び、プレイを開始しましたが、なにやら、乳首を舐めて欲しく、顔に近づけてくる。
舐めてあげると、今度はゴムなしで、女性器をちんこにおしつけてくるではありませんか?
デリヘル嬢にしては、珍しく濡れており、自らこすりつけた後、ズボッといれてくるではありませんか?
悪い子といいながらも腰をふってきて、最後は中だしまでは許してくれませんでしたが、最後はゴムをつけてフィニッシュ。

何度か指名し、仲良くなったので、今度、食事にいくことになりました。

タグ:,
いいね!
いいね!16
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
Loading...
顔/スタイルはイマイチとのことなので、チト微妙ではありますが、今度、食事に行くことになったとのことなので、それが切っ掛けでセフレなんかにも成れたりしたら、尚いいですな。

教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!! サクラのいない出会える優良出会い系サイトを紹介しています!!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!!
サクラのいない出会える優良出会い系サイトを紹介しています!!
【中出し倶楽部】中出し好きな人にオススメ!中出し体験談多数掲載!!
投稿No.4823
投稿者 青黒
掲載日 2018年7月30日
繁華街からちょっと外れた街のデリヘルを利用しました。
周辺はデリヘル激戦区で女の子の質もまずまず高いです。
普段は韓デリや熟女系を使っているのですがこの日はたまには若い子をと思い別の店を利用してみることに。
検索しても写真はモザイクなので比較的若そうな子が多そうな店をチョイスし電話してみました。

「あの、若い子が良いんですが」
「ちょうど良いサービスが良い子がいますよ」
「じゃあ、その子でお願いします」
「わかりました。では20分後に伺います」

なんか調子良さそうな兄ちゃんの声に不安を覚えながらも待つことに。

コンコン

「〇〇から来ました〇〇〇です。よろしくお願いします」

でました(-_-;)若くないと一瞬でわかる容姿。
でも、綺麗だったのでそのまま入室。

「私で大丈夫ですか?」
「・・・大丈夫です」
「なんか今、間があったけど(汗)」
「あっ、お姉さんは綺麗で結果良かったんだけど実は若い子でってお願いしてあったんだよね・・・」
「そっか、でも安心してその分サービスするからw」

というとソファに座っている自分の下を全部脱がし即尺してくれました。

「お兄さん、おっきいね。これは楽しみw」

シャワーを浴びベッドに寝るとまたしゃぶってくれビンビン。
熟女とは言えない体に興奮し、さらにパイパンだったので舐めさせてとお願いし69の態勢になるとすでにビッショビショでした。

「凄い濡れてるけどなんか塗った?」
「塗ってないよ。期待してるだけ」
「何を?」
「気持ち良いこと」と言って跨って騎乗位素股の態勢に。

「やっぱり大きいし、硬いから素股でも気持ち良いね」
「そう?」
「でも、もっと気持ち良くなってね」というとキスしてきました。

キスをやめて素股に戻ると素股ではなくなっていました。

「ああ、やっぱり大きいわ。これはヤバいw」
「えっ、入れちゃったの?ゴムは?良いの?」
「大丈夫だから気持ち良くして~」
「了解w」
と言ってもあんまり腰を振ると苦しいからとお姉さんに任せることにしました。

徐々に動きが激しくなっていき、そろそろ出そうと伝えると
「私ももう少しだから頑張ってw」

最後は完全に獣と化したお姉さんの中に放出w
入れたままの状態でぐったりしていました。

「これは癖になるわwお兄さん、私がお金払うから延長して~勿論中に出して良いからwお願いw」
「それは願ったり叶ったりですけどw」
「じゃあ、お店に電話するねw」
って結局自分が3回、お姉さんが4回イキました。

「次回からお店に電話しないで個人的にお願いwサービスもするし半額にするからw」

しばらく通いそうです。

タグ:, , ,
いいね!
いいね!34
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
Loading...
『嬢が自腹で延長』『次回から半額』とは凄い!! と、思ったけど、店を通さず半額だと嬢の取り分はほぼ変わらないので、う~む、やはり営業上手な嬢ということなのか!? でも、気持ち良くて楽しければ、営業云々等、そんな些末なことはどうでもいいことですな、失礼しました(^^;

【中出し倶楽部】中出し好きな人にオススメ!中出し体験談多数掲載!!
投稿No.4821
投稿者 フナムシ
掲載日 2018年7月24日
なべキチさん、こんにちは。
いつも体験談を読ませて頂き、毎日ムラムラしています。
いつも読ませて頂いてばかりで悪いので、今日は投稿させて頂きます。

