風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!ユーザー参加型風俗サイト!!

投稿No.4769
投稿者 ごんた
掲載日 2018年4月15日
昨年から1年くらい通ってる女の子の話です。
嬢は20代半ば。元気でにこやか、すごく女の子らしくかわいいゆうみちゃん(源氏名違います)。
Fカップのきれいな胸、腰がぎゅっとくびれててお尻がむっちり大きい見てるだけで愚息がはち切れるプロポーションの持ち主です。
身長もすらっと高くてモデルさんのようです。
僕の好みは小柄でかわいくて雰囲気の優しいコ(カラダはあまり気にしない)なのでゆうみは正直それほどタイプではなく、お店の紹介ページを見ても“あぁ、こんなコも居るんだ”くらいにしか思っていませんでしたが、写メ日記ってみなさんご存知でしょうか?お店の女のコたちが出勤予定を書いたり、お客さんにお礼をしたり、日常の思うところを綴ったりしてるアレです。
僕はあれを読むのが大好きなんですが、このゆうみちゃん、大変あれを書くのが苦手そう。
お店にある程度義務付けられてるんだと思うのですが、何か遠慮がちで今一つ彼女の雰囲気が伝わってこない。
僕のつたない経験で言うと、そういう日記を書くコってあまり仕事に自信が持ててなくって、そのうち辞めちゃう流れになってくことが多いような…。
こんなナイスバディの女の子が行きつけのお店から居なくなってしまうなんてもったいないっ!というよくわからない心配(?)からこの嬢を予約してみました。

“こんにちは!ゆうみです!”
とても元気。あれ?思い違いか?もっとおとなしい感じかなって想像していて拍子抜けです。
お部屋に一緒に入って自己紹介して僕の脱衣を手伝ってくれます。
脱いだ服もきれいにたたんでくれて、こんどはゆうみが脱ぎます。
ワンピースを脱ぐと生唾ごっくんの見事なプロポーション!すごい!触りたい!

“シャワーしましょ”
シャワー中に軽くキス。
背中を向けてくっついてきてくれて僕の手をゆうみの胸近くへ導いてくれます。
柔らかいのに重力に負けないすごく形のいい胸。
大きすぎず小さすぎないほどよい乳首に手の平をあてて石鹸の滑りを利用して優しく撫でます。
“あっ、…うぅん、はぁ…”
さっきまでとても元気に話していたのに聞こえないくらい小さな消え入りそうな声で喘ぎます。

ゆっくりやさしく揉んだりさすったりしてシャワーを終え、ベッドに移ってプレイ開始。
ゆっくり丁寧に全身を舐めてくれてフェラもねっとり。
ものすごくいい!“なんだ、大当たりじゃないかっ”
ゆうみが体をおこして僕に跨ってきました。
“騎乗位素股だな”と思い性器同士が密着するように体をずらそうとするとゆうみはどんどん僕のへその方へ体をずらしてきます。
“どうする気だ?”
僕は協力しないで彼女に任せてみました。
ちょっとここが表現しづらいのですが、読んでいただいてるみなさんで想像力を働かせてください。
彼女は通常の騎乗位素股よりやや僕のへそ側にずれた位置にいます。
上半身を僕に密着させるようにしてお尻を突き出し、そそり立ってる僕の性器の先端が彼女の性器に当たるようにポジションしちゃってるんです。
そのままお尻を上下させて僕の性器が先っぽで彼女の性器を縦に撫でてる感じにしてる。
わかりますかね?つまり、我々男が挿入直前に女性の性器の縦筋に沿って性器の先をこすり付けるのと同じ状態を彼女がやってくれてるわけです。
気持ちいいとかじゃなくって、いやが上にも挿入への期待感が高まってしまう。
“おぉ、このナイスバディちゃんといよいよ合体かな!”って思ってたらしばらくして乳首舐め、手コキに移行してフィニッシュ。
あれ?まぁ、気持ちよかったしいいか。

“なんかあった?”
終わったあとまったり腕枕してまだ時間があったのでおしゃべりしてる時に、ふと会話が途切れたので聞いてみました。
“え?”
“いや、元気いいコなのに写メ日記、元気ないコみたいな感じに見えたから…。思い過ごしだったらごめんなさい。”
“…。○○さん、優しそうだから…。聞いてくれますか?”

