風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!ユーザー参加型風俗サイト!!

投稿No.4770
投稿者 北斗
掲載日 2018年4月16日
風俗に求めるのはひとときのロマンスとドキドキ感!
ということで待ち合わせ型デリヘル初挑戦。

即尺あり待ち合わせ型で人妻デリヘルを探していたところHPのトップを飾る子にズキューン!と心引かれさっそく下調べ。
人気No2の子でしばらくお休みしていて休み明け直後で問い合わせ多数と日記に書いてあったがダメ元で電話したら昼からならOKとのことで即指名。

ノーブラと網タイツのオプションも頼んで駅前のコンビニで待ち合わせ。
定番の待ち合わせポイントらしく嬢を待っていると思われる人がちらほらと。(違ってたらゴメンナサイ)
嬢からの電話が鳴り「信号の向こうにいるから来てくれないかな?」とのこと。
振り返ると信号の向こうで手を振る彼女の姿が見える。
軽く挨拶を交わし腕を組んでいざホテルへ。

「網タイツしてると風俗嬢って思われるけどいいかな?」
「あー全然いいっすよ」
などと話してると向こうから胸を押し付けてきて早くも暴発寸前。
「こんなところで勃ててたら変質者扱いされますよー」
「2人だから変質者ってより変態だね」
などとセクハラトークしながらも「人がいるからねー」とお触りは自粛。
指名したいきさつなども話しながら指定されたホテルにチェックイン。

即尺のサービスありとのことで部屋入ってすぐしてくれるかなと思ったら「まず事務処理しちゃいましょーかー」と料金清算とタイマーセット、その間に湯船にお湯張る手際がよかった。
それから服を脱がせてもらって立ちフェラ→ベッドに座ってフェラ→ベッドに仰向けになってフェラと続く。
適当なところでストップして嬢の服を脱がすとお腹はちょっと出てるがむっちりしたお尻がとってもセクシー。
下を責めにくいので勿体無いけど網タイツは脱がせてオプションの目隠しをしてディープキスしつつ乳首と下を同時に責める。
大きめのクリトリスと小陰唇のビラビラがとってもエロい。
指を入れるとキュッと締まっていい感じ。
きっと名器なんだろうなぁ。

今度は自分が目隠しして責めてもらう。
体勢を変えつつフェラしてくれるのだが回転しているかのような舌の動きで我慢するのが大変。
「出したいときに出しちゃっていいのよー」とは言ってくれるが勿体無いので必死に耐えるが限界にきたので「一緒にお風呂入ろ」とストップをかける。

湯船は小さかったがギリギリ2人入れた。
後ろから乳揉みつつ世間話。
昔はもっと胸あったけど3人子供産んだら小さくなっとちゃったとのこと。
「母乳プレイしたかったなー」などと言いつつ乳を揉み揉み。
3人産んでもあんな綺麗なアソコなんだと内心で驚いてた。

お風呂から出て布団に潜ってピロートークごっこ。
ただ抱き合うだけなのにエロさがにじみ出て暴発寸前になり後半戦。

乳首責められるのが好きなので乳首吸われながらフェラしてもらってたが「乳首噛んでもいいよ」とリクエスト。
最初は甘噛みだったのがだんだんエスカレートして齧られてる状態に…痛いけど気持ちいい…
最後は「両手と口で責めてあげるから自分で抜きなさい」と言われ自分の手でフィニッシュ!!
今までにないくらいの勢いと量がでて嬢もびっくりの様子。
亜鉛とマカの錠剤でドーピングしてたかいがありました。

少しぐったりしてから2人でシャワー浴びてチェックアウト。
本来なら待ち合わせ場所まで2人で戻るのだが次の仕事が押してるとのことでホテルの出口でお別れ。
壁一枚向こうは道路という環境下でお別れのキス、この一瞬のロマンスがまたたまらないのです。

タグ:, ,
いいね!
いいね!18
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
Loading...
待ち合わせ型デリヘルだと、ドキドキ感をより味わえそうですな。嬢とホテルへ移動中に知り合いに出くわすと気まずいので、おいらは待ち合わせ型デリヘルは未経験だけど、挑戦してみるのも悪くないかもしれませんな。

