風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!ユーザー参加型風俗サイト!!

投稿No.4572
掲載日 2017年5月15日
ハメ撮りできるオキニ嬢が引退してしまいしばらくハメ撮りができずにいましたが、ようやくハメ撮り可な嬢を発見!
その嬢はコスプレが売りの以前にも書いたアニメコスプレ系のお店に所属しており、嬢自身もオタクでコスプレイヤーということで話を合わせやすいため上手いことハメ撮り交渉が成功したため、何度もハメ撮りをさせてもらっています。
スタイルはちょっと肉付きがいいのですが、それがかえってエロいくらいのムチムチボディ、特に大きいバストは乳輪も小さく色も綺麗なのでそれだけでもエロいです。

その日も休日に嬢を予約しカメラを用意して出陣。
受付を済ませて待合室で置かれていたアニメ雑誌を流し読みしながら10分程待ち、嬢と対面。
短いスパンで指名していたためすっかり打ち解け、友達のように談笑しながらホテルへと入りました。

嬢が店に連絡を入れている間に私はカメラの準備をし、終わったら手早くシャワーを浴びます。
時間は有限なのでシャワーは本当に身体を流すだけ、嬢の体に触ったりなどもしません。
目的はハメ撮りなので触りたい気持ちを我慢して洗われました。

準備ができたら撮影開始、コスプレは一着はコース選択時に選択しないといけない仕様だったので、適当にセーラー服を選びましたがそれは使用しません。
本格的なコスプレイヤーな嬢はコスプレ衣装を持参している為、そちらを使って撮影します。
何かのアニメかゲームのキャラクターのコスプレなのでしょうけど、とにかく布面積が小さいコスプレで、胸とかパンツが殆ど見えている格好でした。
嬢はこういったエロコスプレが好きな様でSNSで度々キワドイ画像を上げているようでした。
そんなエロい娘だからこそハメ撮りを了承してくれたのでしょう。

際どいコスプレを纏った嬢はベッドにポーズを決めるので私はそれをカメラに収めます。
この時使用するカメラは私の物ではなく、嬢の私物のデジカメです。
嬢の活動用の写真を撮ることがハメ撮りの交換条件でもありました。

嬢の指示のまま際どい写真を取り続け、必要な分を撮り終えた所で今度は私のカメラに変えてプレイ開始。
まずは嬢には普通に立ってもらい際どいコスプレ姿の全身じっくりと撮影、その後は先程のようにポーズをつけて撮るのですが、この時に局部を隠す布は外してもらい丸見えの状態にします。
完全に痴女な格好に嬢も恥ずかしそうな素振をしますが、興奮してきたのかアソコがじっとりと濡れてきている模様であるため、入れてと欲しいと誘われるがままゴムを着けて挿入しました。
顔出しはNGな為体位はバックですが、設置しているカメラもあるため角度によって映ってしまっているかもしれませんが、お構いなしに腰を振り、嬢の中を堪能します。
ハメ撮り中の嬢は感じているのですが声を必死に抑える傾向があるため、小さな声しかカメラには拾えないのですが、AVのように喘ぐよりも素人味が出るためエロく感じます。
嬢の背中、そして接合部を重点的に撮影していき、私の限界が近づいたらカメラを置き、両手で腰を掴んで全力ピストンをし、そのままフィニッシュ。
余韻が落ち着いたら息子を抜いて嬢のポッカリと空いたアソコをじっくりと撮影、ジワジワと穴が締まっていく様子を撮っていたら嬢に恥ずかしいと怒られましたが、バッチリ撮れたため、この映像は私のお宝になりそうです。

設置していたカメラを止めた所でちょうどタイマーが鳴った為、シャワーで汗を流し、互いの道具を片付けて終了しました。

久々にハメ撮りが出来る嬢を発見できたため私は大満足!なのですがネックな点があり、ハメ撮りをするには交換条件である嬢の撮影にも時間を割かないといけないため、必然的に料金が高くなる長時間コースを選ばないといけないということです。
ハメ撮りの回数を増やしたいのですが資金不足な為、頻繁にいけないことが残念でなりませんが、必要経費だと割り切って今後もハメ撮りしていこうと思ってます。

