風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!ユーザー参加型風俗サイト!!

投稿No.4683
投稿者 やまさん
掲載日 2017年11月01日
あるSMクラブです。
40年以上の歴史があるようで、ホームページはありますが、女性リストがありません。
なんでも電話や直接ママやスタッフさんにあって、どんなプレイがしたいか好みの女性を聞いて、それになるべく合う女性を紹介するというスタイルの店です。

顔射や御奉仕プレイという注文をつけると、それなら今いる女の子ででいけるとのこと。
本当はそのお店の歴史からして超長い舌のM女方がいたら良かったのですが、注文が多くてもすぐプレイできそうな方がいなくては溜め込んだザーメンが無駄になってしまうので、御奉仕と顔中の顔射のみでその日は了解しました。
プレイは60分ずっと御奉仕舐めをさせて、最後に思いきり出しました。
女性は驚きの量でしたが、しっかりと受け止めていただき、
「満足されましたか?顔をみてください。」
と、ぐちゃぐちゃになった顔を長い時間みせつけてくれました。

そしてプレイが終わりスタッフさんにプレイはどうだったか聞かれ、
「はい、満足いたしました」
と答えました。
スタッフさんは私の微妙なコメントの表情を察知したのか、何か他の注文があるのかと訪ねてきました。何なりとおっしゃってくださいと。
「うーん、実は…」
と切り出します。
ありえんぐらい普通の人ならば、気持ち悪いぐらい長舌の女性がいいです、といいました。
スタッフさんは驚いた顔をされ
「そうですね、ここはSMクラブなのですぐには紹介できませんが、大量の登録女性情報からさがしてみせます」
といってくれました。
しかも、その情報媒体は全て紙媒体とのこと。
女性も男性情報も全て紙でママやスタッフが管理しているとのレトロな感じです。
黄ばみがかった膨大なノートがかざってあります。
なかなかこんな注文をする客はいないようでスタッフさんも少し困ってました。
必ずや見つけいたしますのでとお返事をもらい、その日は終了となりました。

後日しばらくして電話をしてみました。
登録女性を片っ端からママさんが調べてくれたようでした。
「普通なら気持ち悪いけどいいの?」と言われましたが
「勿論です」と答えました。
「まあ、すぐには紹介できんけど、都合あわせて頂ければその店の登録女性歴史で一番長い舌とされる方調整します」と。
どうやって調べたか聞くと、ママがひとりひとり舌をださせて見たのと過去の記憶から呼び起こして連絡をとって聞いたりとしたようです。
この店は女性をやとってるわけではないので、男性客から希望プレイ情報が入ると1~2週間時間をかけてでも調整をしてベストな女性を紹介するため、リストとしてホームページにのせることができないのだそうです。
紹介をしていただける女性は遠方にいるようですが、ママさんがコンタクトをとってくれて快諾していただいたようです。
当時所属していた時に、御奉仕プレイなら抜群の評価があった女性だったようでしたが、5年以上も前を最後にしていたようで、ママの頭にははじめはなかったようてす。
高身長だけど中肉で年齢は40台だねといわれました。
舌の長さは間違いなくママの確かな記憶だと凄まじく長いと太鼓判のようです。
了解しましたが、遠方なのであと1週間まってといわれました。

丹念に根気よくアナログで調べてくれたお店の姿勢に感謝したお話でした。
次にはそれをご報告します。

タグ:
いいね!
いいね!9
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
Loading...
ママが一人一人舌を出させて嬢の舌の長さをチェックし、客の要望に合った嬢を探そうとする姿勢が凄いですな。そこまで気合が入っていると、「でもお高いんでしょう?」と思ったりもするので、時間あたりのプレイ料金がいくらなのか知りたいですな。

教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!! サクラのいない出会える優良出会い系サイトを紹介しています!!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!!
サクラのいない出会える優良出会い系サイトを紹介しています!!
風俗嬢探しています。  長い舌の方ご存知ですか?  ソープランド新宿(新宿トルコ)  ロリビッチ嬢  セクキャバ  指名の条件  京都御艶極悪非道パート2  人妻店の開拓  ハマった風俗嬢から脱出する方法  八王子のデルヘル 
投稿No.4669
投稿者 さくらん
掲載日 2017年10月10日
六本木のSMクラブでもう10年はたつと思います。
年齢は40でした。
かなりプライベートでも調教された嬢でした。
いわゆる御奉仕が得意のようで縛りムチはないようでしたが、フェラやアナル舐めは凄いテクニックで容赦ないイラマも大喜びの女でした。
どうやら顔射がこの上なく好きなようで、プライベートのご主人様探しで店に入ったみたいなことを言ってました。