【中出し倶楽部】中出し好きな人にオススメ!中出し体験談多数掲載!!
手が大きな風俗嬢知りませんか?  この親不孝者さんのファンです  目黒の風俗  渋谷チェリーガール、さなさん  ハマった風俗嬢から脱出する方法  長い舌の方ご存知ですか?  五反田エリアのおすすめ風俗...  巣鴨ピンサロ  セクキャバ  パネル指名の選び方 
投稿No.4764
投稿者 まんじろう
掲載日 2018年4月08日
トシを取るにつれ、若い嬢とのプレイは精神的に疲れることが多くなってきたので、思い切って熟女系を謳うデリヘルを利用してみました。
プロフィールでは42歳となっていた嬢をTEL予約し、待ち合わせ場所に指定されたホテルの駐車場で待っていると、どこにでも居そうな小柄なおばさん(Fさんとします)が現れました。
お世辞にも美人とは言えませんが、男好きのするなかなか艶っぽい容姿です。

手を繋いでチェックインし、バスタブに湯を張る間を利用してご挨拶。
初手合わせなのでドキドキしているなどとしおらしい事を言うので、ハグからヒップ撫で撫でというスキンシップで緊張を解し、思い付きで「野球拳しようか?」と提案すると「面白そう!」と乗ってきました。
ジャンケンで勝つたびに1枚1枚脱がせていくと、年相応の些か草臥れた身体が露わになっていきます。
モデルのような体形より、妙に生々しくて興奮してきました。
野球拳は私が勝利し、Fさんは恥ずかしそうに背を向けて最後の1枚を取り去りました。
現れた立派なヒップに手を這わそうとした瞬間、クルッと振り向いたそこには、痛々しい帝王切開の跡がありました・・・

私も全裸になってバスルームへ移動。
下半身を中心に洗ってもらい、バスタブに浸かります。
と、向かい合わせに座ったFさんが私の腰に手を差し込んで持ち上げます。
湯面からひょっこり顔を出した竿を見つめて微笑むと、いきなり咥え込んできました。
が、舌の動きはゆっくりで、まるで味わっているかのようにしゃぶります。
若い嬢の攻めつけるような口淫も嫌いではありませんが、気持ちに余裕が持てる分こちらの方が好みです。
ひとしきり味わって満足したのか、私の横に並んで肩を寄せてきました。
当然の事ながら竿は握られたままなので、こちらもと胸と股間に手を這わせます。
暫くすると、股間に這わせていた指に湯とは異なる感触が纏わりついてきました。
ではと、ゆっくり指を差し入れてみると、さすがに経年劣化なのか襞の感触は少ないものの、予想以上に締めつけてきます。
暫く弄りあって楽しみ、身体が暖まったところでベッドへ移動しました。

今日は熟女さんのテクニックに身を委ねるつもりなので、大の字になって竿を指差し「こいつ自由に使って楽しんでイイよ、出ちゃっても構わず続けて良いから」と言うと、「わぁ嬉しい!」と叫んで弄り始めました。
最初は私の脚の間に居たFさんですが、しゃぶりながら徐々に私の横に移動し、私の左手を取って股間に導きます。
指先が割れ目に触れた瞬間、驚きました。
愛液が溢れ出し、内腿にまでダラダラと流れているのです。
Fさんは更に私の左手を股間に押し付けるので、否応なく指がFさんの中に侵入します。
と、先ほど以上の強烈な締めつけで、指が痛いほどです。

私:すごく締まるね、指が痛いぐらい
F:気持ちいいと締まるの・・・(と言って、絞めて緩めてを繰り返す)
私:凄い!入れたら千切れちゃうかも・・・
F:入れてみる?
私:えっ?
F:ゴム使うなら入れてもイイよ、でも内緒ね

言うが早いか、サイドテーブルにあったゴムを取り、手と口を使って私の竿に手早く被せます。
私はあっけに取られてそれを眺めていたのですが、Fさんは構わず私に跨って合体してしまいました。