タグ:, ,
いいね!
いいね!11
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
Loading...
この嬢とは個人的にハメ撮り交渉したようだけど、ハメ撮り代は払ってないのかな? 前半彼女の趣味の撮影に付き合うため、料金が高くなる長時間コース必須なのは確かに痛いけど、ハメ撮り代を払ってないなら、交換条件としてはむしろお得と言えそうですな。

教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!! サクラのいない出会える優良出会い系サイトを紹介しています!!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!!
サクラのいない出会える優良出会い系サイトを紹介しています!!
【全国デリヘル情報サイト】デリヘルを探すならデリヘルキングで決まり!!
【デリヘルくん】人気デリヘルランキング&口コミ情報!!
【中出し倶楽部】中出し好きな人にオススメ!中出し体験談多数掲載!!
投稿No.4569
投稿者 贅肉天使
掲載日 2017年5月11日
GWも明け、休暇を取れた私はなべキチさんの言うとおり筋肉痛を恐れずに前回(投稿No.4566)書かせていただいた現役JDを再び指名していまいりました。
前回同様電話予約を入れたのですが、やはり人気嬢らしく枠はかなり埋まっているようで理想的な時間は取れず、唯一空いているのが早朝でわずか45分のみという短い時間だけでした。
早朝は少しキツイ上、短いと満足できないかもと思いつつもあの極上のドスケベ娘と遊べるのならと予約しました。

翌日、オープンの時間前に到着して待合室で待機すること15分、嬢の準備もある為少々時間がかかりましたが準備が完了し対面。
ついこの間指名したばかりなため、再会した時には驚かれましたがすぐにエロい表情でホテルに行こうと手を引かれました。

部屋に入ったら前回同様、嬢が電話をするのですが嬢は先に服を脱ぎだしました。
上とスカートだけを脱いだと思ったのですが、なんと嬢の下半身に下着が見当たりませんでした!
黒のタイツは履いているのですがショーツを着けておらず直穿き、しかもクロッチの部分には穴が開けられており隠すべき場所が露わになっておりました。
あまりにもエロい格好に驚きました。

店への連絡を入れたらプレイ開始、嬢をベッドに寝かせてエロいタイツから覗くアソコをクンニします。
すると少し舐めただけで嬢は喘ぐ喘ぐ、アソコもぐしゃぐしゃの大洪水で感じまくり、このままクンニだけでイかせたかったのですが、今回はロングではないため前戯だけに時間を掛けすぎてはいけないので嬢を四つん這いにして挿入。
前回同様ゴムなしでしたが嬢も何も言わずにもっと!と強請ってくるのでそのまま続行。
タイツ履いたまま犯す嬢の尻が異様にエロいため私の腰をフルスピードも早くなり、嬢も大喜びで息子をギュウギュウと締め付けてきたので堪らずフィニッシュ。

時間がないので二回戦目は断念しました。
まだまだ余裕があったのですが流石に残り時間が少ない中でヤるのは難しかったです。
一緒にシャワーを浴び、ギリギリまで嬢とエロトークをし、最後にディープキスをしてお別れしました。

前回同様ドスケベJDでとても楽しめましたが時間が短った為満足しきれなかったのが残念でした。
次はロングで満足いくまでやりたいものです。

タグ:, ,
いいね!
いいね!16
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
Loading...
早朝の45分しか空き枠がなかったのに、果敢に出撃したのがGOODです。ただ、このドスケベJD嬢相手に短いプレイ時間じゃ不完全燃焼気味になるのでは!?とおいらも思いながら読ませていただきましたが、結果はやはり満足しきれなかったようですな(^^;

投稿No.4566
投稿者 贅肉天使
掲載日 2017年5月04日
GWは休暇も取れなくなるほど忙しくなる為、何とかもぎ取ってきた休暇を使って風俗へ行った時の話で、とにかくエロい現役JDと出会えました。

せっかくの休暇なのでオキニではなく新規開拓にしようとオキニ店を幾つかサイトで調べていると1人だけ気になる新人嬢を発見。
紹介文では現役JDとだけしか書かれていなく、謎めいていたのですが、写メ日記を見てみると口元だけと局部だけを加工した画像が貼られていました。(30分後には不適切な画像として削除されてしまいました)
顔も可愛い上スレンダーでいい感じだと思い、予約の電話を入れました。