彼女は僕が入る半年くらい前からこの仕事に就いたようです。
3か月ほどして●番を強要する客に付きまとわれて怖くて3か月休んで久しぶりに復帰したんだけど、2週間ほどしたらまた別の●番強要客に因縁をつけられて、●番をしないとこの仕事は続けられないのかな、でも●番はしたくないなと考えていたら、写メ日記を見てる人がやっぱり●番を期待してお店に来ちゃうのかなと思うようになって何も書くことが思い浮かばなくなってきたと。
他の女のコはどうしているんだろう、私はむいてないんじゃないかな、とかいろいろ考えちゃってたと。
なるほど。

僕は一般的なお客さんと違うかもしれないけれど、フィニッシュするのが絶対的な目的ではないよ、雰囲気のいいコと時間内の疑似恋愛が楽しめればいいんだよ、●番はあくまでプレイの一種としか思ってないからゴックンできる人とできない人がいるのと同じだよ、など僕が思うことを伝えて、“僕自身としては今日初めてあなたに入ったけど、次もその次もあなたに入りたいって思ったよ。多分、またあなたを指名してお願いすると思う。”って言いました。
腕枕していたゆうみはしばらく僕を見つめていましたが、突然ぎゅぅって僕に抱きついてきました。
“…ありがとう、ありがとう…、あたし、○○さんのためにしばらく頑張れる…。うれしいよぉ…。話して良かった…・”

週に2回くらい出勤してるゆうみですが、しばらく彼女が出勤する日に全部入りました。
ある日なんかは仕事が終わるのがちょっと遅れて予約時間ぎりぎりになったのですが、クルマ飛ばして参上してすごく感謝されたり。
僕なりの“ねっ、あなたのファンっているんだよ”の体現でした。
“○○さんだけよ”っていうムフフのサービスもあったりするので、まだまだやめられない嬢ですが、最初のころの皆勤賞は僕の善意だったということも理解してくれていて最近は時々でもすごく良くしてくれます。
固定のファンも結構付いたようで、今は自信を持ってお仕事できるって言ってます。
そういえば写メ日記も最近面白くなってきたような。
でも時々“ねぇねぇ、聞いて!この前のお客さんがね、ひどいんだよ…”って僕が入ったときに言ってくるのは相変わらず。
でもお話を聞いてあげるとすっきりするのか、プレイですっかり乱れまくってくれて“あぁっ、…○○さんの優しい手…、もっと、もっといじめて……、○○さんにだったら何されてもいいのっ…”っていうあのパターンは何回やっても興奮するなぁ。
これからもよろしくデス。

タグ:
いいね!
いいね!30
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
Loading...
写メ日記の内容と現実とのギャップから嬢の苦悩を聞き出し、悩み解消へ導くとは素晴らしいですな。見習いたいところだけど、おいらが写メ日記を見るときは嬢の写真しか見ないので、写メ日記から嬢の苦悩を察してあげるのは難しそうだな(^^;
【中出し倶楽部】中出し好きな人にオススメ!中出し体験談多数掲載!!
長い舌の方ご存知ですか?  五反田エリアのおすすめ風俗...  ハマった風俗嬢から脱出する方法  目黒の風俗  この親不孝者さんのファンです  巣鴨ピンサロ  セクキャバ  パネル指名の選び方  指名の条件  中出しした時って 
投稿No.4768
投稿者 ぶっちん
掲載日 2018年4月14日
上海に住んでいた10年ほど前の話。

中国の町にはマッサージ屋が溢れていて、完全に真面目なもの・基本的に真面目だけど個人的関係次第で発展の可能性がある・最初からやり目的の店、と3つのタイプに分かれます。
僕は気に入った女の子と時間を掛けて関係を作っていく過程を楽しむのが好きだったので、2番目のタイプの店によく通っていました。