私:ちょ、入れるなんて言ってないんだけど・・・
F:もう入れちゃったからイイじゃない

喘ぎながら言い、騎乗位で腰を使います。
心の準備もなしに入れられて腰を使われるのは初めてのことで、なんだか犯されてるみたいでヘンに興奮してきました。
Fさんはかなり感じているようで、結合部からはクチュクチュと嫌らしい音が響き、私の下腹部にはFさんから溢れ出した愛液が流れて来ています。
竿は適度に締めつけられていますが、襞の感触が少ないので暴発の心配はなさそうです。
暫くはFさんの動くに任せていたのですが、ちょっと下から腰を使ってみると、Fさんは大きく喘いで上体を倒して抱き付いてきました。
挿入角度が変わったせいか締めつけが強くなったので、動いていないと痛くなりそうに思って突き上げ続けていると、Fさんの喘ぎが一瞬止まって結合部付近に生暖かい感触が広がりました。
どうやらFさんが噴いたようです。
私はこれまで噴く女性に出会ったことがなかったので、興味が先に立ち、結合を解いてFさんを仰向けにさせ、入り口付近を竿と指で更に刺激していると・・・
噴いた!噴いた!また噴いた!と、シーツがビショビショになるぐらい面白いように噴き続けます。
感動と興奮を覚えた私は、再び合体して強く腰を使って発射しました。

添い寝状態になって暫しお話し。

実年齢は44歳。
旦那とは月一ぐらいなので趣味と実益を兼ねてデリやってる。
誰にでも入れさせる訳ではない。
ガツガツされると却って冷めちゃう。

と、Fさんが竿を弄ってしゃぶり始めました。
いつものようにドーピング(笑)しているので、しっかり復活。
私も割れ目に指を這わせ、入り口付近を刺激すると・・・また噴いた!
噴きながらもFさんは竿への刺激を続けてくれて、目出度く2度目の発射を遂げました。

頃良い時間になったので、シャワーに向かうためベッドから立とうとすると、シーツは絞れるほどビショビショになってましたとさ。(笑)

タグ:, , ,
いいね!
いいね!18
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
Loading...
年を取るにつれて、話題、ノリ、体力等の違いから、『若い娘が相手だと疲れるかも…』と思うことは、確かにありますな。でも、まぁ、個人的には『どこにでも居そうな40代のおばさん』の良さが分かるようになるのは、もう少し先になりそうかな(^^;

教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!! サクラのいない出会える優良出会い系サイトを紹介しています!!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!!
サクラのいない出会える優良出会い系サイトを紹介しています!!
【中出し倶楽部】中出し好きな人にオススメ!中出し体験談多数掲載!!
投稿No.4759
掲載日 2018年4月01日
久々にデリヘル遊びしましたので、投稿いたします。
相変わらずビキニパンツ好きで最近では主にメンズTバックを着用しての参戦が多いです。
男のTバック姿など女性に嫌われる、と思われ勝ちですが、意外やそうでもありません。
今まで多くのデリヘル嬢とTバックでのご対面でしたが、お世辞かもしれませんがかっこ良いとかセクシーとか言っていただいて喜んでおさわりやら、パンフェラやらしてくれました。
今回もGravevaultと言うメーカーの高級Tバックを身につけて出動してきました。

初めての嬢とホテルの駐車場で夕方の待ち合わせです。
運転席で待ってると「こんばんは」と軽く会釈、薄暗い場所でしたが、セレブのような雰囲気を持った綺麗な嬢でした。
一緒に手を繋いで部屋へ行き、ソファで少し雑談をしながら軽くキスをします。
反応は良いようですぐにディープキスへと発展しお互いに舌を絡み合わせたり吸いあったり、手は嬢の胸から秘部へと洋服の上から愛撫していきます。
お尻の方へ手を回すと嬢もTバックを穿いてるようで、Tバックのラインが指先に伝わってきます。

「Tバック穿いてるの?」
「そう、いつもTバックなのよ」
「俺も穿いてるよ」
「えー本当!!見たい、見たい」
「恥ずかしいなあ」

嬢は俺のズボンのベルトに手をかけファスナーにも手をかけ下ろそうとしながら立ち上がるように催促したので俺はソファから立ち上がりました。
嬢は目の前で真近に眺めながら俺のズボンのファスナーをゆっくりと下ろしました。
そして、ズボンが脱がされた俺は赤いドット柄のTバックで立っています。
「うわーすごい、こんなの見るの初めて、なんか興奮するね、後ろも見せて」
というので俺は180°回転しお尻も見せてあげました。
嬢は興味深々で、すでに大きくなってTバックからハミ出るかの膨らみをやさしく愛撫しだしました。

