風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!ユーザー参加型風俗サイト!!

投稿No.4903
投稿者 俺でーす
掲載日 2018年12月12日
俺は既婚者で44歳。
カミさんとの行為は数年前から自然消滅w
その頃、悪友から風俗体験を聞いて興味本位で行ってからハマってしまったw
貧乏だから月に0~2回程度だけどねw

ギャンブルで少し勝った翌日。
仕事帰り、デリのオキニ嬢(有り)を呼ぼうと思ったら休み。
新規開拓しようと店のHPや情報サイトをみて嬢を選んでいた。
風俗掲示板の某店の嬢の情報が気になったので、老舗店だが使った事無い店を思い切ってチョイス!

その情報は…
美人でテクニシャンだが無し
良い子だが無し
無しでも楽しい良い子
彼氏以外は絶対無し
デカい
掲示板の話なんで有無は全くあてにならないが、良い子で上手いと言う書き込みが多い。
そんなに上手いなら会ってみようと思い予約した。
仮にユキさんとしておく。
24歳 T164 B91(Eカップ) W61 H95
新人

ラブホのチャイムが鳴り 出迎える。
ドアを開けると
「はじめまして○○○○○のユキです」
自己紹介の後軽くお辞儀。
目がぱっちりした真っ黒な黒髪で小顔。
某女子アナの○トちゃん系だが身長が結構ある。
たしかにデカイ。
大女は身長を若干下げて公表するらしいですね。
俺173cmとそんなに変わらないw
170近いと思う。
でも可愛い顔とタイトな服の上からでもわかるナイスボディ!
どうぞと中にいれた。
2人の靴を揃えて途中バスルームに寄って給湯。
ニコニコ微笑んでたわいのない話をしながらカバンから商売道具を出して時間とOPの有無、料金の説明と確認。
料金を払うとすぐに 店に一報。
「じゃあ、お風呂いきましょ!」
ささっとセルフ脱衣して風呂へ。
全く無駄の無い動き。
俺も脱いで風呂へ。

セミロングの黒髪をクリップでアップにしてイソジンを差し出すユキ。
真っ先にオッパイに目が行った。
ユキは色白でロケットオッパイ系!
薄い茶褐色の乳輪と乳首は少し大きいが、全くと言っていいほど垂れていない。
パンっと張っている。
「ユキさん美乳だね!みんな言うでしょ!」
「ありがとうございます」
肋骨がちょうど透けない肉付きのウエスト。
腹もほぼ出てない。
いい感じのくびれ。
本人は もう少し痩せたいと言っていたが問題無し。
ケツも大きいが垂れていない。
歩くとプリプリする。
足が長くて足首が細い。
見た目はばっちり!

ラブホのスポンジを泡立てて丁寧に優しく俺を洗うユキ。
チンポは素手で丁寧に。
バッキバキに勃起した。
泡を流してイソジンフェラ。
童顔のユキが上目遣いでパクリ!
24歳は少し無理があるw
30まではいかないと思うが可愛いからok!
チンポがスースーして気持ち良い!
勃起しっぱなしw
洗面器にお湯とボディーシャンプーを入れシャカシャカ泡立てて泡をすくって自分に塗って立ったままボディー洗いと立ちバック素股を少々。
「後はベッドでまっててね!」
客の扱いも上手い。
後に聞いたがこの店では新人だけど業界初では無いと言う事でした。
通りで段取りが良い。