そんなある店で知り合った中国の北部からやってきたという王ちゃんという女の子は色白黒髪の巨乳。
初めて会った時から気に入って、2回目にてこき誘導に成功、1か月くらいでフェラチオもクリア、そして顔射とハードルをあげて行き、3か月目についにアナルセックス(中国語で肛交といいます)挑戦にまで持ち込みました。

「肛交可以亨?」
「試試看頑(試してみましょ)」

彼女を四つん這いにさせ、唾で濡らした指をゆっくり入れていきほぐれた処で挿入にトライ。
実は自分にとっても初のアナル挑戦で入るかどうか自信なかったけど少し角度を調整したらするっと入っていきました。
ピストンの後中出し。
どうだった?と聞くとにっこり笑って「うーんなんかお腹がパンパンになるような感じだったよ」と答えてくれました。

直腸に生のペニスが締め付けらる感じが病みつきになりその子とはその後も何度かアナルを楽しみいつも中出しか顔射で締めました。
目から鼻にかけての三角ゾーンめがけて精液をぶちまけ、溜まったザーメンで目が開けられずに苦しそうな表情をしていた、川村ゆ〇えによく似た王ちゃんの様子を今でも時々思い出しておかずにしています。

タグ:, ,
いいね!
いいね!15
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
Loading...
交渉の末、顔射やアナルセックスにまで持ち込むとは、頑張りましたな。といってもブサイクな娘に顔射やアナルセックスをキメても、有難味は薄いからね。お相手の王ちゃんが、川村ゆ〇えによく似た美人さんというのがGOODです。
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!! サクラのいない出会える優良出会い系サイトを紹介しています!!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!!
サクラのいない出会える優良出会い系サイトを紹介しています!!
【中出し倶楽部】中出し好きな人にオススメ!中出し体験談多数掲載!!
投稿No.4757
投稿者 茶柱折れた
掲載日 2018年3月30日
昔話です。

繁華街のラーメン屋の前で待ち合わせ。いつもの場所。
「予約したよ」と連絡は入れてある。
「久しぶり!」
「やあ、元気?」
もうすっかり顔なじみ、というか、なんだか仲良し。
あれ?、ちょっとお疲れ?な感じ???
「ホテルどこいく~?」
「どこがいいかな?」
「う~ん・・・」
「・・・もしかして、おなかすいてる?」
「・・・ちょっと」
「じゃあラーメン食べよっか」
「うん!、行こう!、やったー!(喜)」
雰囲気でなんとなく分かる。
で、軽くメシを食ってからホテルへ。

エレベーターで激しくベロチュー開始。
部屋に入るとそのままベッドへなだれ込み、抱き合いながらお互いに激しく唇をむさぼる。
ラーメンとは違う理由でカラダが熱くなってくる、その温もりを楽しみながら、シャツを脱がし、ブラを外すと形の綺麗なEカップがこぼれおちる。
店のプロフにも「スリムでボイン」と、なんとも直球なご紹介が書かれているが、形と感触が最高のおっぱい、それに加えて、何と言うか、さわり心地の良いカラダで、スリムなのにムチムチしている。

むしゃぶり付くと、いっそう吐息が荒くなる。
おっぱいを弄繰り回しながら、もどかしく自分の服を脱ぎ、次にスカートとパンティを剥ぎ取っていく。
そうする頃にはまだ触ってもいない下のほうも既にヌルヌル状態、我が愚息も準備は整っている。