しばらく愛撫してもらってから「上からしゃぶって」というと快くパンフェラに移行してくれました。
俺は立ったまま、向こうの鏡に映る姿を見て家庭では出来ない興奮に酔いしれています。
立ったままイチャイチャし、お互いに服を脱がしあい風呂へ行きました。

風呂から上がり俺は替えのTバック(今度は黒)を身につけベッドで嬢を待ちます。
嬢にもTバックを着けてもらいました。
お互いに黒のTバック1枚の姿同士でイチャイチャし69でTバックの上から舐めあいをします。
唾液でぐちゃぐちゃになるまで舐めあいをしました。

そうこうしているうちに嬢が「ゴム着けて入れて」というのでお言葉に甘えてゴムを装着しました。
Tバックは取りません、又のところを持ち上げて横にずらすだけです。
いやらしい下着をつけてることが、すごく興奮します。
嬢を後ろ向きにし、黒いTバックを眺めながらTバックの後ろの細い部分を横にずらし挿入しました。
「ああー気持ちいい、最高」
これは辞められません。

タグ:,
いいね!
いいね!13
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
Loading...
『かっこ良い』『セクシー』と嬢に好評なのは、ビキニブリーフMenさんのTバック姿が似合っているからでしょうな。メンズTバックのトライを推奨するコメントを投稿No.4359でしたおいらだけど、う~ん、冷静に考えるとおいらの場合、もう少しカラダを鍛えないとメンズTバックは厳しい(^^;

【中出し倶楽部】中出し好きな人にオススメ!中出し体験談多数掲載!!
投稿No.4758
投稿者 ごんた
掲載日 2018年3月31日
昨年の12月頃からお気に入りにしているデリヘル嬢です。
接客が丁寧で礼儀正しい20代半ばの清楚レディキャラのようこさん(実際は違う源氏名です)。
昼職を持っていて(中小企業の受付、事務とのこと)デリの出勤は月に2~3回です。
僕の予定と合うときには必ず呼んでいて、彼女の出勤のほとんどに2~3時間で入っています。
LINE交換していて、営業っぽくない長めの友達のようなメッセージをやり取りしています。

先日、2週間ほど前回の出勤から空いて、ホテルに誘いました。
お店に連絡を入れて料金を払い、ソファに隣り合わせに座って、先日LINEで僕が仕事上の悩みで元気がないと書いたことに話題が及びました。
“今日は〇〇さんの癒やしに少しでもなれるように頑張りますね。私なんかでも良ければなんでもお話してください。”
“…ううん、お話じゃなくって…。ねぇ、ようこ、ちょっと後ろを向いてお尻を突き出してくれない?”
“え?…こう、ですか?”
ソファの背もたれに肘をついて、ミニのワンピースのお尻をこちらに向けてくれました。
スカートをたくし上げ、黒ストッキングの上からお尻を撫でます。
“やだぁ、〇〇さん、おイタしちゃいけません。恥ずかしいですよぉ…”
構わずいきなりストッキングと黒レースのショーツを一気に膝辺りまで引き下ろしました。
“あっ!ダメっ!いけませんっ!やめてっ、〇〇さんっ!”
体を起こそうとするようこの背中を押さえつけて、明るいソファスペースでむき出しになったまっ白な尻に顔を埋めて股間を舐め回しました。前も後ろも。
“…お願い、やめてください。決まりなの、お客様とは最初にシャワーを…。ダメっ!…汚いですから、お願い…恥ずかしいです、お願いですっ”
“…いい匂いだ。今朝は電車でお店まで来たの?少し汗ばんでいた様だけれど…。これがほんとのようこの匂いなんだね。”
“…恥ずかしすぎます…、どうしちゃったんですか、〇〇さん、…お願いです、もうやめてください…”