ベッドで待ってるとバスタオルを巻いてハンドタオルを持ってすぐに来た。
時短も無し。
「お客さん、明かりどうしましょう?」
「任せるよ」
照明のボリュームを少しだけ暗くした。
ユキはそのまま俺に被さって来て
「キスしてもイイ?」
俺はキスが苦手な嬢もいるので聞くけど嬢から聞かれたのは初めてだ。
「ユキさんなら大歓迎だよ!」
「ホントかなぁ?ウフフ!」
俺の唇を見つめながらキスしてきた。
チュッチュと小鳥キスから下唇を軽く吸って舌でチロチロ。
俺も舌を出すと積極的に舌を絡めてくる。
そのタイミングでチンポに手を伸ばしてシコシコではなく金玉のうらから鈴口までナデナデ。
焦らすねーw
片手をチンポ、片手で乳首をカリカリしながらの全身リップ。
首筋、鎖骨、大胸筋、脇の下。
「脇の下舐められたの初めてだよ」
「そう?くすぐったい?いや?」
「ちょっとくすぐったいけどイヤじゃないよ、ザワザワしたよ」
どんどん下に舌をすすめる。
腹筋、脇腹、ソケイ部、チンポを飛ばして内ももからチンポに向かう。
俺を軽くM字開脚してアナルギリギリ(A舐めはOP)から舐め上げる。
竿をしごきながらお稲荷さんをパクリ!
玉を片方ずつカポカポ。
あぁー幸せw
舌を尖らせて玉から鈴口まで裏筋を数往復。
股間は彼女のヨダレだらけw
我慢汁がドクドク出てるのがわかる。
俺「あんあん声出ちゃったよw」
ユキに可愛いって言われたw
玉を揉みながら竿をゆっくりシゴいて唇がカリに 引っかかるようにカポカポしながら鈴口を舌先を尖らせてチロチロ。
勃起を継続させてなおかつ射精しない程度のスピード、上手い!
ギリギリ我慢出来るがこのままでは出てしまう。
「ねぇ、ユキさんのも見せてよ」
「69?」
ユキはシャブリながら俺の顔をまたいだ。

彼氏がいるので極端な処理は出来ないとパンツからはみ出ない程度の自然な陰毛。
マンコの横もケツ毛も自然にある。
俺、普通っぽいの案外好き。
ユキのマンコはデカイ!
ガバガバとかじゃなく端から端までの面積が大きい。
両手で開くと具も大きく医学書の図解のように大陰唇、小陰唇、クリトリス、尿道口、マン穴がハッキリわかる。
theマンコって感じw
初心者にも安心w
特に異臭やオデキも無くクンニ開始。
お楽しみは後回しにして陰毛から左右のソケイ部と大陰唇を舐め回す。
数回に一回クリトリスを刺激すると吐息を漏らした。
いよいよクリトリスを皮ごとクルクル集中的に舐めまわす。
マン穴とアナルに軽く指当てて少しずつ指を動かす。
「あっ!お尻だめ!」
「触るだけ指入れたりしないよ」
「あん!気持ち良い!」
ひたすら同じペースで攻める。
マン穴に当てた指がヌルヌルしてきた。
少しだけ入れてクチャクチャ音を出す。
「濡れてきたね…」
「アンアン……」
マンコをいじる事に神経を集中してチンポの刺激から気持ちをそらす作戦w

ふと素人投稿のエロ動画の手マンを思い出した。
ご主人様がマンコをアップで撮って指の動きを解説していた。
ポルチオ系の刺激を与えるらしいが普通のAVでは見た事が無いやり方。
俺はユキに実践してみた。
これが大ハマり!
痛くないか聞きながら少し強めにしばらくその場所を刺激する。
始めは変な感じと言ってたが息が荒くなってきた!
手コキもできなくなり声が大きくなってきた!
「アァーー!いや!なんか変!ダメ!ダメェ~!」
マン穴が全体的に ぎゅーと締まった。
腹の中で何かが動いているようにアナルとマンコが何度も隆起を繰り返しマン汁がたくさん出た。
ユキはべたっと俺の上にうつ伏せになってハアハア。
ケツと太もものプルプルが止まらない。
風俗嬢のSNSとか見ると客のクンニや手マンじゃイッた事無いとか感じない、全部芝居とか書かれているが、途中からマン汁を沢山出したり内臓を動かす芝居も出来るものなんだろうか?w
ユキも動画の女のように時々ピクっと痙攣してた。
俺は止めた手をまた動かす。
次の絶頂まではすぐだった。
プルプル!ガクガク!
ユキは
「お願い、もう許してぇ」
「じゃあ、素股してよ」
「少し待って…ハアハア」
「仰向けになってよ、正常位素股なら少し楽でしょ」