勢いで上になり、愚息を押し当てると
「まだ咥えてないよぉ・・・」
「いいの、こっち・・・」
そのままゆっくりと暖かい感触を楽しみながら、徐々に深く差し込むと、娘は大きな声を出して喘ぎだす。
ゆっくりと出し入れしながら感触を楽しみ、お互いのカラダを弄り合う。
「あ~、いっちゃいそう」
「まだダメだよ」
「あぁ~ん、もう我慢できないよぉ・・・」
「ダメだよ!」
と言いながら、逆にピストンは早く激しく。
「いゃぁ~、ダメダメダメェ~!、いっちゃうよぉ~・・・」
「まだダメだよ、まだ我慢して・・・先に自分だけいっちゃうの?」
「ダメェ~、あっあ、あぁ~、いっちゃうぅぅぅ~!!!・・・」
一瞬「ビクン」と硬直したあと、グッタリと全身の力が抜けて、吐息が「ハァハァ」と荒くなっている。
その動きに合わせて腰の動きを調節しながら、一旦ゆっくりと止まる。

「いっちゃったの?」
「・・・」
「ダメって言ったでしょう?」
「・・・ゴメンなさい」
時折カラダをピクンとさせ、ハァハァと喘ぎながら、会話を続ける。

「じゃあお仕置きだよ、次は良いって言うまでダメだからね?、ちゃんと我慢できるかな?」
「ハイ・・・」トロンとした目で答える・・・、なんともエロイ光景。
何がお仕置きなのか?、意味が分からないが(笑)、そう言いながら、また腰を動かし始めると
「あぁぁ~、もうダメェ~、気持ちいいぃ~」
再び激しく悶えはじめ、カラダを仰け反らせたりシーツをつかんでクシャクシャにしながら快感に悶えている。
さっきよりも激しく腰を振り、緩急をつけて存分に膣の感触を楽しむ。
程なくして
「あぁぁん、、、もうダメ、もうダメ、ダメェ~~~ェ!!!」
「まだダメだよ、我慢するって約束したでしょう?」
「ああぁぁぁ、もうダメェ~、死んじゃうぅ、助けて、助けてぇ~~~・・・」
一回目より更に激しく長い間全身が硬くなり、やっとその緊張から解けてグッタリしながら「ハァハァ」と喘ぎ、時折ビクン、ビクンと。

その様子をじっくりと楽しみながら見下ろし、少し呼吸が少し落ち着いたところで
「ダメって言ったでしょう?、約束が守れなかったから、またお仕置きだよ(意味不明)」
「・・・」
「どうしたの、こんどはどんなお仕置きがいいかなぁ・・・」
「・・・いってない・・・」
「えっ?」
「・・・いってないモン・・・」
「いってないの???」
「いってないモン・・・」
なんともかわいいですなぁ~。
「じゃあまだ続けても大丈夫だね?」
「・・・(少々困り顔)」
またゆっくりと動き出すが、もはや敏感を通り越している状態なので、
「あぁぁ~、もうダメ、助けて~、助けてぇ~!!!・・・」
と直ぐに3回目の絶頂に。

そろそろワタシもちょっと疲れたので、いったん休憩。
娘は横でピクピクしているが、ベロチューで唇を舐めまわす、カラダは非常に敏感になっており、ほんのすこし乳首を触っただけで「あうっ、ん!」と反応するので面白い。

お互い呼吸が落ち着いたところで、ワタシがソファーに座り、フェラを開始。
喉の奥まで届くような深いフェラを十分に堪能して射精感が高まってきたところで再度ベッドに移動して最後の挿入。
程なくして発射態勢が整ってきた。
「そろそろ出そうだよ」
「はやく来てぇ!、頂戴!」
「どうして欲しい?」
この娘は中田氏OKなんだが、ワタシはカラダに掛ける方が好きなド変体なので・・・(笑)
「好きにして・・・いっぱい出して下さい」
「じゃあおっぱいに出すよ」
「うん、いっぱい掛けて、あったかい精子で汚して下さい・・・」
出る直前に抜いておっぱい目掛けて大量に発射!、この娘も嫌いじゃない方で、ピクピクしながらも、出たモノを弄くりながらご満悦な様子。

ティッシュで処理してからは、ベッドで抱き合いながら温もりを楽しみます。
ウトウトしているとタイマーが。
シャワーして髪を整えたら、じゃあまたね、ってことでエレベーターでベロチュー。