相手はデリ歴の長い嬢で名前はメグミ。
もう5年以上、相手してもらっています。
40歳でぽっちゃり爆乳、身長150cm台後半のの子持ちの人妻です。
メグミとは初めてのプレイの時から●番をさせてもらっていますが、生では絶対にさせてくれず、段々とセックスがマンネリ化してきていました。

私の仕事の都合で数ヶ月、指名できていなかったある日、メグミから営業メールがきました。
特にムラムラしていなかったし、お断りしようと思ったのですが、久しぶりということで呼ぶことに。
しかし、毎回抜くためだけのセックスだと物足りないし、何かいい方法は無いかとネットで色々と調べてみると、ポリネシアンセックスというものを探し当てました。
ポリネシアンセックスとは、簡潔に説明すると、体のセックスでは無く、心のセックスだそうです。
本来は4日間、相手とはキスと簡単な愛撫だけを行ってボルテージを高め、5日目に時間をかけて前戯とセックスを行うというもの。
挿入しても30分間はピストンはせず、フィニッシュもゆっくりとしたピストンで行うものです。
しかし、相手は旦那のいるデリ嬢のため、今回は簡易的なポリネシアンセックスを行うことにしました。

決戦は次の日ということで、ここ数日は猿のようにオナニーをしていたため、息子のコンディションは最悪な状態だったのですが、某勃起薬を飲み、当日に備えました。
当日はメグミの家事やらなんやらの関係で、お店を通さずに早朝からのプレイでした。

メグミの到着30分前にホテルに到着し、お風呂の準備をして一眠り。
夢うつつの状態で気持ちよくなっていると、メグミが到着しました。
酷暑が続いていたため、ゆったりとした服装でしたが、その服の上からでもわかるようなエロいムチムチとした体を見て、私の息子はフル勃起してしまいました。
勃起薬のせいだったかもしれませんが…。

「久しぶりー!元気にしてたー!?」
と明るい口調でメグミ嬢の挨拶してくれたと同時に思いっきりハグしました。
汗でしっとりとした白い肌、ムチムチとしたお尻、服の上から感じる爆乳の柔らかさに、完全に興奮状態に。
本来ならば、ここで押し倒して即プレイのはずですが、ポリネシアンセックスを行うため、我慢しました。

お風呂に入った後は一服し、ベッドイン。
ここからポリネシアンセックスの始まりです。

まずは、お互い横になり、見つめ合いました。
恥ずかしがり屋のメグミは
「恥ずかしすぎてできないw」
と言っていましたが、10分くらいで慣れてきた様子でした。
お互い見つめ合うだけ。
目で語り合うように見つめました。
途中、お互い指を舐め合い、メグミの目は段々とトローンとしてきました。

見つめ合って30分後くらいでしょうか。
フェザータッチでメグミの肩、脇腹、爆乳の上の方を触ると
「んっ…あっ…」
と、ほんの少しだけ喘ぎ始めました。
今まで触るだけで喘いだりしなかったため、メグミのスイッチが入ったことを確認し、乳首の周りをスーッと触ってみました。
黒ずんでビンビンに立った大きめの乳首、500円玉ほどの乳輪の周りを、触れるか触れないかの微妙なタッチで。
すると、
「んーーーっ!!うーーーん…」
と、うねるような喘ぎ声を発しました。
今までのセックスでは決して出なかった、本気の喘ぎ声。
『これはいつもと違う』
そう確信し、メグミの瞳を見つめながら焦らし焦らしで乳首の周りを責めました。

乳首の周りを責めている途中、誤って乳首の先端を、ピンッと触れてしまいました。
するとメグミは
「あーーーーっ!!いい…いいい!!!気持ちいいいい!!!!」
と、体をくねらせながら絶叫。
今までにない反応でビックリしました。

その後はビンビンに勃起した黒乳首をフェザータッチで責めました。
体をビクビクウネウネさせながら悶え感じるメグミ。
すると、我慢出来なくなったのか、足をモゾモゾし始め、私の足に股をさすりつけてきました。
今までにないグショグショに濡れたおまんこが私の足に伝わりました。

「ダメダメダメ!気持ちよすぎる!!」
「うううう………」
「イクゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!!!」

体全体が痙攣を起こし、イッてしまいました。
今まで、クンニと挿入でしかイッたことがないメグミが左乳首のフェザータッチだけでイッたのです。
私の足にジンワリと生温かい濡れた感触が。
軽く潮も吹いたみたいです。

メグミは一度イクと、それ以上はイカず、まんこもカラカラに乾き、性欲がガタ落ちするタイプなのですが、
「お願い!触って!もう我慢できないの!」
と、いつもと違う反応を示しました。