ユキを仰向けにしてマン汁でベタベタの陰毛の上に勃起したチンポを乗せハンドタオルに包まれたユキのローションを借りて塗る。
ユキの右手を取ってチンポをつかませてゆっくり腰を振った。
「お客さん ゴメンね、私ばかり気持ち良くなって…」
「まだ時間あるから頑張ってよw… あのさー、ちょっとお願いあるんだけどぉー」
「えっ?……お客さんステキだけど…彼氏以外はしないの…」
掲示板通りの回答。
ホントに 無しなんだ…
まあ、無しで元々と思っていたし別の目的があった。
「アハハ!残念だけどそっちじゃないよ!」
「?」
「俺さぁ、歳なのかなぁw 最近エッチの体位変える時、萎える時あるからAV男優みたいにチンポ抜かないで上手く体位変える練習したいんだよw 素股で良いからちょっと付き合ってよw ダメかな?」
「良いわよw」
俺は内容を説明する。
正常位、横バック、バック、ロールスロイス、一回抜いて正常位
しみけんさんのパターンw
スマホでストップウォッチを始動してスタート!
正常位で腰を振った。
思わぬ展開!
ユキはさっきの手マンの影響で敏感になっていた。
クリトリスに竿をこすると本番さながらにアンアン喘ぎ声を上げすぐに絶頂を迎えた。
「?ぅっ!イクッ!」
そのまま続けるとまた数分でピクピクガクガク。
俺は片足を肩にかけてピストンしてその後ユキを横にしながら俺も後ろに横になって横バック。
ここまでは普段でも出来る。
横バックは楽なのでクリトリスを触りながら数分続けると ユキはまた絶頂!
ピクピクガクガク!
「うつ伏せにゆっくりなってお尻少し上げてて」
ユキをひっくり返そうとした時
「あっ!手から抜けそう!もっと押し付けてて!」
ナイスフォロー!ユキw
寝バック素股になったがアナルに入りそうで危険だ!w
「ゆっくり四つん這いになってょ」
ユキがお尻を上げるのに合わせゆっくり片膝を立てバック素股になった。
ユキはクリトリスに亀頭を強く押し付けてまた絶頂。
ピクピクガクガク
ユキの足を片足づつまたいで片手を後ろに引っ張って、もう片手は俺のチンポを掴んでいるので肩を引っ張って、俺の股の間でチンポの上に正座させるカタチにどうにかなった。
ベッドの反動を利用してカタカタと高速で動く。
大体やり方がわかった。
ここから正常位は流石に一回離れて元に戻る。
結構疲れたw
「ユキさん、大体わかったから最後上になってよ!」
手を引っ張って俺が仰向けになって騎乗位素股。
これが抜群に上手い!
少し体を後ろに倒して亀頭が陰毛の中で小陰唇にはさまれる様子を見せつける。
エロい上目遣いで腰を滑らかに振る。
ヤッてるのとも違う。
押さえている手の力具合と腰の振りが絶妙!
最初からこれやってたらもう出してたよw
「ユキさん、もう出そう!気持ちよすぎ!」
「私も気持ち良いよー!」
「ダメだ!アッアッ…」
腹の上にたくさん出た。
ストップウォッチを止めた、
「凄いね!沢山出たよ」
ユキさんはチンポと腹の上の精子を丁寧に拭いた。
チンポを拭いてすぐに鈴口を吸いながら尿管をシゴいて精子を吸い出した。
気持ち良すぎてザワザワ鳥肌が立ったw

うがいしに行って時間までまったりおしゃべりタイム。
「練習になりました?」
「大体雰囲気わかったよw」
「奥さん?彼女さんかな?上手くいくと良いですね…」
俺に解禁してくれてるオキニ嬢でーすとは言いづらいので
「カミさんとユキさん以外のどっちかの誰かだよw」
「フーン…お客さん上手いからその人大変だねw」
「俺、上手い?人と比べた事無いからわかんない」
「上手いと私は思いますよ」
「ユキさんが言ってくれるなら信じるよw」

スマホのストップウォッチを見ると23分数秒。
「このぐらいがんばったらもしユキさんなら満足してくれる?」
「好きな人なら充分だよ!半分でも良いわw」
十分前アラームが鳴り風呂で綺麗に丁寧に洗ってもらった。
勃起したら出そうかって言われたけど時間かかったら迷惑と思い、この次まで取っておくといった。
部屋を出てロビーで別れる時、ありがとうごさいましたと頭を下げて大きくバイバイして行った。
本番無しでも充分満足した。

数週間後、オキニ嬢にあって練習の成果を試した。
多少、不自然な動きもあったがなんとかバックまで抜かずに体位を変えた。
「AVみたい!凄い!」
ロールスロイスまで我慢出来なかった(残念)
ちなみに例の手マンはオキニにはあまり響かない。
お腹気持ち悪いって言われた。
人それぞれだから一概にこれが良いとは書けないので、ユキさんの話でも手マンの内容は割愛しました。