何度もお誘いしていますが、いつも20分くらいおしゃべりをしてからシャワーに入り、ベッドに行ってからキス、全身リップ、フェラ、69、2回目に誘ってからは●番もあって、いつもこのお決まりの流れを彼女に任せてしてもらっていました。
僕は自分で言うのも変ですが、嬢からすると安心してプレイできる方だと思います。
嬢が嫌がること、痛いことは絶対しない主義です。
●番もようこのほうから誘ってくれました。
この日もようこの中では“安全なロングで入ってくれる良客さま。いつものように丁寧に接客してまた呼んでもらえるよにしよう。”と思っていたはずです。
いつもプレイの後半にようこのカラダをゆっくりと撫で回し優しくクンニしてあげると、一気に緊張が解けるのか濡れ始めて、●番で僕がイクのがこのところの流れでした。

今までの僕では考えられないような突然の始まりに、ようこは明らかに動揺していました。
しかし、はぁはぁと呼吸が乱れて明らかに濡れ始めています。
“…お願い、〇〇さん、シャワーを、許してください…、ダメ…”
舐めながらソフトに指入れを楽しんでいたのですがかわいそうかな、と思って抱き起こしてあげて、部屋を暗くしたうえで服を脱がしてあげました。
その時に顔を覗き込んでみるとうっすら涙を浮かべていました。
“ごめんね、ようこ。恥ずかしかったかい?”
“…はい。〇〇さんはこんなことする人って思ってなかったので…。すみません、びっくりしてしまいました。”
そう言って僕に抱き付いてきました。
その仕草がたまらなく愛おしくて、今度は裸のようこをベッドに押し倒してしまいました。
“あっ!イヤっ!〇〇さんっ!”
仰向けにベッドに倒れたようこの両足をおおきく開いてすっかり濡れてしまっていた性器に顔を埋めてさっきとは違ってしっかりクンニをしてしまいました。
“…あぁっ…、いけないんです、シャワーしないでプレイなんて、あたし、あたし、できないんですっ、やめて、お願い、お願いですっ!”

しばらくそれでも続けていると、言い訳とか抵抗を示す言葉はようこの口から聞かれなくなり、代わりにいつもの可愛い喘ぎ声が発せられるようになりました。
性器は濡れそぼり、体の力もすっかり抜けてしまい、両腕を彼女の頭上に束ねてキスをすると自分から舌を入れてきました。
“…はぁ… 気持ちいい…”
つぶやくように彼女が言いました。
“シャワー、もう、いいね?”
“…はい…”
“僕のことも気持ちよくして”
“はい…”
すっかり素直になって、僕の首筋から舌を這わせ始めました。
長く乳首を舐めてくれたあと、手を僕の性器に導いてあげるとなんのためらいもなく口に含みました。
いつもよりねっとり、ゆっくり味わうように舌を這わせ、奥まで咥え込んで吸います。
“洗ってない汚い僕のおちんちんはどんな味?”
首を振りながら性器から顔を上げて、
“…おいしいです、とても…”
“そう。もっと舐めていいよ。”
“ありがとうございます”
10~15分位でしょうか。長くフェラを続けてくれました。その間、
“…おいしい” “〇〇さんのおちんちん、固くて大きい、〇〇さんのおちんちん…”
と何度もつぶやいていました。

“〇〇さん、挿れて欲しい…”
いつもは僕の方から挿入を促すのに自分からおねだりです。
ゴムを渡すと彼女がセットしてくれて待ち切れないように僕の上に跨りました。
先の方だけを挿入して上下に腰を振った後、ゆっくり根本まで腰を下ろしてきました。
“うぅぅ、あぁっ… 入ってる、〇〇さんのおちんちん、固くて大きい〇〇さんのおちんちん…”
普段彼女はこんなこと口走りません。
喘ぎ声も唇をかんで口に手をやり抑え気味です。
この日は何かから解き放たれたように、ほんとに大きな声で喘いでびっくりしました。
体位を入れ替えて僕が上になり彼女の肩を押さえ込んで深く何度も突いてあげると首を激しく振ってヨガります。