「どこを触って欲しいの?」
「おまんこ!!おまんこおおお!!」

普段なら隠語を滅多に口にしないのですが、その日は違いました。
右手で鼠蹊部をフェザータッチすると、ビシャビシャというより、ドロドロヌルヌルに濡れていました。

「ああああああ!!ダメェェェェ!!焦らしちゃダメェェェェ!!」
「クリも!!クリトリスも触ってェェェェ!!」
と、懇願してきましたが、鼠蹊部、クリトリスの周り、恥丘を優しくネットリと愛撫。
10分ほど見つめ合い、時折、ディープキスをしながら、触るか触らないかな焦らし触りました。

頃合いを見て、クリトリスに優しく触れると、
「ああああああ!!」
「……ダ…メ……」
「イクゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!!!!」
と、体をくねらせ二度目の昇天。
ここまで感じたのは初めてでした。

イッた後もクリトリスを責め悶え感じていたところで、まんこに指をゆっくりと挿入。
1秒間に2mmほどのゆっくりとしたペースで。

「あっあっあっ…入ってる…入ってきてる…」
「すごい…すごい…」
「あっあっ…」
「あっ…」
「イクゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!!!!」

指が全部入ったところで三度目の昇天。
その間も見つめ合いながらディープキスです。
顔はトローンとし、涙目になっていました。
まんこはウネウネと動き、まんこが何か別の生物のようにも感じました。
親指でクリトリスを触ると声にならない絶叫で喘ぎ、体全体が震えていました。
今までにない反応に私の心と息子に火がついた瞬間でした。

ここまでで約一時間。
ようやく本格的な前戯に入りした。
乳首をネットリ、優しく舌先で舐め回し、指でまんこを愛撫。
その間も体全体でビクビクさせながら感じていたメグミ。
ようやくクンニをすることに。
鼠蹊部、太もも、恥丘の順にゆっくり、ネットリ、優しく舐め回し、クリトリスを舐めた瞬間、
「ああああああああ!!!!!」
四度目の昇天。
軽く潮も吹き、体がピクピクとしていました。
その後もゆっくりとまんこ全体を舐め回し、声にならない喘ぎ声を発していました。

「もう我慢できない!!」
「入れて!!」
「お願い!!早く!!!」

挿入を懇願してきたので、正常位の型で覆い被さりました。
しかし、まだ入れません。
ビンビンに勃起した息子の先っぽでまんこを愛撫しました。

「ああああ!!なんで焦らすの!?」
「早く入れて!!」
「お願いだから!!」

涙目のメグミの懇願を無視し、亀頭で愛撫を続けました。
15分間といったところでしょうか。
ネットリと愛撫をしていると、ヌルヌルとした愛液が、今までにないほど溢れ出てきているのがわかりました。
本来ならば、ここでゴムを付けて挿入なのてすが、メグミの懇願、感じ方、濡れ方で、生挿入が可能であると判断し、ゆっくり、そして優しく挿入しました。
奥まで挿入したところで、
「んあぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」
「イクゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!!!!」
と再び昇天。
ここまでくると、何度イッたのかわからない状態でした。

初めての生挿入。
生温かい感触がちんこ全体で感じ取れ、あまりの気持ち良さにイキそうになりました。
メグミのまんこはウネウネと別の生物のように動き、本気で感じているのがすぐにわかりました。
普段のメグミとのセックスでは、こんなにまんこがウネウネと動くことはなかったので、とても感動したのを覚えています。
これはもう、嬢と客とのセックスではなく、女と男のセックスです。

挿入してから、30分は動かずに見つめ合い、そしてディープキス、乳首の愛撫を行いました。
メグミは涙目で今までにない感じ方をし、何度も何度もイッていました。
その間もまんこはウネウネと動き、亀頭の先端に子宮口のコリコリとした感触が、私のちんこを刺激していました。

そろそろ動かそうか、そう思っていた時に、
「またイク…イクイクイクイクイクゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!!!」
「ダメダメダメェェェェ!!!イクゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!!!」
と、再び昇天。

「好き…好きなの!!」
「大好きなの!!」
「こんなの初めて!!」
「私だけを愛して!!お願い!!」

メグミが堕ちた瞬間でした。

10秒に1ストロークのペースで、ゆっくりとピストン運動を繰り返し、メグミは何度も何度もイき、終いには涎と涙で顔面がグチャグチャになるほどでした。

「アッアッアッ…イグゥゥゥ!!!」
「もうダメ…好き…大好き…いっぱい突いて…あぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」
「もうメチャクチャにして!!!早く!!!もっといっぱいして!!!!」
「アッ…アッ…またイッちゃううううう!!」