「今度はいつ来る?」
「う~ん、分からないなぁ・・・」
「もうっ、バカ、意地悪・・・」
「メールするよ」
「うん💙」

本人曰く本番するのは私だけだそうだが・・・、そんなことは・・・。
出勤が少ないせいか、完売していることも。
反対に、「今日出てるんだけど超ヒマ! 来てくれる?」なんてメールが来ることも・・・。
なかなか良い女の子だった。
飽きっぽいワタシにしては珍しく長くは続いたな。

タグ:, ,
いいね!
いいね!25
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
Loading...
『コンビニの前で待ち合わせて、嬢と一緒におやつを買ってからホテルへ』というのはありそうだけど、『ラーメン屋の前で待ち合わせて、嬢と一緒にラーメンを食べてからホテルへ』というのは珍しいですな。さすが、すっかり顔馴染みで仲良しの嬢というだけありますな。
【中出し倶楽部】中出し好きな人にオススメ!中出し体験談多数掲載!!
投稿No.4755
掲載日 2018年3月27日
年上大好き!です!
私のお気に入り熟女達との3Pが実現しましたので投稿します!
今回は嬢が2名いますのでバストのサイズでわけます。
1人目がG嬢2人目がH嬢とします。

約束した日まで禁欲をしてインターネットで人気のある性力剤を購入し更に精のつく食材を多く食べその日を待ちます。
当日車で嬢2人を迎えに行きコンビニでお菓子やジュースを調達してからラブホに迎います。

部屋に入るとG嬢が
「みんな服を脱ごう!」
と言い服を脱ぎ出します。
私とH嬢も続き服を脱いで3人で大きめのソファーに私を真ん中にして座り机にお菓子を広げ世間話をしながら食べ始めます。
少しするとG嬢がポッキーを咥えてこっちを向き
「ポッキーゲームしよう」
と言ってきたので反対側を咥えるとG嬢が食べ始め自分もそれに続き反対側から食べ始め最終的に2人ともポッキーを離さないので唇が当たりそれを合図に舌を入れてDキスをします。
それを見ていたH嬢が
「ずるい!私もやる!!」
と言って小さいドーナツの輪っかの部分に乳首を入れて
「召し上がれ!」
と言い私の口元にドーナツ付きの乳首をもってきます。
私はドーナツを優しく噛んでそして乳首をしゃぶります。
「ああん!感じちゃう!!」
感じているH嬢を見ていたG嬢が
「今度は私も!!」
とお互いに張り合いながらどんどんとエッチなお菓子ゲームが繰り広げられました。

お菓子が尽きかけてきて次はどうするかなと思っているとH嬢が
「長くて太いアイスキャンディーを発見!」
と私のギンギンに反り立った息子をパクっとしゃぶりついてきました。
「アッ!それ私も狙っていたのに!」
とG嬢が悔しがりますがH嬢はお構い無くフェラを続けそして無事H嬢の口の中に発射しました。

H嬢は精子をゴックンと飲み込み
「このアイスキャンディー白くて苦い液体を発射したよ!それにこの白い液体を飲んだら更にエッチな気分になっちゃった」
と言い私の息子に股がろうとするとG嬢が
「しゃぶるのは先そっちがやったんだからセッ◯スは私が先!」
と言いながらH嬢より一歩早く私に股がってきて
「今度は私の下の口に白くて苦い液体を発射して!!」
と私の息子を自分のま◯こに挿入してきました。
対面座位の格好になりながらお互い腰を振り最後はキスをしながら中に発射しました!!

「あぁ~!幸せ!!」
嬢が息子を抜くと嬢のま◯こから精子が出てきそうになり
「もったいない!」
なんとH嬢は下からG嬢の割れ目を舐め始めます。
「ちょっとイッタばっかりだから…アンッ!!舌を入れないで…」
正直初めて見ました。
女性同士の絡みまだまだ序の口かもしれませんがとても興奮しますね!