プロフィールからして私の好みの御奉仕、顔射、イラマとそろっていたため二週間ほど禁欲にて対面しました。
二時間延々と御奉仕させ、フェラ、玉舐め、アナル舐め、乳首舐め、嘔吐イラマ、これの繰り返しです。
嬢の唇はもともとたらこ唇でしたがさらに腫れ上がります。
本当にフェラ好き舐め好きでした。
抜群の舐め業はそのはず異常なまでの舌の長さで奥までくわえて玉を舐めるのは余裕で玉の裏まで舌が届きます。
身長も高く口腔の広さも異常でした。
何度もいきそうになるがイラマで応戦して簡単には顔射しないよう細心の注意を払います(笑)

「凄い量のザーメンをぶっかけてほしいのか?」というとうっとりした表情で
「はい」といってきます。
「その舌は凄いな」というと
「ご主人様のものです」とベロを思いきりだして見せてきます。
そして私の必殺のザーメン量をお見舞いすると
「いままでのご主人様で最高のザーメン量でした」
と感涙してました。

その嬢は何度かプレイし戦跡発射顔写真を撮ってました。
最高の思い出の一つです。

タグ:, , , ,
いいね!
いいね!18
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
Loading...
『フェラ好き、舐め好き、さらに顔射がこの上なく好きでプライベートのご主人様探しのためにSMクラブに入店』とは、頼もしい限りですな。年齢は40歳と若くはないようだけど、年季が入っている分、舌技はハンパないんでしょうな。

投稿No.4654
掲載日 2017年9月18日
なベキチさん、お疲れ様です。
前回のSM倶楽部体験談2(投稿No.4650)の続編です。
これから先SMクラブらしくかなりマニアックな展開になりますのでよろしくお願いします。

本当にRちゃんがもう一度来てくれるか半信半疑のままテレビを見ながら待ち続けてうつらうつらしていると「ピンポーン」本当にRちゃん来てくれました。
「ごめんなさい遅くなって、アナルの具合いはどうですか?」と気遣ってくれます。
「まだ少し痛むけど大丈夫」と答えると
「ごめんなさいね、一気に拡張しすぎたわ少しアナルは拡張はお休みしましょう、炎症を抑える薬持って来たから塗ってあげる」とアナルを見せるように言って、Tバックパンティを脱がせて優しく薬を塗ってくれました。

それからSMの色々ななプレーについて話していると
「私のあげたパンティ穿いてるし、メイクにも抵抗なかったから本格的に女装してみない?」と言われ私が興味を示すと
「じゃあ下準備ねバスルームへ行きましょう」と二人で混浴してから脛毛を剃ることになりました。
「スカートから脛毛の脚を出してたらカッコ悪いからね~」と言いながら手慣れた感じでドンドン剃っていぎす。
太股まて剃り終えると
「ここどうしようか?」
陰毛を引っ張ります。
「Rちゃんと同じようにして」
と言ってしまった自分に驚きながらも、その場のノリで剃ってしまいました。
チ○ポ周りがツルツルになってからバレたらどうしよう思いましたが、じきに生えてくるし大丈夫かと自分を納得させました。

バスルームを出ると深夜3時でした。
Rちゃんは当時私の住んでいたマンションのすぐ近くにある24時間営業していたジャ○コへ行きましょう。と言い二人で連れだって出掛けました。

ジャ○コへ入ると女性下着売り場へ直行しRちゃん店員さんに
「サイズ計って欲しいんですけど」
と声を掛けます。
深夜で他のお客さんもおらず店員さんも1人だけです。
店員さんはメジャーを持って来てRちゃんのサイズを計ろうとします。
「私じゃなくて彼が女装するから下着を買いに来たの」
とRちゃんに言われた店員さんは、ごく普通に私のサイズを計ってくれました。
アンダーバストが85cmなので限られた種類しか有りませんでしたが、真っ赤なブラジャーとパンティのセットを購入し、その後ミニスカート、ブラウス、女性用サンダルを購入しました。