声が掠れるほど喘ぎ、体全体が紅潮、痙攣、そしてネットリと汗ばんできました。
まんこからは、ピストンをする度に、
『ジュボッ…グポッ…ジュポッ…』
と、いやらしい音を立てていました。

ここまで挿入して約一時間。
私の方もイキそうになり、ラストスパートでピストン運動を早めました。

「イクの!?ねえ、イクの!?」
「アッアッアッアッアッアッ!!イグゥゥゥ!!!またイッちゃう!!!」
「すごい…大きくなってる…おちんちん大きくなってる!」
「気持ちいいの!!ねえ、外に出して!いっぱい出して」

ラストスパートで高速ピストンを5分程度続けたところで、メグミと同時にイッてしまいました。

「あぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!イグっ…イグゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!!!」

メグミの絶叫とともに、ちんこを抜いてメグミのお腹の上に発射。
ビューーーッビュッビュッビューーーッ!!と、まるで音が出ているかのような勢いでの射精。
今までにない、満足感を得られました。
一日しかオナ禁していないにも関わらず、大量の精液がメグミの体にブッかかり、一部は顔にまで届きました。

お互いにキスをし、見つめ合いながら、しばらく眠ってしまいました。
時間にして約3時間のセックス。
お互いにかなりの体力を消耗した、最高のセックスでした。

お互い目が覚め、今回のセックスの反省会をすることに。
メグミの感想は、
・旦那、客、元彼とのセックスの中で、冗談抜きで一番気持ちよかった。
・旦那とのセックスでも一回しかイケないのに、こんなに何回もイッたのは生まれて初めて。
・もう少し前戯の時間が長くてもよかったかも。
・中に出されてもよかった。
とのことでした。

次回はもっと前戯を長めにし、愛のあるセックスをしようと思います。

長々となってしまい、申し訳ありません。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

タグ:, ,
いいね!
いいね!44
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
Loading...
ポリネシアンセックスとは、焦らしプレイの一種のようですな。散々焦らした後の挿入による快感は、確かに通常の挿入よりも大きそうだけど、血気盛んな若い男だとかなりツラそうな気が(^^; 中高年向けのセックス手法ということなんでしょうな。

教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!! サクラのいない出会える優良出会い系サイトを紹介しています!!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!!
サクラのいない出会える優良出会い系サイトを紹介しています!!
【中出し倶楽部】中出し好きな人にオススメ!中出し体験談多数掲載!!
投稿No.4818
投稿者 ごんた
掲載日 2018年7月14日
こんにちは!ちょっと早いんですが先日の投稿No.4815の後日談です。

きみちゃんを見つけたのでお店に電話。
予約を取って(毎回やたらスムーズに予約が取れます)お呼びしました。

“こんにちは。いつもありがとうございます。”
そうそうこの一か月で4回目。もう馴染みのお客さんと言ってもいいのかもしれません。
でも普通におしゃべりしてお風呂に入って、この前の●番のことには一切触れずに終始会話は世間話に徹しました。
それでなくても胸こそ小さいですが、彼女のカラダはすべすべの白い肌、くびれた腰、張りのあるお尻、きれいでしなやかな腕、脚、そしてなんといってもくりくりとした目が印象的な可愛らしい顔。
ほめるところはいっぱいあるので、お互いの距離を縮める会話には事欠きません。
ほめてあげると照れくさそうに喜んでくれて甘えてきます。
ほんとに可愛い。

お風呂の中でカラダを撫でたり胸を触ったりしてるうちにすっかりカラダを預けて来てくれて、股間を触るとお風呂の中でもわかるほどヌルヌルです。
“…○○さん、…、…、あっ、…、気持ちいい…”
しばらくお風呂でじゃれ合いましたが、ベッドに移って改めてプレイ開始です。
長めにキスをしながらカラダをゆっくりと撫でてあげて、促すと一生懸命僕の乳首を舐めてくれます。
ペロペロ舐めてはゆっくりと吸い付くを繰り返してくれてほんとに気持ちいい。
もう僕のペニスはカッチカチです。
はやる気持ちを抑えつつ、彼女のカラダを優しく優しく撫でまわし、乳首をゆっくりと舐めてあげて、クンニをたっぷりしてあげました。
懸案だった(?)四つん這いも少しできるようになり(彼女が灯りの当たる向きを気にするようになってしまいましたが)、69っぽいこともできるようになって前戯のバリエーションは少し増えました。
もう彼女の性器はベットベトでヌラヌラしています。