指定された時間まで少し空いていたので昼食を済ませてから店に行き、待合室で待機。
私以外にも数人いましたが最初に呼ばれたのは私だったのでタイミングが良かった模様。

いざ嬢と対面、カーテンが開かれるとそこにはめちゃ好みな清楚系な娘が!
黒いロングヘアーで画像で隠されていた口元も全然整っていて可愛い美女がそこにいました。
「よろしくね💙」
と甘えるように腕に抱き着いてきていきなり頬にキスしてきました。
清楚な見た目と違い、仕草の中からにじみ出てくるエロさを感じ取って私の期待はそれはもう高まりました。

部屋に入り嬢が店に電話を入れたらタイマースタート。
その日は暑かったのでまずはシャワーで汗を流そうと嬢のサポート付きで脱衣、ですが私だけ先に全て脱ぐと既に臨戦態勢だった息子が丸見えに。
すると嬢が
「元気だから先にしちゃおうか?」
と言って息子をパクリ。
一気に喉奥まで咥えてしまうディープスロートに思わず声が出てしまう程の気持ちよさに早々出てしまいそうになってしまうほど、ですが嬢はそこで一回口を放すとショーツを脱いで、スカートを捲くって股を開き
「入れて」
催促をしてきました。
しかもゴムはいらないと生OKという事に驚きはしましたが、ただでさえ期待大だった嬢からのお誘いという事で興奮し、躊躇わず正常位で挿入!
キツキツな上アツアツで油断したらすぐに出てしまいそうなほどの嬢の膣内に腰が入れただけで腰が止まってしまいます。
ですが嬢は
「激しくしてぇ、いっぱい突いてぇ~」
とねだってくるではありませんか。
ここでやらねば男じゃない!という事で嬢の細い腰を掴んで全力ピストン。
嬢が激しくと言ってくるのでテクなんか考えずとにかく乱暴に腰を叩きつけると嬢もアンアンと声を上げるので体力を考えずにただ腰を振り続けました。
ですがただでさえ入れただけで出てしまいそうなほどだったので我慢しきれず奥で発射、溜め込んだザーメンを現役JDの中でたっぷりと出してやりました。

一発出し終えたらシャワーで汗を流したらすぐに二回戦開始。
シャワー中もボディ洗いなどで刺激を与え続けられたためもう我慢の限界であり、嬢に洗面台に手を付いてもらって立ちバックで挿入。
嬢は激しいのが好きなようだったためこの体位のチョイスは正解だったようで喜んで腰を振ってました。
洗面台の鏡に映る自分の姿に興奮したのか淫語を連発しながら息子を締め付けてくるためそう長く続かなく、一回目と同じくガンガン腰を振って最後は中でフィニッシュしました。

落ち着いたらベッドに寝転がってイチャつきながらトークタイム。
ただこの時でさえ嬢の手は息子から離れず絶え間なく刺激を与え続けてくる上、清楚な見た目とは違ったかなりエロい話ばっかりされた為、時間ギリギリの所で息子が完全復活してしまいました。
収まりがつかないのでダメ元で店に連絡し30分延長出来るかを聞くと運良く出来るようだったので延長し、勃たせてしまった責任をちゃんと取ってもらいました。

最後に名刺とキスを貰ってホテル入り口で解散して終了。
とんでもない清楚な見かけとは違い中身はドスケベ嬢だったため、延長分の出費があっても大満足の行く結果となりました。
ですが激しいプレイばっかしていた為、翌日に筋肉痛となってしまい仕事で地獄を見ることになってしまいました(笑)
次に指名するまで少しは筋トレをしようと思いました(笑)

タグ:, , ,
いいね!
いいね!28
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
Loading...
見た目は清楚系でありながら実はエロいというのがたまらないですな。今回は運良く延長出来たようだけど、人気が出ちゃって延長どころかなかなか指名出来ないなんてことになりそうな予感が…。筋肉痛なんかにビビッてないで、早めに裏を返しておいたほうがいいかもですな(笑)

投稿No.4558
投稿者 ミスターH
掲載日 2017年4月10日
ある風俗嬢との思い出話をさせていただきたい。
その子はすでに風俗の仕事を引退しているので正確には元風俗嬢である。
私はその子と極めて親しくなった。
その関係は間違いなく「風俗嬢とお客」以上のものである。
と言っても「愛人」とか「セフレ」といったものではない。
「恋愛」かもしれないが、少し違う。
「友情」と言ってもいいかもしれないが、これも少し違うような気がする。
私とその子は親子ほども年が離れているのだから。
そしてそれは私にとって「思い出」ではあるが、完全に過去のものとなっているわけでもない。
少し長くなるが私たちの話にお付き合いいただければ幸いである。
なおこの話はまったく「エロく」はない。
前もってお断りしておく。

