風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!ユーザー参加型風俗サイト!!

投稿No.4655
投稿者 チグタク
掲載日 2017年9月08日
出張ついでに疲れた体を癒そうと、宿泊先最寄駅の中華個室エステへ予約電話。
指名せずフリーだったのですが、ネットで事前に仕入れた可愛いと評判の子が付くと伝えられて、ウキウキしながら向かいました。

しかし出迎えられたのはドラえもんのような体系のおデブな嬢。
(いや、これはママに違いない。そうに違いない)と祈りつつ服を脱いでうつ伏せになっていると、やはりさっきのドラえもんが。
このエステの売りはデフォルトでコスプレしてくれるようなのですが、ドラえもんがセクシーナースになってもドラミちゃんが精いっぱいです。
ただ、この嬢は
「○○ちゃん、電車遅れててあとで来るヨ!それまで私がマッサージするネ!」
とのこと。
おいおい本当かよと内心全く期待せず待っていました。

すると30分遅れで玄関の開く音。
「○○ちゃん来たヨ!」
というものの、選択したコスプレが乾いていないとのことでドライヤーの音が鳴り響く中、さらに15分以上経過してました。
ここまでくると遅れてきた嬢もどうせ可愛くないんだろ?とか疑心暗鬼の塊です。
じゃっかんイラつきながら待っていると、ドラミちゃんが交代といって引っ込みました。

すると替わりに出てきた嬢が飛びきりの美人。
玉城ティナにソックリで、コスプレ姿も相まってこっちがびっくりしました。
聞けばまだ大学生とのこと。
「遅れてごめんね?」
と言いながらサービスを始める嬢。
時間もだいぶ経っているので、即ハンドサービスに移ります。
お詫びのつもりか、フェラの真似のように下を伸ばして手コキしてくれるのですが、これでは勿体ないと時間延長を申請。
30分延長で3000円とのことだが、5000円でもっと気持ちよくして!と伝えると、オイルまみれのムスコを拭いて、そのままフェラをしてくれました。
この勢いなら!とさらに追加融資を申請したところ、なんと生ハメ!とびっきりの美女と生SEXを堪能して外出しで果てました。

出張は3日間。
「明日も出勤するのか?」と聞いたところ、嬢は自分のことを気に入ったらしく
「お店じゃなくて出勤前に会いたい」と言ってくれました。
じゃあ近くにラブホもあるから会おうとなり、翌日はラブホへ行き、お店で出来なかった玉舐め、騎乗位、バックと、たっぷり生SEXを楽しみました。

ラブホを出たら嬢はそのままお店へ、自分はビジネスホテルへ。
戻り際に
「人を好きになったの久しぶり…」
という嬢の呟きが印象的でした。

タグ:, , ,
いいね!
いいね!31
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
Loading...
玉城ティナにソックリの女子大生が間に合っただけでもラッキーなのに、追加融資ありとはいえフェラ&生ハメのサービス、さらに翌日店外での嬉しい場外乱闘とは! ドラミちゃんの手コキでフィニッシュだったかもしれないことを考えると、タイトル通り正に地獄から天国の大逆転勝利でしたな。

教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!! サクラのいない出会える優良出会い系サイトを紹介しています!!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!!
サクラのいない出会える優良出会い系サイトを紹介しています!!
京都御艶極悪非道パート2  ハマった風俗嬢から脱出する方法  八王子のデルヘル  指名の条件  風俗嬢探しています。  人妻店の開拓  嬢の嫌なところ  全国のオススメ風俗店  ロリビッチ嬢  巣鴨ピンサロ 
投稿No.4648
投稿者 砂糖味
掲載日 2017年9月01日
トップレス回春エステのオキ二との出来事です。
ソフトタッチありの基本受身の回春エステなのですが、その子は初めて会った日から濃厚なキスをしてくれてルックスもモロ好みだったので、何度か指名していたらエッチ可能になりました。

初エッチから2週間後、会うのは4回目です。
ヤル気マン満で予約してホテルで待っていると
「こんにちは、また会えて嬉しい」
と玄関先で濃厚なDK。 
白いワンピースのゆるふわ系で一見清楚なお嬢さんにしか見えない天使ちゃんの登場です。

支払いを終えて、アンケートを書きながら
「今日はどうしますか?」と聞いてくるので
「いつもみたいにすっごくエッチなのお願いします」と答えると、天使の微笑で
「はい、頑張ってすっごくエッチにしちゃいますね」と、かわいいなあ。