それから数週間後、ユキさんの出勤を発見。
濃厚なプレイを堪能しようと 予約。

ピーンポーン!
ドアを開ける。
「あっ、お客さん!指名ありがとうごさいました」
どうぞと中へ。
少し髪を切ったかな?
「ん?少し髪切った?」
こういう事は気がついたら言った方が話が続く。
「わかりますぅ?先週切ったんですよ、ちょっと失敗しちゃってw」
「全然大丈夫!元が可愛いから大丈夫だよー!」
「ホントですか?」
料金をサッと払う。
「90分ですね、電話します」

電話を終わり天気とかたわい無い話をしながら準備して風呂へ。
風呂は前回と大体同じ流れ。
勃起のままベッドへ。
ベッドで待っているとユキがそばにきた。
俺は立って抱きしめてキスした。
バスタオルの上から両手で大きなケツを強くもんだ。
ユキは舌を絡めて来た。
片方のケツだけスカートをめくるようにバスタオルをめくって生ケツを強くもんだ。
生ケツが出てる方の片足をベッドに掛けた。
片方のケツはバスタオルの上からそのまま鷲掴み。
足をかけて丸出しになったマンコを前から手の平で包んで 大きくさすった。
「んはーん!」
ユキも自然に下に伸ばしていた手をバスタオルの上からもぞもぞ俺の股間を探る。
ズボンの上から触られているようでなんとも歯痒い。
俺もそれを狙ってバスタオルの上からケツを揉んでいた。
技をパクられたかな?w
ユキの呼吸少し上がる。
ベッドにかけた足を下ろして俺が後ずさりしてベッドに仰向けになった。
ユキは一旦俺の横に座ってバスタオルをとって畳んだ。
俺のタオルも取って畳んでなんともエロい目つきでキスしてきた。
完全に俺に覆い被さった時、ぎゅっと抱きしめて横に半回転。
俺が上になって豊かなオッパイを揉みながらディープキス。
鎖骨にシャブリついて片手はオッパイ、片手はお尻。
少し荒っぽく前回の逆襲!
オッパイを下乳からベロンベロン。
ユキが俺にしたように、脇の下、脇腹、ヘソ、下腹部、陰毛。
割れ目を飛ばして内ももからソケイ部までヨダレをたっぷり出して乳首やケツを揉みながら舐めまくった。
ユキは身体をくねらせてアンアンあえぐ。
俺、一方的にガンガン行きまーす!
M字開脚してユキの股間に潜り込む。
小陰唇を左右に開くとマン穴がキラリ
「濡れてるねぇ」
「いやん、言わないで!」
「クリトリス勃ってるよ」
クリトリスを舐め回し指先を穴に入れてクチャクチャ。
マン汁が垂れてくる。

では、そろそろ…
前回好評だったポイントをゆっくりさすった。
「それ嫌だよぉ~またおかしくなるぅ~」
「どうおかしくなるの?」
「感じっぱなしなっちゃうぅ~」
「ホントかなぁ?」
少しピッチを上げて焦らず繰り返しポイントをさすると
「あ~~~イヤァーッ!イグゥ~~~!」
マンコとアナルが別の生物のように何度も隆起を繰り返しユキは叫んだ
「イヤァーッ!」
股の間から上を見ると仰け反ってオッパイの間からアゴが少しだけ見えてたw
股間に手を伸ばして俺の手を押さえようとしたが、その手を押さえてもう少しピッチを上げるとすぐに第2波。
「もうダメェーッ!イヤァーッ!」
ケツと太ももと腹筋がプルプル。
「お願いぃ もう許してぇ!」

手マンをやめてクリトリスを舐めると舌が触れただけでピクッとした。
クルクル舐め回すと
「あ~~~!」
手を伸ばしてコリコリになった乳首をつまむとピクッ!
どこを触ってもピクピクアンアン。
今度は誰もが知ってる有名なGを指一本でクイクイしただけで叫んだ。
「イヤァーッ!出ちゃうう!」
ぴゅっ!と数回お漏らし。
ブルブルっと痙攣。
少し顔を上げて見ると胸と顔が真っ赤だった。
ハアハアと肩で呼吸してた。
俺は股間から出て隣に仰向けになった
「気持ち良かった?」
「ハアハアハアハア…バカ!知らない!」
抱きつくユキ。