私は40歳代の会社員である。
名前はHとしておく。
妻と二人の子供がいる。
妻とはけっして不仲ではないが「仕事のストレス解消のため」と自分に言い訳して10年ほど前から風俗に行くようになった。
もちろん妻には内緒で。
私がその子と出会ったのは2014年の1月のことであった。
場所は東京都内のあるホテヘル。
その子の名前は・・・まずはSとしておこう。
Sはその子の店での源氏名である。

Sがその店に入店してまだ1週間という頃であった。
Sはこの時23歳であった(店のプロフィールには20歳とあったが)。
Sがこの仕事に不慣れであることはすぐにわかった。
緊張していて動作がぎこちなく、技術も未熟、はっきり言って「へた」であった。
しかしSが一生懸命であることは伝わってきた。
「これでいいですか?」「気持ちいいですか?」「感じてますか?」
Sはいちいち私に聞いてきた。
私に少しでも喜んでもらおうと頑張っていることはよくわかった。
その姿勢には好感が持てた。

1ヶ月ほどしてまたSに会いたくなりその店へ行った。
Sは私のことを覚えていてくれた。
「わー、また来てくれたんだ」と言って本当にうれしそうな顔を見せてくれた。
技術の未熟さは相変わらずであったが緊張感はだいぶ和らいでいた。

プレー後ホテルから店までの帰り道、Sは手をつないで歩いてくれた。
別れ際にSが言った。
「これからも末永くよろしくお願いします」
営業トークとして誰かに教えてもらったのか、とっさに出た言葉なのかはわからない。
しかしこの言葉は私の胸に刺さった。
しばらくSのところへ通い続けてみようと思った。

回数を重ねると、次第にSは打ち解けて話をするようになった。
するとSが実はとても明るくておしゃべりな子だということがわかった。
プレーの後、ベッドに寝転んでいる私にSはしきりに話しかけてきた。
好きな音楽や映画の話、スイーツを食べてきたとか旅行に行ってきたとかいうプライフベートの話、時には「先週のお客、いきなり本番しようとしてきたからお腹蹴ってやって店長に言って出禁にしてやった」とか「昨日のお客、感じ悪かったから指入れされた時、痛いからやめて、て言ってやった。あいつ、きっともう来ないな」なんていう仕事上のぶっちゃけ話までしてくれた。
Sが私に対して「お客」以上の好感を持ってくれているのは間違いないと感じられた。
なぜならそうやって私に話しかけてくるSの様子が、本当にうれしそうで楽しそうであったからである。

ある日、私たちはいつものようにベッドに寝転びながらスマホでその店のHPを見ていた。
HPには店の女の子たちのブログがあった(Sは知人にバレるのを恐れてブログはしていなかったが)。
その中の一つを見ながら私は何気なく「こんなこと書いてるけど実際どんな子なのかな」と言ってしまった。
Sは飛び起きて大声で言った。
「会わなくていいから!」
そんなSは初めてだったので私はビックリしてしまった。
もちろんこの時は、常連客を取られたくない、という営業上の気持ちから出た言葉だとは思った。

少し後、私はSを試してみたくなった。
「たまには他の子にも入ってみようかな」
私が言うとSは
「他の子指名したら本気で怒るからね!」
と言って私をにらみつけてきた。
その目は少し涙目になっていたような気がした。
「冗談だよ。Sのことは裏切らないよ」
私が言うとSはうれしそうに私の胸に飛び込んできた。
私はそんなSが可愛いくて仕方なくなっていた。

ある日Sが言った。
「ねえ、これから私のことKって呼んで。私、本当の名前はKっていうの。本当の名前教えるのHさんだけだよ」
(以降、この文章の中でもそSではなくKと呼ぶ)
Kは会話の中で自然に本当の年齢や住んでる所の話もしてくれた(正確な住所ではないが「◯◯駅から歩いて◯分くらいのアパート」という言い方で)。
やがて私はKのプライフベートのもっと深い部分を知ることになる。