期待に股間を膨らませつつお互いの脱衣をアシスト、彼女の魅力のひとつであるGカップの胸を触りつつ、シャワールームへ。
ふと彼女がパンティを脱がないのが気になったが(前回はシャワーも全裸になってくれてたので)あまり深く考えずにシャワー。
手をつないでベッドに戻ると彼女の方からキス、まずは彼女の柔らかいGカップの胸を楽しむ。
彼女もこちらの乳首を舐めたり息子に指を這わせたり刺激してくる。
そして彼女のパンティに指を這わせると、、、

「ごめんなさい、今日生理なの、、、」

(え、、、マジ???)と思ったが、気落ちしたのを彼女に見つからないように
「そうなんだ、じゃあ今日は下は無しにしようね!」
明るく返事をした。
エッチは諦めて彼女のサービス(それでも回春エステ以上のサービスを当たり前のようにしてくれる)を楽しもうと体を預けていると、正座して
「ここにお尻乗っけて」
と、そうですパイズリです。
今まで普通の回春(初回)、パンティ脱ぎ、素股(2回目)、フェラ、セックス(3回目)で初パイズリです。
パイズリの経験はありましたがGカップパイズリは初めてです、息子全体が柔らかく包み込まれ乳に埋もれます、、やばい気持ちいい。
息子を柔らかい胸に挟まれ先っちょをペロペロと舐められます、至福のひとときです。

時折、こちらを見つめながら
「気持ちいい?」と聞いて
「最高!」と答えると
「よかった」と天使の笑顔、身も心もとろけていきます。

だんだん射精感がこみ上げてきて
「出したくなってきた」と告げると
「腰もっと上げれる?」と言われたので
「こう?」と腰を突き上げると、彼女が頭をグッと下げてきて本格的にフェラ開始です。
股間に当たる胸の柔らかさと強い吸い込みがたまりません。
すぐに射精したくなり
「やばい、出すよ」
と言うとさらに激しく上下され、彼女の口内に発射!
「!!!!!?」
その時でした、彼女の舌が射精中の息子の先をペロペロとまるで精子を削ぎ取るように高速で舐めてきました。
「んあがっ!!」
あまりの快感に声にならない声をあげる私、、、
射精時の精子が尿道を通り抜ける快感を再度息子の先で感じるような快感、快感が倍増どころか腰が抜けるような快感とはこのことです、、、

グッタリしながら
「何?いまの、、、」と聞くと、彼女はニッコリ微笑んで
「気持ちよかった?」と。
私は
「人生で一番気持ちよかった」と伝えると
「よかったー」と抱き着いてきます。

しばらく抱きあってまったりしていると、彼女が
「んっ、あっ、、」
と吐息を漏らします。
よく見るとパンティの中に手を入れて自分で触ってる、あれ?生理じゃなかったの?と思いましたが、まあ気にせずにオナニー鑑賞と同時にキスしたり胸や首筋を愛撫してお手伝い。
そのうち彼女が
「お、ちんち、ん、、舐めたい、、、」「おち、ん、ちん舐、めたい、、」
と今まで見たことのないような切ない表情で懇願してきます。

私は彼女の胸の上にまたがり、息子を彼女の口に差し出します。
おいしそうにむしゃぶりつく彼女に息子はお任せして、私は胸を揉みしだきます。
「おひんひん、おいひい、おひんひん、、、おいひい、、、、」
と夢中に咥える彼女、こんな彼女を見るのは初めてです。
いつもの清楚な彼女からは考えられません、女性との関係中に初めて淫乱という言葉を思い浮かべました。
不意に彼女が息子から口を離し
「あ、いく、、、」
と言いお腹をビクビクさせていったようです。

私は頭を撫でながら
「気持ちよかった?」と聞くと彼女は顔を真っ赤にして
「嫌いにならないで、、、嫌いにならないで、、、」と言い出します。
「大丈夫、大好きだよ」と言って抱きしめてあげると
「うれしい」と強く抱きつかれDK。

「もう一回しよ!」
と彼女が私の体を舐め回します、そして股間に顔を埋めフェラ。
優しい舌使いを十分に堪能したあとにまた出したくなってきたので、
「もう出したくなっちゃった」
と言うと先ほどのように激しく上下され、口内射精。
二回目なのに一回目以上に出た感じ、もちろん先っちょペロペロの技も堪能、今回は冷静にこの技すげーなと感動しきりでした。

ことを終え、シャワーを浴びて着替えて部屋を出る時に
「つぎはエッチしようね!」
と彼女からお誘いが。
今日は最高に気持ちよかったし次回のエッチも約束したし気分上々で手をつないでエレベーターに、、
乗り込むとすかさず抱き着いてきてDK、最後までサービス満点の私の天使ちゃんでした。