ちょっと休憩。
「素股してよ」
「あっ?この前の練習上手くいきましたか?」
「ユキさんのおかげでなんとか上手くいったよ!」
「今日も練習?」
「今日は大丈夫だよ、この前変な事お願いしてゴメンね、今日は普通にユキさんの好きにしてよ」
「……練習じゃなくても良いんだけどなぁ…」
「ん?」
「良いわよ、お客さん…」
「ええっ?彼氏がどうとか言ってたじゃん」
「お客さんだって浮気してるんでしょ!私もお客さんだったら浮気しちゃおっかなw 私じゃ嫌?」
「嫌ならリピしてないでしょ…」

俺はユキを仰向けにしてヘッドボードのトレイからコンドームを取り装着して正常位でユキに挿入した。
「あん!」
マンコはデカイが穴は締まって気持ち良い!
まだ手マンが効いているらしく奥をガンガン突くとすぐに大きく喘ぎ出した。
おっとヤバイ、本物にハイピッチでは10分も持たない。
マイペースで横バックへ。
キスしたり背中をペロペロ。
クリトリスを触るとピク!
寝バックになろうと思ったが正常位に戻って手を引っ張ってがっちり抱き合い対面座位。
大柄のユキを股に座らせると正面にはオッパイ二つ!
俺の顔をオッパイに埋めるユキ。
ロケットオッパイを舐め回す。
俺はゆっくり仰向けになって騎乗位へ。
ユキは素股の時の様に結合部を見せつけて滑らかに腰を振った。
ハアハアとピッチが上がるユキ。
素股が上手い嬢の○番はもっと良い!
俺的アルアルw
オッパイが揺れる。
「アハン!気持ち良い!気持ち良い~!」
前に倒れてしがみつきピクッ!
下から突きまくる!
「アンアンアン!」
ユキを抱いて横に半回転!
俺が上になってラストスパート。
「ア~~~~~!」
「俺もう限界!出すよ!ガァーッ!」
いやいや出た出た!
止まんねーw
ユキもピクピクしてたよ。

射精が終わってすぐに 指入れてGを刺激!
「えっ!イヤァーッ!」
ぴゅっ!って 数回お漏らしして背中向けて丸まっちゃったw
後ろから抱きしめた。
ユキは俺の方に転がって抱きつく。
「イジワル!…今日もう仕事したくない!」
激しくキスして俺を仰向けにして乳首をすった。
もう一回?
カラオケマシーンの時計を見るともう一回は時間的に無理!俺も帰らねば。
「ユキさん、もう時間…」
ユキは自分のスマホのタイマーを見て
「えぇー!」
「また今度指名するよ!お風呂行こ!」
10分アラームの少し前だが風呂に誘う。
「……はぁーい」
物足りないのか少しテンションが低い?
俺が立ち上がると股間を指さしてクスッと笑うユキ
「ゴム! 」
半勃ちのチンポにたっぷり精子入りのコンドーム。
取るの忘れてたw
ユキは手を伸ばして優しく外した。
「ウワッ!凄い出たね!」
「ユキさん良かったから金玉空っぽだよw」
「洗ってあげるから行こ!」

風呂に入ると シャワーを浴びせて首から丁寧に洗った。
チンポは特にw
洗うというより勃たせようとしてる!
ムクムクトランスフォーム!
泡を流すと無言でシャブリついた!
「えっ!」
「出るまでやってあげる!」
亀頭を舌と唇で攻めて竿をシコシコ!
金玉からアナルまでなぜなぜ!
「気持ち良いよぉ~」
ノーハンドで強力バキューム。
「うっ!出そっ!」
亀頭だけバキュームして竿を高速でシコシコ!
「あっ!ダメだ!あぁーー!」
精子を射精に合わせて吸い出す。
二回目でもたくさんでた!
ひざがガクガクしたよw

排水口に精子を吐き出すと
「またたくさんでたね!」
「ユキさん、凄いもん!」
射精したばかりの敏感なチンポをまたボディーシャンプーで洗ってくれたが、刺激が強すぎて腰が引けたよw
ユキもササっと身体を洗う。
俺はユキの背中を散々舐めたので、背中をボディシャンで流してあげた。