ほどなく彼女のカラダがびくんびくんと波打ち、大きく体を反らせてイッてしまいました。
ぐったりしている彼女の中で僕も果てました。
“もう、何が何だかわからなくなりました…。”
終わった後に彼女がつぶやきました。
“ごめんね。でもようことこんな風にもしてみたかったんだよ。イヤだったかい?”
“…イヤでした!…最初の方は。すごくイヤでした。”
“あぁ、ごめんよ。もうしないから。これからはまた優しくするから、嫌がらないで来てほしいよ”
“…ううん、またして欲しい。あたしが嫌がっててもしてください。きっとどんなに嫌がっててもそのあと気持ちよくなってしまいそうな気がします。”

掘り出し物の嬢を見つけてしまいました。
手を拘束したり、アナルも試してみようかなと思案中です。

タグ:,
いいね!
いいね!31
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
Loading...
月に2~3回出勤している嬢と自分の予定が合う時は必ず、それも2~3時間という長い時間呼んでいるとは、ハマってますなぁ。ちょっぴり強引なプレイを許して貰えたのも、そのような実績がある仲だからこそなので、読者のみなさんは無闇に真似しない方が無難でしょうな。

教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!! サクラのいない出会える優良出会い系サイトを紹介しています!!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!!
サクラのいない出会える優良出会い系サイトを紹介しています!!
【中出し倶楽部】中出し好きな人にオススメ!中出し体験談多数掲載!!
投稿No.4757
投稿者 茶柱折れた
掲載日 2018年3月30日
昔話です。

繁華街のラーメン屋の前で待ち合わせ。いつもの場所。
「予約したよ」と連絡は入れてある。
「久しぶり!」
「やあ、元気?」
もうすっかり顔なじみ、というか、なんだか仲良し。
あれ?、ちょっとお疲れ?な感じ???
「ホテルどこいく~?」
「どこがいいかな?」
「う~ん・・・」
「・・・もしかして、おなかすいてる?」
「・・・ちょっと」
「じゃあラーメン食べよっか」
「うん!、行こう!、やったー!(喜)」
雰囲気でなんとなく分かる。
で、軽くメシを食ってからホテルへ。

エレベーターで激しくベロチュー開始。
部屋に入るとそのままベッドへなだれ込み、抱き合いながらお互いに激しく唇をむさぼる。
ラーメンとは違う理由でカラダが熱くなってくる、その温もりを楽しみながら、シャツを脱がし、ブラを外すと形の綺麗なEカップがこぼれおちる。
店のプロフにも「スリムでボイン」と、なんとも直球なご紹介が書かれているが、形と感触が最高のおっぱい、それに加えて、何と言うか、さわり心地の良いカラダで、スリムなのにムチムチしている。

むしゃぶり付くと、いっそう吐息が荒くなる。
おっぱいを弄繰り回しながら、もどかしく自分の服を脱ぎ、次にスカートとパンティを剥ぎ取っていく。
そうする頃にはまだ触ってもいない下のほうも既にヌルヌル状態、我が愚息も準備は整っている。

勢いで上になり、愚息を押し当てると
「まだ咥えてないよぉ・・・」
「いいの、こっち・・・」
そのままゆっくりと暖かい感触を楽しみながら、徐々に深く差し込むと、娘は大きな声を出して喘ぎだす。
ゆっくりと出し入れしながら感触を楽しみ、お互いのカラダを弄り合う。
「あ~、いっちゃいそう」
「まだダメだよ」
「あぁ~ん、もう我慢できないよぉ・・・」
「ダメだよ!」
と言いながら、逆にピストンは早く激しく。
「いゃぁ~、ダメダメダメェ~!、いっちゃうよぉ~・・・」
「まだダメだよ、まだ我慢して・・・先に自分だけいっちゃうの?」
「ダメェ~、あっあ、あぁ~、いっちゃうぅぅぅ~!!!・・・」
一瞬「ビクン」と硬直したあと、グッタリと全身の力が抜けて、吐息が「ハァハァ」と荒くなっている。
その動きに合わせて腰の動きを調節しながら、一旦ゆっくりと止まる。