さて、どうしよう。
前回、していいとも悪いとも言われていません。
終わった後も何も言われませんでした。
今回お誘いしてもNGになった様子もありません。
今日の会話の内容も今までで一番仲良しでおしゃべりできてました。
そこから導き出される結論は、…、OKということですよね、こりゃ。

体位は正常屈曲位。
ペニスを彼女の性器に沿わせて数回こすり付けて、いざ!彼女の性器も準備万端でしたから、何の抵抗もなくぬるっと入っちゃいました。
ところがです。
“ダメっ!○○さん、入れちゃダメ、…、入れちゃダメ…”
腰の動きを止めます。
でも彼女は僕のペニスを抜こうとはしません。
キスをして、優しく彼女の腰のあたりを撫でて、また深く腰を沈めてみます。
“あっ…、あぁ…、あぁ、ダメ、ダメ、…ダメ…”
言葉とは裏腹に彼女は腕を僕の首にからませて抱きついてきます。
激しい息遣い。
しばらく続けているとぎこちない感じですが、彼女自身も腰を動かしているようです。
“きみちゃん、気持ちいいよ。あなたが絡みついてくるようだ。”
“…○○さん、…あぁ、ダメ、…そんなにしたら、ダメぇ……”
この前と同じ様に中がきゅぅっと締まってカラダがビクビクしてしまいました。

この段階で僕はまだイってなかったのですが、僕自身イクことにそんなにこだわりはないので、彼女の首筋や肩にキスをしながらそっと抜きました。
荒い息遣いのまま、彼女は顔を腕で隠して横を向いています。
顔の向きと逆側に添い寝して話しかけました。
“あなたは素晴らしいね…。気持ちよかった?”
こくんと彼女は頷いています。
“ねぇ、聞いていい?”
彼女は黙ったままです。
“しても良かったの?”
首を小さく振ります。
“え?そうなの?ダメじゃん…。”

少し彼女が落ち着いてから話をしました。
この仕事は収入のためにやっていること、お客さんは当初付いていたけれど、恥ずかしいことが多くていろいろ出来ないことを伝えるとリピーターがほとんど付かなかったこと、久しぶりに短期間で何度もロングで呼んでくれるお客さん(僕のこと)が付いたので頑張らなきゃと思ったこと、男の人は●番が目的なんだからと同僚や先輩の嬢に言われたことなどを話してくれました。

“○○さんも●番がしたくて私を呼んでくださっていたんですか?”
“うーん、したくないわけじゃないけど…、したいから呼んでいたわけではないなぁ。だって最初に聞いたじゃない?あなたはできる人?って。できないって言われたけど、しないまま何回かお呼びしたでしょう?僕はあなた自身を気に入っています。あなたがしたくないことを無理やりしようとは思わないよ。しないんだったらしないでいいんだ。”
“…あたし……じゃないです。…なんか…って。あたしも………ったですし…”
ほんとに小さな声で、なんて言ってるか全然聞き取れない。
“…ごめん、なんて言ったの?わかんなかった。”
僕の方をしっかりと向いて目を数秒見つめてから、それでも小さ目な声で
“あたし、○○さんとだったらイヤじゃないです。無理やりなんてしてません。あたしも…気持ちよかったですし…”

“ただ…、一つだけ聞いていいですか?”
“何?”
“…中でイっちゃいました…か?”
“あぁ、んーっと、実はイってない。実は前回も。”
“あ、…、それは、ごめんなさいっ!前回もすごく気になってて、中に出しちゃったのかなって、心配で…。すみませんでしたっ、あたしばっかりよくなっちゃってわからなかったんです…。”
“…ふ~ん、よくなっちゃったんだ。しょうがなくシた割には大胆だよねぇ?”
“や、やめてくださいっ!…恥ずかしいです…。”
“でもごめんね。僕も焦っちゃってたんだ、話が違うって思って。次回からはゴムするよね。”
“それは…、どっちでもいいです(汗)”

いいコ、見つけちゃいました。
大事にします。

タグ:
いいね!
いいね!37
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
Loading...
投稿No.4815で『シックスナインNGだと客は物足りないのでは…』と思ったけど、やはりリピーターがほとんど付かない状況でしたか…。まぁ、風俗嬢も今や供給過剰だからね。客のハートや下半身をガッツリ掴まないと、それなりの収入を得るのは難しいんでしょうな。

  • ご利用は各自の責任でお願い致します。(実際に活用できる情報としてではなく読み物としてお楽しみください)
  • 諸事情により割愛やぼかした表現で掲載している場合があります。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)