湯船に2人で浸かって風呂から出て少し話てるとお迎えコール。
自動会計機に諭吉を投入。
ユキの手を取ってお釣りを全部渡した。
「えっ!私そんなつもりじゃないよ!」
「好きな物なんか食べてよ、気持ちだから…」
俺の流儀。
こんないい子にロハなんて申し訳ない。
解禁オキニ嬢も同じだった。
ちなみに俺相場はロハでもチップ。
UFOはストロベリーまで。
それ以上は無理wってか、次の資金にするよ。

ロビーで別れ際に
「ありがとうございます」
と 頭を下げた。
すぐに耳元で
「私以外と浮気したらいゃーよ!」
大きくバイバイして帰って行った。

数週間後 デリを呼ぼうと サイトをチェック。
オキニ嬢とユキ両方出てる!
金と時間あったら 両方呼びいたい!
公表年齢は同じくらいだが、オキニはスリムで美人系、ユキはグラマラスで可愛い。
タイプは違うがどっちも気が利いてそこそこ助平w
究極の選択!
ユキと会ったからオキニにしようと電話したら先客がいた。
急いでユキの店に電話したらOK。
時間になりドアを開けるとすぐに会計してラブラブモード。
たっぷり時間をかけた一回戦と風呂で手コキ。
大満足で帰った。

さーて次回はどっちにしようかなw

終わり

タグ:, , ,
いいね!
いいね!32
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
Loading...
ユキ嬢には好評だった手マンもオキニ嬢にはイマイチだったようだけど、確かに機械と違い何が感じるかは人それぞれだからね、そこが難しくもあり面白いところでもありますな。まぁ、でも果敢に攻めた甲斐あり、ユキ嬢といい感じになれて良かったですな。
【中出し倶楽部】中出し好きな人にオススメ!中出し体験談多数掲載!!
この親不孝者さんのファンです  悩みどころ  中出しした時って  渋谷チェリーガール、さなさん  府中パラダイス  五反田エリアのおすすめ風俗...  包茎  手が大きな風俗嬢知りませんか?  目黒の風俗  ハマった風俗嬢から脱出する方法 
投稿No.4887
投稿者 まんじろう
掲載日 2018年11月05日
春先に思い切って利用してみた熟女系デリヘルですが、年齢が近いせいか会話で盛り上がれるのが楽しくてすっかり嵌ってしまい、月一程度で通っています。
"やるのが目的"で働いてるけど嫌いなタイプは断りたいのでソープではなくデリという嬢もいて、美味しい思いをすることもありました。

さて、ワタシは風俗では色んな方と楽しみたいという気持ちが強くて、毎月異なる嬢を指名しており、先月は潮吹きが凄いという口コミがある46歳の嬢を指名してみました。
待ち合わせ場所に指定されたホテルの駐車場で待っていると、ぽっちゃりした美人のおばさん(Hさんとします)が現れました。
美魔女とまでは言えませんが、衣服の上からでも厭らしそうな身体とわかる艶っぽい容姿です。

手を繋いでチェックインし、バスタブに湯を張る間に、会話しながら脱がせっこ。
裸になると、そのゴージャスボディに圧倒されます。
ボディラインこそ年相応に草臥れてはいますが、きめ細やかな肌には染みも皺も見当たりません。

バスルームへ移動し、下半身を中心に洗ってもらってバスタブに浸かると、Hさんも身体を洗ってからバスタブに入ってきました。
ワタシの脚の間に入って胸にもたれるように座ると、ワタシの手を取って自分の胸を揉むよう促します。
ゆったりと胸を触り始めると、Hさんは後ろ手でワタシの竿を弄ってきます。
ではと、ワタシも右手をGさんの股間に移動させ、豆とワレメを弄りながら左手では胸をやわやわと触りつつ首筋に舌を這わせます。
徐々に喘ぎ声が大きくなってくるHさん、ワタシの竿をリズミカルに刺激していた手も疎かになってきます。
そろそろイイかな?と中指をHさんの中へ侵入させると、湯とは明らかに異なる粘液が染み出しているのがよく解ります。
Hさんの中は狭いうえに襞が多くて複雑で、これは入れたら気持ち良さそうだと思いながら指を抽送させていると、「ダメ!止めて!出ちゃうから!」と叫んで逃げようとします。
弄り始めて2分も経たないうちに逝きそうになるぐらい感度が良く、自分のテクニックが上がったように勘違いしてしまいました。(笑)
で、気持ちよくなると簡単に潮を吹いちゃう体質らしいのですが、バスタブの中で吹くのは嫌なのだとか。