タグ:, ,
いいね!
いいね!33
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
Loading...
ダメな嬢だと射精した瞬間に口や手を離して動きを止めてしまい、残尿感ならぬ残精液感のあるスッキリしない射精になったりするからね。射精中に舌技を仕掛けてくるとは、このお嬢さん、一見清楚風とのことだけど相当のツワモノでしょうな。

投稿No.4639
投稿者 HHHHH
掲載日 2017年8月22日
夏の疲れか、身体こってるなぁ、マッサージでも行きたいなぁ。でも、最近エステも行ってないな。数年前に通ったところは、すでに閉店してたり、好みの嬢も居なくなってたり。
ということで、ネットで新店開拓してみました。
検索の条件は以下に設定しました。

・コスパがいいこと
・指圧のマッサージをちゃんとやってくれそうなこと
・可愛い嬢がいそうなこと
・ヌキありそうなこと

コスパを考えると結局はアジアン系だろうといことで、身近な地域中心に検索したところ、どうも上記が揃ってそうなところを発見しまして、さっそく突入してきました。

近所から電話をしたのち尋ねると、
「電話の人?」とアジアン系のママが出迎え。
「コースは?」と尋ねてくるので、
「お勧めは?」と聞くと、
「60分7000円ね。90分10000円とやることは同じ、時間が短いだけ。若い子いるよ」とやや小声で言ってくる。
こちらも小声で
「ヌキは?」と聞くと
「ヌキもあるよ。どっちも一緒。」とのこと。
なんで安い方を勧めるのかやや不思議でしたが、客の回転を上げたいから、短い方を勧めるのかな?とかって思いました。
個人的にはエステは少しゆっくりできる90分とかの方がいいのですが、初めての店だし、そっちがお勧めと言われたら、じゃあそうしようかと60分にしました。

出てきた嬢は、やや清楚な感じの小柄で若いチャイニーズ。
顔の好みは人によるとは思いますが、分類としては十分に美人に入ります。
自分的には、小柄が大好きなので、初めてにしては大当たりといったところでした。
ちなみに、コスチュームは超ミニのボディコン的ワンピースで、細身で胸もお尻も大きくはないですが十分に魅力的な体系です。

ベッドの狭い施術室にて服を脱ぎ、嬢に手を引かれシャワーに行くと、なんと嬢のサポート付きです。
一人でシャワーを浴びるエステの方が多いですが、自分としては、でーんと半立ちのイチモツを嬢にさらけ出し、それをよく洗ってもらえると、解放感がより高まりリラックスできるんです。
ちなみに、お尻の穴まで洗ってくれました。
それから、何故かソープのように歯ブラシを渡され、歯磨きもしました。
エステで歯を磨いたことはないなぁ?と思いましたが、あまり気にせず磨きました。

部屋に戻るとマッサージ開始です、ちなみ嬢に歳とか出身を訪ねてみましたが、かなり日本語片言でなかなか通じません。
台湾の方で日本はまだ3か月、自称20歳とのことでした。

うつ伏せでのマッサージは結構しっかりやってくれます。
小柄のわりには十分に力も入っています。
ただ、やはり60分というと嬢の方も焦るのか、なんとなく慌ただしい感じなので、内心90分にしておくべきだったかな?と思いました。

一通り終わると、今度は仰向け指示です。
おイタ開始したい気持ちを抑え、とりあえず、様子をうかがっていると、結構普通に脚を中心に指圧をしてくれます。
そこで、試しに立っている嬢のミニのお尻をナデナデしてみたところ、まったく抵抗なしです。
さらにスカートに手を入れパンティの上からお尻やアソコの方もまさぐりますが、ぜんぜんOKの様子で、嬢もイチモツへのマッサージを初めてくれました。
まあ、シャワーの時からしっかり握って洗ってもらっているので、当たり前と言えば当たり前の流れですが。

ただ、このまま昇天はちょっと勿体ないくらいカワイイ嬢だったので、起き上がり少し抱き寄せ、胸なども揉ませてもらい、さらに、アソコへの愛撫をし始めたところ、突然嬢が、自分の股間を指さしてから、「スルナラ…」と言いながら、広げた左手の上に3本指を乗せ「ハッセンネ」とのこと。
7000円で入っておいて、オプションが8000円とはちょっと高いなと思って、少し値切れないかとトライしようとしましたが、何せ日本語があまり通じないので早々に諦め、追加も断りました。

ただ、なんとかお願いして、生乳を露わにして少ししゃぶらせてもらいました。
これは良かったです。
Bカップくらいの小さな、でも形が整ったオッパイで乳首も小さめで綺麗でした。
左右交互にしゃぶっていると、そのままの姿勢で嬢がイチモツをしごきだしたので、こちらもこのまま昇天したくなり、一気に逝かせてもらいました。