そんな一幕もありましたが流石に連続2発だったので少しのインターバルを挟みお次はお風呂へと移動します。
今回は奮発して自分がよく行くラブホにある部屋の中で1番高級な部屋を選んだ関係で露天風呂付きの部屋となっており空から丸見えというわけではありませんが屋上にお風呂があります。
しかも周りの壁は所々スケスケで下手をすれば隣のビルから見えるんじゃないかと思えるぐらいです。
そんな中3人で仲良く洗いっこをしてから浴槽に浸かります。

露天風呂に浸かっているとH嬢が浴槽から出てスケスケの壁に手をつきお尻を振りながら私を誘惑してきます。
私もそれに答えるべく浴槽から上がりH嬢のお尻を掴みバックで息子を挿入します。
「どうしよう!横のビルから見られているかもと想像すると凄く興奮する!」
H嬢はけっこうMなところもあるようで只でさえ名器なのにいつもより更にま◯この締まりがよく腰を振るたびに幸せを実感できます。
そして中に発射しそのまま小さくなる迄待ちます。
小さくなったのを確認してから抜き浴槽に戻るとG嬢が
「人がハッスルしているところを始めて見た性でまた興奮してきちゃった!」
そう言うと私の横から息子を掴みお湯の中で手コキをしてきます。

ある程度大きくなると先ほどと一緒で対面座位の格好で挿入してきて
「このまま立ち上がって駅弁やってみない」
と言われたので立ち上がり対面駅弁を決行してみました。
駅弁と言うと疲れる印象がありましたが体勢が良かったのかあまり疲れずとても気持ち良くできました。
G嬢も
「駅弁もいい!あなたの息子がいろんな角度から突いてきて気持ちいい!!」
と大好評でした。
そして中に発射しキスをしながらゆっくりと腰を下ろし座りました。
ですがG嬢が中々息子を抜いてくれません。
「Hちゃんじゃないけどもう少し息子の余韻に浸りたい…」
そう言い私を抱きしめました。

お風呂から上がりH嬢の膝枕で休憩しているとG嬢が
「ご奉仕しま~す!!」
とメイド服にコスプレして現れます。
H嬢はその姿を見て
「すごーくエロくて似合ってる!」
とG嬢を誉めており
「私もコスプレする!」
と言って着替えに行きました。

G嬢のメイド服はビキニの水着位に布面積が少なく正直おっぱいが豊満な為なんとか乳首から下が隠れているという状況で少し動けばポロッと出てきそうです。
H嬢の言うとおりとてもエロくて似合ってます。
そんな事を考えていたので息子が元気を取り戻しいつでも臨戦態勢となりました。
それを見てG嬢が
「ご主人様の息子が元気になったってことは私変じゃないってことですか?」
とメイドの口調風に言い私はそれを肯定するとG嬢が嬉しそうにお礼を言い、そして
「ご主人様の元気な息子を気持ち良くしていいですか?」
と聞いてきたので了承すると
「それではご主人様失礼致します」
と言いG嬢は69の体勢で私の息子をしゃぶりはじめます。
私も負けじとG嬢のま◯こに指を入れクンニします。
「アンッ!ダメです…ご主人様…このままだと…私が気持ち良くなってしまい…ご主人様にご奉仕できません…」

そんなプレイを楽しんでるとH嬢がこれもまた布面積が少ない白色のマイクロビキニを着て現れ
「私も混ざる!!」
と言って枕元に来て
「ねえ、見てて」
と言ってローションを手に取り水着の上からローションを塗りはじめました。
そうすると水着が透けてきて桃色の乳首が見えてきました。
その艶かしい光景を見ていると
「アンッ!ご主人様今は私とプレイ中なんですから他の女性で息子を更に大きくしないで下さいよ~」
と言い更に息子を念入りにしゃぶりました。
そうすると今度はH嬢が
「◯◯◯さんばかりずるいですよ~」
と言い私の顔の上に股がり水着をずらし
「あなたと◯◯◯さんのプレイ声が向こう迄聞こえてきたからこんなにグチョグチョになっちゃったよ」
と言ってから私が苦しくないように加減しながら顔面騎乗をしてきました。
確かにH嬢の割れ目からラブジュースが大量に出てきており舌を入れると更に溢れだしてきました。
G嬢のま◯こをクンニしたりH嬢のま◯こを舐めていたりしていると自分の息子も限界を迎え発射する事を伝えるとG嬢が
「ご主人様私の口の中にどうかご主人様の精子を下さい!」
そう言われたのでG嬢の口の中に発射しました。
「ありがとうございます!ご主人様!◯◯◯は精子を貰えて幸せです!」
と言いゴックンと精子を飲み込みました。