2014年の暮れだった。きっかけはこんな会話からだった。
「正月はどうしてるの?温泉にでも行くの?」
私がきくとKは答えた。
「ううん。家でのんびり」
「そう、正月はやっぱり家族団らんがいいよね」
何気なく私が言うとKは言った。
「実はね、私、お母さんと二人暮らしなの」
Kは一人っ子であったが、Kが高校生の時に両親が離婚して父親は出て行ってしまったのだそうだ。
以来Kは母親と二人暮らしなのだという。
しかも母親は50歳代後半だという。
母親もパートの仕事をしているそうだが、そんな年齢の女性が稼げるお金がいかほどのものか想像はつく。
アパートの家賃を含め家計の負担は当然Kにかかってくる。
Kは高校卒業後普通の会社に就職したが3年で退職し、収入のいい仕事を求めてバイトを転々としたそうだ。
そしてついに意を決してこの仕事に飛び込んだのである。
この仕事のことは母親には秘密にしているという。
ファミレスで働いていることにしているそうである。
しかし20代の娘がそれなりの収入を持ち帰る仕事がどんなものか・・・母親もわかっているんじゃないかと私は思った。
「それまで、こういう仕事は絶対ダメだと思ってたけど・・・でもおかげでHさんに出会えた。だから今は幸せ」Kは言った。

ところで私は若い頃「レベッカ」というバンドが好きだった。
2015年4月、レベッカが再結成されることが発表された(実際に結成されたのはその年の8月)。
Kにその話をしてみた。
Kはレベッカを知らないという。
私はスマホにダウンロードしてKにレベッカを聞かせてあげた。
「Maybe Tomorrow」という曲を一緒に聴いていた時のことである。
その曲の中に「ひとりぽっちで 歩き始めたから もう振り返ることはできないね」という歌詞がある。
その歌詞を聴いた時、Kが突然泣き出してしまったのである。
私は黙ってKの肩を抱いてやることしかできなかった。
Kはいったい私に何を求めているのだろう。
いや、私はKのために何をしてあげられるだろう。
私は真剣に考えるようになった。
それまでも誕生日やクリスマスにはちょとしたプレゼントを買ってあげたりはしたが、Kの方から私に何かをねだってくることはなかった。
私は普通の会社員である。
家族もある。
結局、私がKのためにしてあげられることは、お客として時々会いに来ること、それ以外に何もないのである。

それから少し後、私はKにこんな話をした。
「私の夢は、いつか、Kをここから掬い上げてやること・・・でも今の私はただのサラリーマンで大金持ちじゃない。家族を捨てることもできない。だからこの夢は、一生かなえられないかもしれない」
Kはしばらくの間、黙って私の胸に顏をうずめていた。
やがて顏をあげたKは小さく微笑んでこう言った。
「その時が来たら・・・その時は、よろしくお願いします」

2015年9月、KはK自身で私の夢をかなえてくれた。
その日Kは言った。
「今日はHさんに大事な話があります。私、来年の春、結婚します。だから、この仕事も今年いっぱいで辞めようと思います」
相手は高校の同級生で現在は公務員をしているという。
高校卒業後も友達数人と一緒に時々カラオケや旅行に行ったりしていたのだそうだが、Kの方から結婚を前提とした交際を申し込んだそうである(もちろん彼には仕事の話はしていないとのことだ)。
スマホに撮った彼の写真も見せてもらった。
誠実で優しそうな顔をしていた。
うれしかった。
Kがそういう形で幸せになってくれることがうれしかった。
Kに会えなくなると思うと淋しくもあった。
しかし何より、Kがこの世界から脱出してくれることに私は心から「ほっとした」と感じていた。
Kは自分のためだけではなく、私のためにこの結婚を決めてくれたのではないかとも思った。

2015年の暮れ、Kの最終出勤日。
私は「卒業記念」としてKに花束を手渡した。
「ありがとうございました。Hさんのおかげで今日までやってこれました」
そう言ってKが私に手渡してくれたものは・・・何と、結婚式の招待状!!であった。

2016年4月、私は「Kが以前バイトで働いていた会社の元上司」ということで結婚式に出席させていただいた。
出席者の集合写真もいただいた。
新郎と、純白のウエディングドレスに身を包んだKを中心に親族や友人たちが写っている。
その一番端の方に写る自分の姿を見ると今も気恥ずかしい思いである。