その後、もう一度、嬢のサポート付きでシャワーを浴び部屋に戻ると、再びうつ伏せ指示となり、マッサージを再開してくれました。
それこそ何年かぶりに体験しましたが、嬢が天井に備えてあるバーに捕まり、こちらの上に立って行うマッサージもありました。
これ、ちょっと大柄な嬢だと結構きつかったりますが、今回の嬢はちょうどよかったです。

家に帰ってから、ネットで同店のレポを探してみたりしたところ、いくつかの「あれ?」と思ったこともだいたい理由がわかりました。
どうやら、こちらは健全店建前の実質HJ店というだけでなく、追加で最後までというのが店の仕組みとしてあるようでした。

私には「ハッセン」と言ってきましたが、ネットのレポは6000円とありました。
おそらくレポの方は90分で入ったものだと思います。
つまり、最後まで行く場合、90分だと総額16000円、60分だと15000円という設定のようです。
これなら、ほぼ同じ額になるので、効率性や嬢の負荷を考えてママが60分を勧める理由がわかります。

歯磨きの謎も解けました。
帰り際に嬢にキスをおねだりしたら、軽くですがしてくれました。
つまり、オプション付ける場合はDKも含まれるからなんでしょう。

個人的には総額それだけを払って最後まで行く気は無いです。
それなら最初から風俗系の方が楽しめるでしょうし。
エステの場合は、しっかりマッサージを受け、最後HJでスッキリが基本で、おイタが功を奏した場合のみ、もうちょっと先までというのが一番ドキドキしていいんです。
よって、今回のお店もオプション無しの状態で、可愛い子なら大満足です。

タグ:,
いいね!
いいね!11
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
Loading...
なんと結局店にとって一番効率の良い総額15,000円/60分のサービスになるようシナリオが仕組まれていたとは(^^; プレイ中に盛り上がったところでオプションを持ち掛けられると、冷静な判断ができなかったりするからね。勢いでオプションOKしちゃう人も多そうですな。

投稿No.4631
投稿者 40代
掲載日 2017年8月07日
最近はまっている回春エステ嬢の話しをします。
彼女は人妻でそれなりの年齢ですが、可愛らしい童顔で小さな細身の体つきをしています。
パッと見はMっぽいのですが、実は「とにかく男の人を責めるのが好き」と言って憚らないSロリ熟女。
普通のセックスよりも、責めている方が濡れて気持ち良くなれるとのこと。
ただそれをプライベートでしてしまうと、男の方が持たないのが悩みだとかで、責めたい欲望を満たしたくて、この世界に入ってきたのだそうです。

そんな彼女ですが、幸運にもかなり僕のことを気に入ってくれています。
僕の顔がもろに彼女のタイプだったらしく、さらに言うと僕のチンポが彼女の理想とまで言ってくれています。
経験豊富な女性にそうまで言われて嬉しく無いはずがなく、今日もついつい彼女を指名。

最初にホテルの入り口で会ったところから、すごく嬉しそうな彼女。
いきなりズボンの上から握ってきて、
「あ~ん、もうこんなにおっきくしてるぅ~♪」
と笑顔で言って、そのまま弄られながら部屋まで連れていかれます。
エレベーターを使って部屋に入るまで、ほんの二三分の時間ですが、その間中弄られ続けて、もういってしまいそうなくらい興奮してしまいます。

そして部屋の玄関をくぐったところで、彼女はもう我慢できないとばかりにズボンの中に手を突っ込んできます。
下着越しに拙まれて捏ね回されてしまい、本気でそのままいかされてしまいそう。
泣き言のように正直にそう訴えると、
「まだいっちゃダメだからねぇ~♪」
と、彼女は笑顔で無慈悲な命令を下してきます。
そして彼女はそのまま下着越しのチンポ捏ね回しを続行しながら、余った片手で店に電話。
器用にタイマーのスイッチまで入れてしまいます。

準備が終わると、その場で服を脱がされます。
そしてそこから、立たされたままの状態で、直にチンポをいじってくるのです。
「あ~ん、おっきいよぉ♪」
嬉しそうに言いながら、細い指先を絡めてきて、亀頭の先から睾丸の裏まで、絶妙なタッチで撫で回されます。
もう腰が抜けそうな気持良さ。
それを続けながら彼女もどんどん裸になってしまいます。
本当にちっちゃくて細身なのに、おっぱいは形よく膨らんでいて、とてもそんな年齢とは思えません。
そんな彼女の裸に興奮しながら益々勃起したチンポをいじられ続け、十分もしないうちに、僕はもう膝がガクガクしてしまい、立っていることすらままならなくなってしまいました。