「今度は私ね!!」
と言いながらH嬢は私のまだ大きくなってない息子の上に股がりそのまま騎乗位で挿入し腰を振ります。
H嬢が腰を振ると名器に加え私の目の前でたわわに実ったおっぱいがプルンプルンと揺れるのでH嬢のま◯この中で息子がたちまち元気になりそれを感じたH嬢が
「ち◯こが私のま◯この中で大きくなって私の弱点を突いてくる~!」
そして中に発射するとH嬢が私の方へ倒れこみ2人で余韻に浸っているとG嬢がH嬢のお尻を持ち上げて息子を抜きます。
H嬢が
「待って…まだ余韻に浸りたいから…待って」

正直2発連続で発射したので少し休みたいところではあったのですがG嬢が構わずそのまま同じく騎乗位で挿入してきます。
「ご主人様私が腰を振るから頑張って下さい!」
そして時間はかかりましたがG嬢の中でなんとか大きくなると
「私ご主人様の元気なち◯こが大好きです!」
そのまま少量ではありますがG嬢の中に発射します。

流石に3人とも疲れたみたいでそのままベッドに倒れこみ体力の回復を図ります。
そしてちょっと遅めの昼食をとっているとG嬢が意を決したように私に告げます。
「私、風俗止めようと思うの」
そう言うとH嬢もそれに続き
「2人で話していてね。正直ね、あなたに出会ってからね他の男性からの評判が悪くなったって店長に言われてね。もちろん本番も一切やっていないよ」
そうするとG嬢も
「私もやってないわよ。というかあなた以外とやりたくないしね。それで2人でもう今月限りでやめます。って店長に言ったの」

正直爆弾発言でした。
でも2人共今は風俗以外の働き先を探していると言っていますし2人から今後もこの関係を続けていきたいとお願いもされたので私は了承しこれからもよろしくお願いしますと言いました。
そうしたらH嬢が
「お堅い話はこれくらいにして昼食も食べたし続きしよう!」
と言いG嬢と一緒に私の手を取りベッドへと連れて行きそのまま3人とも疲れて立てないぐらいセックスをしました。

この2人との関係はこれからも続きますしまた投稿できるような体験をしたら投稿しますのでよろしくお願いします。

タグ:, , , , , , , , ,
いいね!
いいね!25
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
Loading...
二人の嬢が自分のチ●コを我先にと取り合うさまは、まさに3Pの醍醐味!興奮ですな!! それにしてもこの二人の嬢が風俗を卒業し、年上大好き!さんとプライベートでの関係をお願いしてくるとは、驚き&ラッキーなでしたな。ただ、風俗店を通さないとなると、もう風俗体験談ではなくなっちゃいますな(^^;
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!! サクラのいない出会える優良出会い系サイトを紹介しています!!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!!
サクラのいない出会える優良出会い系サイトを紹介しています!!
【中出し倶楽部】中出し好きな人にオススメ!中出し体験談多数掲載!!
投稿No.4750
掲載日 2018年3月14日
初めての投稿です。
素人童貞で船乗りである私は下船し帰宅途中、休暇初日はソープ行くぞと意気込み情報サイトを物色していた。
昼の時点で今回の乗船前に1度遊んだことのある新人だった可愛い10代のJDは休みだったが帰宅後もう一度確認してみるとなんと出勤になっていた。
善は急げと思いすぐにラスト枠110分の予約を入れ、ワクワクで床に就いた。
当日になりギンギンになった下腹部のテントを隠しながら店に向かった。