ここからRちゃんのSな部分が表になり、「試着室で着替えて来て」
私がどうしようかと悩んでいると3分以内に着替えないと帰るわよ!と厳しい言葉!
私も覚悟を決めて試着室で全裸になりパンティとブラジャーを着けて鏡に写る自負の姿を見ていると、試着室のカーテンがいきなり開き
「まだ着替えて無いのグズね!早くしなさい!」
とRちゃんの厳しい声が響きます。
慌ててブラウスを着ていると
「時間切れよ、罰としてスカートは試着室の外で穿きなさい」
と試着室から引っ張り出されました。
深夜とはいえパラパラお客さんと店員さんがいるなか女性服売り場の通路でミニスカートを穿きサンダルを履いてRちゃんに引っぱられながらジャ○コを出てから恥ずかしさか込み上げて来て顔が真っ赤になっているのがわかります。

Rちゃんは
「お腹減っちゃったから牛丼でも買ってきて !」
と容赦無しです。
私は頭が真っ白になりどうやって牛丼を買ったかも記憶が無い状態で牛丼を持ってRちゃんの元へ。
「牛丼だけ?気が利かないわね飲み物は無し?罰としてパンティが見えるまでスカートを上げて自販機で買ってきて、但し走っちゃダメよ!」
私は命令されるがままに、スカートをたくしあげて自販機へ深夜とはいえ車が何台も通り過ぎます。
足がガクガク震えながらお茶を二本買ってRちゃんの元へ戻ると
「じゃあマンションへ戻りましょうか、スカートはそのままよ」
と言って歩き出します。
マンションのエレベーター前で
「ブラウスとスカートを脱いで」と言われ私はブラジャーとパンティだけで
「誰かに出会ったら、人生終わりだ」とおもいながら部屋まで歩かされました。

部屋へ戻ると
「よく頑張りましたね、これで変態の仲間入りです」
とディープキスのご褒美を頂きました。
牛丼食べてRちゃんは自分のマンションへ帰る時、私のトランクスを「全て預かるわ」言い今度会うまでに1人でパンティ買うのよ、今度はパンティしか穿いちゃダメよと言って帰って行きました。

私はそれ以来パンティしか持っていません。

タグ:, ,
いいね!
いいね!16
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
Loading...
う~ん、お仕置きの後のご褒美ディーキスが格別というのは理解できなくはないけど、外で女装させられ牛丼買いにパシらされるというお仕置きは、おいらは受け入れられないかな。まぁ、破格の報酬を貰えるのであれば、女装でもパシリでも喜んでやりますが(笑)

投稿No.4650
掲載日 2017年9月14日
前回のSM倶楽部初体験談(投稿No.4648)の続編です。

アナル舐め、アナル拡張での快楽を覚えてしまった身体が更なる快楽を求めて疼くので、また某SM倶楽部へ電話して前回プレーしたRちゃんを指名しましたが、出勤が遅れていて23時以降になるとのこと。
3時間以上待ち時間が有りますが、迷わず予約しました。
待ち時間の間にお店のHPを確認するとRちゃんはSもMも出来る上、濃厚なサービスで人気嬢であることが分かりました。

そうしている内にお店から電話がありキャンセルが出たので30分後に行けるとの連絡が来ました。
快諾して待ってちるとピンポーン「お待たせしました~」
ドアを開けるとRちゃん超ミニスカートにスケスケのブラウスで大きなバックを持って登場です。

部屋へ入ると
「前回のプレーでMプレーが好きそうだから沢山道具を持って来たよ」
とのこと。
「今日はどんなプレーにしますか?」
と言いながらSMの道具をバックから出して並べて行きます。
SM初心者であることを伝えアナル中心に責めて欲しいと返答すると
「Mコースのほうが向いてるかもしれませんね、Mコースならもっと凄いプレー も出来ますよ」
と言われちょっと怖かったのです120分のMコースに変更しました。

キャンセルが入ってた事もありRちゃんは
「有り難う御座います、たっぷり楽しみましょう」と言ってまずは、シャワーをと二人でバスルームへボディを洗った後、
「浣腸でアナルの中までキレイにしましょ」と大きなシリンジでお湯を何度も入れられました。
「凄い1500ccも入っちゃった、じゃあここへ出して」と洗面器に排出させられ5回繰り返した頃にはアナルか開きっぱなしになりました。
「いい感じになったわね」と言いながらアナルへ指を挿入され
「簡単に3本挿入出来たわこれならフィストと出来そうね」とRちゃん嬉しそうです。

ベッドへ戻って四つん這いでアナル舐め、完全にアナルの中を舐められています、快楽で頭が真っ白になります。
Rちゃん「たっぷり拡張してあげるから覚悟してね」と言ってペニバンを装着し激しくバックから突かれまくりました。
触っても無い私のチ○ポからは我慢汁がダラダラ流れ出ます。
女の子みたいにアンアン声をあげると
「まるで女の子を犯しているみたい」
と笑われましたが自分でも不思議なくらい女性のように犯してもらちたいと思ってしまいました。