そんな僕の限界を察知した彼女。
「じゃぁ、ベッドに行こぉか~♪」
と、僕の勃起チンポを後ろ手に握ったまま、ベッドまで引っ張って連れていってくれます。
正直感じすぎてしまっていて、喘ぎ声は止められないし、ベッドに辿り着くまでにこのまま射精してしまいそう。
ですが彼女はそんな僕を楽しそうに眺めながら、
「う~ん、すごく感じやすいのに長持ちもするから、遠慮しないで責められるし、ほんと最高のチンポだよねぇ~♪」
なんて言ってくれるのだから、男のプライドをかけて必死に我慢。
ウンウン呻かされながら、なんとかベッドに辿り着きます。

そしてそこからはベッドの上で仰向けになり、足の間に入ってきた彼女からの攻撃再開。
絶妙なフェザータッチの亀頭責めと睾丸責めが延々と続いていきます。
「もうヌレヌレだねぇ~」
満面の笑みで、パンパンの亀頭を指先で撫で回しながら、もう一方の手の指先で睾丸をサワサワ転がされてしまいます。
この二点責めは、もう涙ものの気持ち良さで、ヒイヒイ言わされてしまうのですが、実はこれが三十分以上続くのです。
亀頭の焼けつくような感覚と、睾丸の蕩けるようなに感覚だけに包まれて、もう何も考えられなくなっていきます。
途中からはヒイヒイを通り越して、殆ど失神状態になり、されるがままになってしまいます。

ですがそこからが彼女が本領を発揮するところ。
完全に抵抗できなくなった僕のお尻を十分にほぐしてから、そこに細い人差し指を挿入してくるのです。
そして優しい動きで前立腺をねっとりかき回し始めます。
正直、それまでの僕はお尻は痛いだけでNGだったのですが、彼女に初めて開発されてしまいました。
前立腺をゆぅっくりと捏ね回されると、チンポはノータッチなのに、根元から込み上げてくる感覚を我慢することができなくなってしまうのです。
どうにもならずに自分の口から嗚咽が漏れてしまいます。
そんな僕の反応を眺めながら、
「すっごぉい、お尻がもっともっとぉって、欲しがってるよぉ♪」
と僕の体の開発に喜びを隠さない彼女。
そして呻き続けながら、チンポノータッチのまま、僕は射精してしまいました。
自分の意志ではどうにもならず、まるで内臓をチンポの先から注ぎ出すかのような感覚でした。
「うっわぁ、すごいすっごぉい♪ いっぱい出てるよぉ♪」
彼女の嬌声を聞きながら、僕は痙攣しながら精液を垂れ流し続けるしかありませんでした。

通常は一度出せば終わりのはずの射精。
ですがそこからも、彼女の責めは続きます。
前立腺でいった後なのに、なぜか僕のチンポは勃起したままでした。
これが彼女には堪らなく嬉しいらしく、
「すっごぉい、一回出してるのに、たったまんまなんて、強いオチンポだよねぇ~♪」
今度は両手でチンポを掴んできて、グリグリと捩じるように強い力で搾り上げ始めるのです。
「やぁん、チンポの血管すごい浮き出てきてるぅ、ビンッビンですっごくおっきいし、カリもパンッパンで綺麗なオチンポ、もう大好きぃ♪」
堪らない笑顔で、チンポを絶賛しながら、捩じ切るかの勢いでグイグイとガチガチの勃起チンポを搾り上げてくる彼女。
嬉しさと恥ずかしさの混在するわけのわからない感情のままに、もう僕は悲鳴を上げるしかありませんでした。
そして数分と持たずに叫びながらの連続射精。
「すっごぉい、まだまだ出てくるぅ♪」
ものすごい絶頂感に貫かれながら、そのまま彼女に最後の一滴まで搾り出されて、そしてその後はもう完全にグッタリしてしまいました。

ですが彼女。
「二回もいっちゃったねぇ、まだいけるかなぁ・・・」
と言いながら、萎えたチンポの先端を摘まんで、クチュクチュ弄りだすのです。
さすがにもう無理、と思うのですが、なんと数分と経たずにまた勃起させられてしまいました。
「やっぱりぃ、またおっきくなってきたぁ♪」
そう言って勃起チンポを片手に握りなおした彼女。
今度は基本に沿ってシコシコ上下に手を動かします。
チンポに付着した二回分の精液を潤滑油にして、シコシコ、クチャクチャと音を立てながらの手コキを継続。
「あ、あ、あ・・・」
大した時間もかからずに、そのまま三連射させられてしまいました。
「三回目なのに、まだまだ出るよぉ♪」
僕をいかせ終えた後、彼女は自分の手についた精液を嬉しそうに眺めていました。
本当に責め好きなんだなぁと感心しつつ、彼女が本気を出したら普通に手コキで男が殺せるんじゃないだろうか、と考えると背筋がちょっと寒くなりました。