入店後ボーイに名前を告げ狭い待合室で悶々としながら待っているとすぐ呼ばれた。
嬢とご対面すると指定したコスプレを着ておりただでさえ可愛いのにコスプレもあいまってキュン死しそうだった。
なんと1度しかも数ヶ月前に遊んだのに「あっ!おっぱい船員さんだ!」と私のこと覚えていたのです。
なんでも船乗りで下のお口よりおっぱいが好きだと言いながらおっぱいのことを揉みまくっていたことが印象的だったらしい。
そんなことを言った私は覚えておらずビックリしたのだった。

その日は数十年に一度の大寒波が日本を襲っており寒く、ソープが入っている建物は古く、暖房がフル運転でも部屋は寒かった。
嬢は「寒かったでしょ?早くオフロに入ろ」と言い服の脱ぎ合いっこして楽しみ、私がブラを外すとたわわに実ったFカップの見事な美しいおっぱいがぷるんと出てきたのです。
すれ違いざま見られるのでおっぱいを小さく見せる為にパッドを外しているみたいなので外す前と後のギャップにコーフンし愚息がフルボッキしたのであった。
オフロに入っていると突然「今日もバイクで来たの?」聞いて来た。
私がバイクに乗っていることも覚えておりちょっと恋心が芽生えてしまった。

ラスト枠ということもあってかかなりリラックスしておりその日フリーで入った嫌な客の話をして来た。
その客がスパンキングをしてきてお尻が真っ赤になったらしくプレイ後NGにしたらしい。
私にどう思う?と聞いて来たので嫌ならその場で言わなきゃだめと言ったが真っ赤なお尻を想像してしまい、収まっていた愚息が大きくなってしまい案の定嬢は気づき上目遣いで「叩きたいの?叩いてもいいよ」と言ってきたのだった。
ヘタレ紳士な私は叩きたいけど叩いたらかわいそうだし調子に乗って叩きすぎてNGになるのがいやだと言うと寂しそうに「わかった」と言った。

そんなこんなでお互いの恋愛観、恋人など他愛もない話をしているとかなり時間が経っており早くエッチしよ言ってきた。
バスタオルで体を拭いてあげて股を触るとヌルヌルした蜜が出てきたので見せてみるとかなりはずかしがって顔を赤くしていた。
私の中に眠っていたS心が目覚めてしまい言葉責めを楽しんだ。
フェラからの69をしたあと、おっきいのが欲しいと言い騎乗位でおもむろに生で愚息を蜜壺に入れたのだった。
これがこの娘の生の感触かぁと思いつつゴムを着けないのかと聞くと「着けるよ」と名残惜しそうに愚息を抜いたのだった。
ゴムを着けてプレイ再開しバックから突いてと欲しがるのでバックでフィニッシュした。

何で生でしようとしたのか聞くと生理明け&両思いだと確信したらしく妊娠したらしたで既成事実ができればいいと思ったらしい。
安全日だからと言って10代学生で本当に妊娠したらどうするのか?自分は社会人で君の事が好きになってしまったから責任は取りたいけど私は1年の半分以上は海の上おり必要な時には仕事でいないから安易にそんなことしてはダメだと説教すると泣き出し「私のことを心配してくれてありがとう」と言い笑顔になった。
それからは風俗嬢から普通の女の子の感じになった。

イチャイチャしながらシャワーを二人で浴びて10分前のコールがなり、お互いのLINEを交換、船の現在地がわかるホームページを教え、デートの約束を取り付け退店した。

タグ:, , ,
いいね!
いいね!40
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
Loading...
お目当ての嬢が自分のことを覚えてくれていただけじゃなく、男として好意を持っているような発言をしてくれたのが嬉しいですな。風俗嬢との約束はドタキャンが多いので油断はできないけど、この嬢とのデートが上手くいくよう陰ながら祈ってます(^^)
1 2 3 4 5 6 9
  • ご利用は各自の責任でお願い致します。(実際に活用できる情報としてではなく読み物としてお楽しみください)
  • 諸事情により割愛やぼかした表現で掲載している場合があります。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)