その心を見抜いたかのようにRちゃんが
「少し女装してみましょうか」
とバックから化粧品のセットを取り出し口紅やファンデーションを塗ってくれます。
前回のプレーでもらったTバックパンティを穿き少し女の子気分的になっていると
「いいわ~ますます犯したくなってきた、壁に手をついて立って」
と言われ立ちバックでガンガン突かれなからチ○ポをシゴカれるとアッと言う間に逝ってしまいました。

逝った後、脚がガクガクしてベッドへ倒れこんでいると
「これからが本番よ」とアナルに指を挿入され
「何本挿入出来るかな~」とローション塗られると簡単に4本挿入出来Rちゃん指をすぼめて5本目を挿入しようとしますが中々入りません。
「普通の人は何ヵ月も拡張を続けて1本づつ増やして行くのに2回目で4本入るって、やっぱりアナルの才能が有るわ」
と4本容れた指をぐるぐる回転させて更に拡げている最中にお店から15分前コール2時間がアッと言う間に過ぎていました。

Rちゃん「もう少しなのに」と残念そうです。
延長しようかと申し出ましたが次の予約が入っているとの事で、バスルームへローションだらけのアナルを洗ってもらいボディシャンプーでアナルの中まで洗ってもらっていたら「ズボッ!」とフィストイン入っちゃって二人ともビックリです。
苦しくて10秒位で抜いてもらいましたが脚はガクガク息はハアハアでRちゃんに抱き抱えながらベッドへ。

「ごめんなさい、少しリラックスしたからアナルの力か抜けて入っちゃったのね、次回はもっと気持ちよく挿入しますからまた呼んで下さい」とディープキス。
「アナルが縮まらない内に明日もお願いします」と言うと
「この後の予約で今日は上がりなので、その後でもう一度来ますから」
??エッ??と思っていると実はご近所さんで帰りに様子を診に寄ってくれるとのこと。
「本当にいいの?」と訊ねると
「いきなりアナルフィストしたからお見舞いによるわ」とディープキスで一旦お別れしました。

長くなるので続きはまた書きます。

タグ:, , , , ,
いいね!
いいね!15
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
Loading...
今回は浣腸洗浄してからアナルフィスト攻めまでされちゃいましたか(^^; 前回投稿No.4648では、拘束やアナルへのバイブ・ローター攻めはあったものの、まだノーマルプレイの範疇といった感じだったけど、結構マニアックな感じになってきましたな。

投稿No.4648
掲載日 2017年9月12日
東京で単身赴任していたころM性感デリのアナル舐めにハマってました。
8月の土曜日いつものM性感へ電話すると困ったことに「今日は予約でいっぱいです」との事、仕方無くネットで他の店を検索していると痴女コースなるものを発見、これだ!と思いホームページを見ると某SM倶楽部でした。
風俗遊びは色々やりましたがSM倶楽部の経験は有りません、少し迷いましたが痴女コースの内容はM性感と同様でしたので電話してみると「アナルが得意な娘がいます」とのことで早速その娘を指名しました。

待つこと30分ほどでピンポーン、お待たせしました~との声、ドアを開けると20代後半のグラマーな娘でした。
部屋へ入るなり三つ指ついて
「本日はご指名頂き有り難う御座います」
と丁寧なご挨拶です。

「初めてなので問診票の記入をお願いします、その後プレー開始となります」
問診票を記入する間はプレー時間に含まれ無いのもちょっと嬉しかったですね。
アナル中心に責めてもらうよう記入すると
「かしこまりました、それではシャワーに行きましょう」
と言って店へプレー開始の電話連絡を入れるとサッサと全裸に。
バスト95Gカップのオッパイに見とれて気付くのが遅れましたが彼女パイパンでした!
「剃ってるの?」と聞くと
「以前は剃ってましたがカミソリ負けするので永久脱毛しました、だからツルツルです」
と触らしてくれます、M性感では男性からのタッチは禁止が前提条件だったりしますがタッチOKのようです。
それどころか、オッパイに泡を付けてボディ洗いからのディープキス、乳首舐め、フェラ、アナル舐めで身体中キレイにしてもらいました。