その後、しっかり体のマッサージを受けて(実は彼女のこのマッサージも最高なのですが詳細省きます)からお風呂場へ。
そこでチンポを洗ってもらっているうちに、またまた勃起してしまいました。
「ちょっとぉ、すごすぎぃ♪ またおっきくなってるしぃ♪」
本当に彼女も嬉しそう。
時間もないので、ここはオナニーを見てもらうことに。
自分でするオナニーなら、時間もかからないので・・・。
立ったまま彼女の目の前でシコシコし始めると、なんか彼女も蕩けたような顔つきになってきました。
男のオナニーを見て興奮する女性がいますが、彼女も同じようです。
そして、
「私も手伝ってあげるぅ♪」
と言って自分から手を伸ばしてきて、睾丸を指先でスリスリ撫で回してくれるではないですか!
ものすごい興奮して、自分でチンポシコシコ、彼女にも睾丸スリスリされながら、瞬殺で四度目の絶頂を迎えてしましました。
ピュッピュッと少量の精液が飛び散るのを眺めながら
「あ~ん、綺麗~♪」
とため息をつく彼女の顔は、まるで打ち上げ花火を見て恍惚とする少女のようでした。

時間になって、お互いに服を着て部屋を出ました。
そしてホテルのエレベーターを待つ間、彼女は何とも名残惜しそうな顔つきで、僕の股間に太ももやお尻を擦り付けてきます。
なんてエッチな女性なのでしょう。
僕はその場でまた勃起して、何も考えられなくなってしまいました。
彼女の小さな体を抱きしめて、その小さなお尻に自分の股間をこすり付けて、しばらくの間猿のように腰を振って喘いでしまいました。
そのぼぉっとした気持よさの中で彼女を見ると、彼女もまた何とも言えない嬉しそうな表情を浮かべて、じっと僕を眺めています。
そんな中、エレベーターが到着。
「また絶対に来てね♪」
と最後にキスまでしてくれた彼女と、ホテルの出口で別れました。

こんな感じで、最初から最後まで最高の気持ちよさでした。
本当に責め好きな女性っているんですね。
そしてそんな女性に自分のチンポが好きと言われて、男冥利に尽きる部分もあります。
一方でそんなことを言われたら、間違いなくまた通ってしまうに違いない、男の性の情けなさを痛感もする今日この頃。
それにしても、責め好きな女性って、どんなきもちなんでしょうね・・・。

タグ:, , , ,
いいね!
いいね!20
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
Loading...
風俗ではベテランの熟女よりも素人の若い娘の方が価値が高いのが一般的だけど、前立腺マッサージを含む回春&痴女プレイとなるとテクニックが必要になるので、責め好きのベテラン嬢の方が分があるし、安心して身をかませられるでしょうな。4連射、お疲れ様でした!

投稿No.4630
投稿者 PAMA
掲載日 2017年8月06日
可愛い子がそろっているいつものエステ、また一人かわいいっぽい新人さんが入ったようなので、写真指名で入りました。
この店、比較的どの嬢も若くて可愛く、まだ寛容度も高いのですが、いわゆる〇番エステのような、なんでもありありの対応ではなく、うまく口説けばある程度まで。。。という感じで、そんな駆け引きが楽しめるというのも気に入っている理由です。

嬢が来る前に先にジャワーを浴び、バスタオル一枚の姿で床の布団で嬢を待っていると、
「お待たせしました」
と、写真のイメージとはちょっと違いましたが、十分に可愛い嬢が部屋に入ってきました。
年のころ、25過ぎくらいでしょうか。
この店では比較的年齢は高い方です。
わりと生地がしっかりとしたミニのワンピースで、胸元はぐっと寄せてる感じでV字に大きく開き、白くて大きなふくらみが素晴らしく刺激的です。

床に座ったまま嬢を引き寄せ、腰に腕を回しながら抱き寄せます。
最近、この店ではいきなりそうしちゃいます。
嬢は少し驚いた様子でしたが、強い抵抗はなく素直に従ってくれました。
ぐっと抱き寄せながら、背中やお尻を触りまくります。
さらに、自然な流れで大きな胸も撫でまわします。
やや照れながら「ダメですよ」と言いはしましたが、お構いなしで顔を胸に埋めます。