「いっちゃったの?」
「・・・」
「ダメって言ったでしょう?」
「・・・ゴメンなさい」
時折カラダをピクンとさせ、ハァハァと喘ぎながら、会話を続ける。

「じゃあお仕置きだよ、次は良いって言うまでダメだからね?、ちゃんと我慢できるかな?」
「ハイ・・・」トロンとした目で答える・・・、なんともエロイ光景。
何がお仕置きなのか?、意味が分からないが(笑)、そう言いながら、また腰を動かし始めると
「あぁぁ~、もうダメェ~、気持ちいいぃ~」
再び激しく悶えはじめ、カラダを仰け反らせたりシーツをつかんでクシャクシャにしながら快感に悶えている。
さっきよりも激しく腰を振り、緩急をつけて存分に膣の感触を楽しむ。
程なくして
「あぁぁん、、、もうダメ、もうダメ、ダメェ~~~ェ!!!」
「まだダメだよ、我慢するって約束したでしょう?」
「ああぁぁぁ、もうダメェ~、死んじゃうぅ、助けて、助けてぇ~~~・・・」
一回目より更に激しく長い間全身が硬くなり、やっとその緊張から解けてグッタリしながら「ハァハァ」と喘ぎ、時折ビクン、ビクンと。

その様子をじっくりと楽しみながら見下ろし、少し呼吸が少し落ち着いたところで
「ダメって言ったでしょう?、約束が守れなかったから、またお仕置きだよ(意味不明)」
「・・・」
「どうしたの、こんどはどんなお仕置きがいいかなぁ・・・」
「・・・いってない・・・」
「えっ?」
「・・・いってないモン・・・」
「いってないの???」
「いってないモン・・・」
なんともかわいいですなぁ~。
「じゃあまだ続けても大丈夫だね?」
「・・・(少々困り顔)」
またゆっくりと動き出すが、もはや敏感を通り越している状態なので、
「あぁぁ~、もうダメ、助けて~、助けてぇ~!!!・・・」
と直ぐに3回目の絶頂に。

そろそろワタシもちょっと疲れたので、いったん休憩。
娘は横でピクピクしているが、ベロチューで唇を舐めまわす、カラダは非常に敏感になっており、ほんのすこし乳首を触っただけで「あうっ、ん!」と反応するので面白い。

お互い呼吸が落ち着いたところで、ワタシがソファーに座り、フェラを開始。
喉の奥まで届くような深いフェラを十分に堪能して射精感が高まってきたところで再度ベッドに移動して最後の挿入。
程なくして発射態勢が整ってきた。
「そろそろ出そうだよ」
「はやく来てぇ!、頂戴!」
「どうして欲しい?」
この娘は中田氏OKなんだが、ワタシはカラダに掛ける方が好きなド変体なので・・・(笑)
「好きにして・・・いっぱい出して下さい」
「じゃあおっぱいに出すよ」
「うん、いっぱい掛けて、あったかい精子で汚して下さい・・・」
出る直前に抜いておっぱい目掛けて大量に発射!、この娘も嫌いじゃない方で、ピクピクしながらも、出たモノを弄くりながらご満悦な様子。

ティッシュで処理してからは、ベッドで抱き合いながら温もりを楽しみます。
ウトウトしているとタイマーが。
シャワーして髪を整えたら、じゃあまたね、ってことでエレベーターでベロチュー。

「今度はいつ来る?」
「う~ん、分からないなぁ・・・」
「もうっ、バカ、意地悪・・・」
「メールするよ」
「うん💙」

本人曰く本番するのは私だけだそうだが・・・、そんなことは・・・。
出勤が少ないせいか、完売していることも。
反対に、「今日出てるんだけど超ヒマ! 来てくれる?」なんてメールが来ることも・・・。
なかなか良い女の子だった。
飽きっぽいワタシにしては珍しく長くは続いたな。

タグ:, ,
いいね!
いいね!25
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
Loading...
『コンビニの前で待ち合わせて、嬢と一緒におやつを買ってからホテルへ』というのはありそうだけど、『ラーメン屋の前で待ち合わせて、嬢と一緒にラーメンを食べてからホテルへ』というのは珍しいですな。さすが、すっかり顔馴染みで仲良しの嬢というだけありますな。

  • ご利用は各自の責任でお願い致します。(実際に活用できる情報としてではなく読み物としてお楽しみください)
  • 諸事情により割愛やぼかした表現で掲載している場合があります。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)