バスルームを出ると壁に手をついて少し脚を開いて下さいと言い後ろに回りと濃厚なアナル舐め開始です。
これまでM性感で体験したアナル舐めとは比べものに成らないアナル舐めに思わず「アァ~」って女性みたいな声をあげでしまいました。
彼女は
「本当にアナルがお好きなんですね」
と言いながら尻を左右に開いて更に深くまでアナルへ舌を差し込んで来ます。
私はそれだけで逝きそうになりましたが、その気配を読んだ彼女に
「まだ逝っちゃだめですよ」
と寸止めせれてベッドへ。

今度はベッドに四つん這いになって下さいと言われ、更に思いっきりお尻を左右に広げられ、ふやけるほどアナル舐めされました。
チ○ポからは我慢汁が止めどなく流れ落ち
「アナル舐められて我慢汁流すなんて変態ですね」と言われ、
「もっと変態にしてあげる」とバックから色々な道具を出して来ました。
手錠、ロープ、バイブ、ローション、鞭、蝋燭、等々「ええっ」とびっくりする間も無くアイマスクを付けられ手足を縛られると耳元で
「お楽しみはこれからよ」
と囁きます。

更にアナル舐めされて
「だいぶ柔らかくなったからもう大丈夫ね」
と言うとアナルに冷たいくトロっとした感触ローションを垂らされ指を差し込んで来ます。
「ほら入った」
思わず声が漏れます。
「まだまだ行けそうね♪じゃあ二本目~」
彼女は指を入れているのです。
二本の指をアナルへ入れてピストンしながらアナルの才能有りますねってどんな才能だよ!と思っていると二本の指をアナル逝き中でピースするように広げてグリグリ回し始めました。
前立腺を刺激されアイマスクをしていても我慢汁が流れ出るのが分かります。
「凄~い本当に変態ね、アナルもこんなに開いて来たわ!もう1本行けそうね」
と三本目の指をねじ込まれ、もう完全に女の子みたいに喘いでしまいました。
アイマスクを外して指を三本挿入されたアナルを写メで撮られ見せ付けられた時、自分は変態だと思いました。

彼女は指を抜いて拡がったアナルの中まで舌を差し込んで舐めてくれました。
そしてローター入れて更にバイブを挿入してきます。
「こつするとローターがS字結腸を刺激して気持ちいいでしょ」
と言いながら縛っていたロープを解きバイブを挿入したまま私を立ち上がらせ
「歩いてみて」
と促しました。
抜け落ちそうなバイブを手で押さえながら2~3歩歩いてしゃがみこんでしまいました。
彼女は自分が穿いて来たTバックパンティを私に穿かせバイブを抜け落ちないようにし
「これなら手で押さえなくても大丈夫でしょ」と部屋の戸口に立ち
「ここまて来れたらご褒美あげる」と手招きします。
私はバイブとローターでアナルをかき回されながらヨタヨタと歩きます。
彼女は「ほらもう少し」と言いながら部屋の外へ。
「バイブが抜け落ちないようにアナルをしっかり締めて」
と言いながら玄関扉まで歩かされました。
バイブの音が外へ漏れるのではと思った時、Tバックパンティから飛び出したチ○ポを握りディープキスして来ました、私はもう逝きそうで頭が真っ白になってます。
その時「ガチャ」と音がして玄関扉が少し開きました彼女が右手でチ○ポをシゴキながら左手てドアを開けたのです。
深夜でもあり誰も外に居ませんでしたが、アナルにバイブを挿入してTバックを穿いた姿を晒した瞬間大量に射精してしまいました。

彼女はお掃除フェラをしてくれながら
「パンティはプレゼントするわ、ブラジャーも着けてみる?」
と言いブラジャーを着けてくれました。
アンダーが大きくてホックは止まりませんでしたが、妙に興奮してしまいました。

その後、時間イッパイまでアナル舐めをしてもらいながらアナルを拡張てもらい指を4本挿入することに成功しました。
その後、彼女を指名し続け、毎日パンティを穿いてアナルフィスト出来る立派な変態に成りました。

タグ:, , , , , , ,
いいね!
いいね!17
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
Loading...
ふやける程ガッツリとアナル舐めしてくれるとはたまりませんなぁ~、おいらもアナル舐めされるのは大好きなので特に興奮です。SM倶楽部というと女王様に鞭でビシバシいたぶられるイメージありチト取っ付き難いけど、このような痴女コースも併設されているなら利用し易いでしょうな。

1 2 3 4 5 6 8
  • ご利用は各自の責任でお願い致します。(実際に活用できる情報としてではなく読み物としてお楽しみください)
  • 諸事情により割愛やぼかした表現で掲載している場合があります。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)