服の胸元をさらに広げようとしたところ
「ダメですよ」とやや強い反応がありましたが
「ちょっとだけ見せて」と言ってみました。
この「ちょっとだけ見るだけ」というのが嬢に安心感を与えるようです。
嬢は「ちょっとだけ?」と言って、自分で胸元を少しひっぱり乳首をちらりと見せてくれまいた。

やや黒っぽかったですが微妙に立ちぎみの乳首が見えました。
もちろん「きーれいだねー!」と言いながら「もう少し、お願い」と言い、今度は僕が胸元を引っ張り、もう少し乳首を露出させます。
嬢はやや強めの抵抗をしますが
「すっごい綺麗!すっごい!」
と言いながら舌を這わします。
驚いた嬢は
「あ、ダメですよ」
と言いますが、お構いなしで舌を小刻みに高速で動かします。

舐めているうちに嬢の抵抗もなくなり、やや吐息が聞こえてきます。
乳首も立っています。
すかさず、反対側も肩から服を下げ、乳首をもっと露出させ、そちらにもしゃぶりつきます。
「ダ、メ、で、すよ」
と嬢の声も少し上ずっています。

さあ、いよいよ本格的に行けそうな雰囲気になったきたぞと思ったところで、嬢が急に
「喉かわいちゃった。お茶飲みたい」
と言い出しました。
実は僕も少し喉が渇いていたので
「僕も欲しいな」と言ったところ
「じゃあ、お茶もってくるね」と言い、胸元を整えお茶を取りに行きました。

すぐに戻ってきたのですが、お茶のお椀は一つしか持っていません。
自分の分はもう飲んできたのかな?と思ったのですが、お茶碗をもったまま、あぐらをかいている僕のうえに座ってきました。
へ?と思ったところ、お茶を自分の口に含み、なんと口移しで僕の口に注いでくれます。
「美味しい?」と聞くので
「うん、すごく美味しい、もっとちょうだい」と言い、なんども口移しをし、舌も絡め合いました。

ちょっといつもと違うモードです。
嬢の方もやや積極的なようです。
お茶を飲み終わったら、再び嬢の両肩から服をぐっと下げました。
さらに、ブラのホックをすべて外し
「これ、いらないね」
と言って剥ぎ取りました。
いやらしい光景です。
服の両肩をぐいっと下げられ、二つの乳房がポロンと露出しています。
右の乳房をわしづかみにし、左にしゃぶりつきます。
もう嬢も切なげに「あん。あん」と声を出しています。

十分に乳房への刺激を与えたころ、嬢を枕側に寝かせ、今度は下半身に迫ります。
さきほどから、なんどとなくお尻や股間もパンティの上から触れてはいましたが、もう少し本格的にアソコへの愛撫を始めました。
ただ、嬢は自制心があるらしく、再び強く
「ダメですよ」
と拒否反応です。
「大丈夫、お願い」
と言って、パンティを剥ぎ取ろうとしますが、かなり強く抵抗してきます。

そこで、再び「ちょっと見るだけ」作戦です。
「ちょっとだけ、ちょっとだけ見せて。どんな毛並みかだけ見せて」
と言ってみます。
すると、嬢はショーツの下腹部あたりひっぱり
「ちょっとだけね」
とヘアを見せてくれました。
「え?見えないよ、もうちょっと、もうちょっと」
と言って、今度は僕が同じようにショーツをひっぱり覗き込みます。
ここでももちろん
「すげー!綺麗なヘアだね~。すごく可愛らしい」
とほめまくります。
「もうちょっと、アソコもちょっとだけ見たい」
と言いながらパンティをずり下げます。
嬢は「ダメ、ダメ」と抵抗しますが、
「大丈夫!見るだけ」
と言い、片足からパンティを抜き取り、M字に開脚させます。
嬢の股間に顔を近づけ
「きれいーだねー、めちゃくちゃきれいだ」
と言いながら股間を眺めます。
実際、結構きれなオマンコです。
ヘアは上の方だけで、割れ目はサーモンピンクでやや潤っています。

そして、そーっとまずは太ももにキスをします。
軽いタッチで太ももとに舌を這わします。
続いて、ビラビラの外側、大陰唇の膨らみのさらに外側、脚の付け根あたりにも舌を這わします。
頭上で嬢が「ああ、ああ」と小さな声を出しています。
さらに、中心部は飛び越えて、今度は反対側の脚の付け根に舌を這わせます。
片方の手の指をたて、そぉーっとヒップをサワサワします。
ここは、あえて焦らずにやや時間をかけてゆっくりと嘗め回します。
たぶんですが、「見るだけ」と言ったので、嬢からすると「ホントに見るだけなの?」と思っている反面「来ないの?気持ちいいところに来てくれないの?」と、ややじれったくなってきていると思います。