もうじきあれから1年になる。
先日、久しぶりにKからメールが届いた。
お腹に赤ちゃんが出来たそうである。
メールには彼とほほを寄せ合うKの自撮りの写真が添付されていた。
本当に幸せそうな笑顔である。
無事出産したら何かお祝いを送ってやろうと思っている。
こうして私とKの関係は、これからも「末永く」続くのだと思う。

いいね!
いいね!124
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
Loading...
心温まる良い話ですな。嬢が風俗卒業&結婚、元上司という名目で結婚式に出席という展開には、驚きと同時にしんみりさせられちゃいました。確かに『恋愛』『友情』という類では無さそうですな。親子ほど年が離れてるということもあり、『父親と娘』のような関係というのが一番近いのかもしれませんな。

投稿No.4551
投稿者 贅肉天使
掲載日 2017年3月13日
先日の仕事帰りで遊んだ新人嬢を泣かせてしまった話。

その日は妙にムラムラしたので職場から風俗街に直行、抜くついでに新規探しでもしようと今まで入ったことのない店へ入りました。
予約無しで入ったものですから遊べる女の子は少なめな上に微妙、諦めて違う店に行こうかと思ったのですがボーイから本当に入りたての新人で良ければと薦められたので新人割も効いて安上がりだと割り切り、その子に決定。

しばらく待っていると私の番号を呼ばれ嬢と対面。
顔はまあ不細工というわけでもないですが特段可愛いというわけでもありません、ギャル系でもなく素朴な感じでした。
ですが身長も低く小柄な身体が幼く見え、ロリコンな私には十分ストライクだったので、当たりでした。
緊張しているのか全然喋らない嬢と共にホテルへ。

ホテルに入り、店へ電話を入れたらタイマースタート、緊張しまくっている嬢の緊張を解そうと声を掛けたのですがそれでもガチガチ、とりあえずシャワーを浴びようと提案し、サポートもなく互いに服を脱ぎました。
嬢のスタイルはスレンダーでちょっと肉付きが足りないかなと思えるほど細身なのですが肌はとても綺麗で手触りも抜群でした。

辿々しい洗体が終わりベッドへ行ったのですが、未だガチガチなので身体触っていいかと聞いてから愛撫を始めます。
手で胸を隠そうとしていたのですがどかせてあまりない胸を優しくタッチ、乳首が性感帯なのか反応が良かったので重点的に責めてあげると徐々に反応が良くなってきたのでそれと同時にアソコも弄ります。
下の方はクリトリスが特にいい反応を出したのでクンニで一点集中、刺激が強すぎたのか手や太腿で頭を押されたり挟まれたりと抵抗されましたが舐めまくってイかせる事に成功。
身体をビクビクと跳ねさせて逝かせられた事に満足していたのですが女の子からはヒクヒクと泣き声が、そしてそのまま泣いてしまいました。
あまりのことに私も大慌てでひたすら謝り倒していました。

必死に謝って何とか嬢も泣き止んだのですが、何で泣いたのかを聞くと怖かったからだと言いました。
はい、この嬢、業界未体験な上、エッチの経験自体も数度だけの本当の素人でした。
風俗で働くというから色んな事情があるのでしょうけど、嬢にとってはあまりにもハードルの高い仕事だった上、私が激しくしてしまった為、抑えきれず泣いてしまったとこの事でした。

その後は時間も余っていましたが続ける気分にもなれなかったため、シャワーも別々に済ませてホテルを後にしました。
嬢はずっと謝っていてホテルで別れる時には深く頭を下げられました。

翌日、嬢の名前はサイトから消えていて、やはり続けることができなかったみたいです。
風俗だからと言っても強引にしてはいけないと改めて思い知らされ、反省する日でした。

タグ:
いいね!
いいね!20
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
Loading...
気まずい雰囲気になってしまって残念でしたな。ただ、●番を強要したりAVのように激しい指マン攻めをしたのではなく、クンニによる一点集中攻め程度であれば、例え相手が新人嬢といっても『強引』とまでは言えないかと。

1 2 3 4 5 6 59
  • ご利用は各自の責任でお願い致します。(実際に活用できる情報としてではなく読み物としてお楽しみください)
  • 諸事情により割愛やぼかした表現で掲載している場合があります。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)