もう大丈夫というころを見計らい、舌先をちょろっとホール中心部に当てます。
するとピクンッと嬢が反応します。
「やっぱり来てほしかったんだね」
と思いながら、ゆっくりゆっくりと舐めていきます。
ヒップへのサワサワは続けたままで、徐々に激しく舌を動かしていきます。

かなり激しくしてきたところで、今度は舌をクリに向かわせます。
そこでも激しくクリへの愛撫を続けます。
この時、サワサワ役の右手は今度は1本指をホールへの愛撫に変えます。
そぉーっと小刻みに1本指でホールを愛撫します。
濡れ具合をみながら、そぉーっと指を挿入していきます。
思った通り中はかなり潤っていました。
これならと、指を変え、2本目も潤わせてから、2本そろえて挿入です。
そこで、クリの愛撫は止め身体を前にずらし、初めて嬢の表情を覗き込むと、目を閉じ淫らにあえいでいますが、外に声が聞こえないように必死に声を抑えています。
2本指をかなり激しくかき混ぜると、どんどん嬢の表情はせつなくなります。

そこで、
「行きたい?行きたい?指で行く?」と言いながら、さらに激しい小刻みな刺激を与えると
「だめ、だめ」と言います。
そこで、
「もっと大きいのがいい?おちんちんにする?」と聞くと、
「だめ、だめ!」と首を振ります。
そのまま指で行かせてしまおうかと思いましたが、まだその先の期待があったので、いったん終了し、改めて嬢のうえになり、抱きしめてキスをしました。

ただ、脱がせてなく、嬢の胴にそのまま残ったワンピースを脱がそうとするとダメだと言います。
これだけは頑なに拒否るので、どうしようもありませんでした。
「じゃあ、どうするの?もっとクンニしてほしいの?それともフェラしてくれるの?」と聞きましたが、いずれもダメといい
「マッサージしましょう」ということでした。
相当気持ち良かった様子ですし、そこそこ成熟した身体の様子でしたが、マッサージモードになったら、ブラ以外はすべて服も元通りにしているので、どうやらそれ以上のことは無理そうだと判断して、素直にマッサージを受けることにしました。

マッサージ後のHJになったとき、嬢に股間を両手で握らせ、座位に近い姿勢にしました。
嬢の股間もペニスにあたるくらいに引き付け腰を振りながら愛撫を受けます。
さらに再び肩から服をずり下げ、両乳房を露出させた一番いやらしい恰好にし、しゃぶりつきます。
最後、おもいっきり嬢にも腰を振らせ、こちらも振り
「洋服にぶっかけていいか?」
と迫ります。
すると「だめ、だめ」と言いますが
「かかっちゃうよ、いい?」と言い、
「嫌なら服脱ごうか?これ、全部脱いじゃおうよ」と服を脱ぐように迫ります。
すると嬢はそれも「ダメ、ダメ」と首を真剣に振ります。
「じゃあ、どうすんの、かけちゃうよ!いいの!」
と言いながら、腰をさらに強く振ったところ、嬢がべそかきそうな表情を見せたので、かわいそうだなと思い、そのまま仰向けに横になり、最後嬢の両手にすべてを委ね、昇天させてもらいました。

いったん、部屋の外にでた嬢が戻ってきてから、もう少しだけ時間があったので
「マッサージしてよ」
と言ったところ、悪戯っこのように笑いながら、うつ伏せにさせられ、お尻と股間へのサワサワマッサージを始めました。
こちらは昇天したばかりなので、気持ちいいというよりはくすぐったくて溜まりません。
「さっき私にこんなことしたでしょう。ねぇ、こんなことしたよね?気持ちいい?気持ちいい?どう?どう?」
とかなんとか言いながら逆襲が始まりました。
もう、くすぐったくてくすぐったくて、
「やめて、やめて!お願い!やめて」
と泣き叫びながら嬢の攻撃を受けました。

タグ:
いいね!
いいね!16
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
Loading...
駆け引きの結果はまずまずだったようですな。ところでメンズエステには、『日本人 一般・風俗』『アジアン 一般・風俗』があり、それぞれエロの寛容度が違うので、都度記載があると幸いです。読者が勘違いして、比較的寛容度が低い『日本人 一般』店で、無茶しちゃってもマズいので(^^;

1 2 3 4 5 6 44
  • ご利用は各自の責任でお願い致します。(実際に活用できる情報としてではなく読み物としてお楽しみください)
  • 諸事情により割愛やぼかした表現で掲載している場合があります。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)