という訳で、ベッドに移動して続きを楽しむことにします。
仰向けになったワタシの股間に顔をうずめ、竿に舌を這わせながら大きくて真ん丸なお尻をワタシの左横に移動させて来るHさん。
ワタシは、右手で胸を左手で股間を攻め始めます。
左手の中指を内部に送り込みながら親指で豆の表面を擦るようにすると、早くも粘性の少ない液体がたらたらと溢れてきて腕を伝います。
Hさんの乱れようは凄く、もう竿を掴んでいる手にも力が入っていません。
「逝きそう!出ちゃいそう!お願い!」と叫んで仰向けになるHさん。
すかさず起き上がり、竿でHさんのワレメを擦ります。
次の瞬間、大量の潮が吹き上がりました。
まるで伝統芸能の水芸のようです。(笑)
いつまでも吹き続けるのが面白く、竿でワレメを擦り続けていると、先端が入りそうになります。
Hさんは喘ぎながら吹き続けているので、ここまま突っ込んしまおうか?と思ったのですが、ワタシは入れる際は同意を得るのが最低限のルールと思っていますので「入れてもイイ?」と聞くと「それはダメぇ」とのことなので我慢して擦り続けます。

30秒は続いただろうかの潮吹きが終わると、ゼイゼイ言いながら「ありがとう我慢してくれて。入れなくても満足させるのが私の仕事だと思ってるし、入れちゃうと際限なくなっちゃうし・・・。でも、私も本音では入れたかったんけどね。」と笑います。
そして「我慢してくれたお礼に、気持ちよく逝けるように頑張るね。」と言ってワタシを再び仰向けにさせ、竿や玉に舌を這わせます。
しゃぶりながら器用にローションを手に取ると、口と指を総動員して攻めてきました。
さすが、入れなくても満足させるというポリシーを持っているだけあって、かなりのテクニックです。
単純にしごいているだけではなく、上下する度に不規則に指の形を変えているようで、経験したことのない快感に襲われます。
1秒でも長く快感を味わっていたいと我慢を続けますが、徐々に追いつめられてきました。
そしていよいよ発射の時を迎え、Hさんは「凄い!出た!」と叫んだのですが、自分では何故か勢いがなくて全て出切ってないような感じです。

以前の投稿でも書きましたがワタシは直後攻めが大好きなので、発射した後もしごき続けてもらっていると、意外と早く再び発射に向けた快感が襲ってきました。
そして今度は勢いよく発射!!
と、Hさんは「きゃっ!」と短い悲鳴を上げ、一瞬の後にワタシの太腿と脇腹に精液が降ってきました。
そんなに飛んだのか?と思いながらも、Hさんがしごき続けてくれるので逝きっ放し状態の快感を貪りました。

やがて竿が力を失ってきたところでHさんの手が止まり「凄かったねぇ!潮吹いたよ!」と言います。
どうやら2度目に勢いよく発射し、太腿と脇腹に降ってきたのは精液ではなく潮だったようです。
「ほら、ここ。」とHさんが指差すワタシの脇腹には、確かに無色透明な雫が落ちていました。
こうして、Hさんとワタシは目出度く潮仲間になったのでした。(笑)

いやぁ、熟女遊びってホントに楽しいですねっ。

P.S.
念願だった男の潮吹きを体験できて非常に嬉しかったのですが、体感としては通常の発射と大差なかったのは少し拍子抜けでした。

タグ:, ,
いいね!
いいね!21
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
Loading...
連射の二発目は普通の射精ではなく、なんと潮吹きだったとは!! おいらも男の潮吹きは未経験なので、いつかは体験したいと思っているけど、体感的に通常の発射と大差なかったとは、確かにチト拍子抜けかもですな。
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!! サクラのいない出会える優良出会い系サイトを紹介しています!!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!!
サクラのいない出会える優良出会い系サイトを紹介しています!!
【中出し倶楽部】中出し好きな人にオススメ!中出し体験談多数掲載!!
投稿No.4884
投稿者 ケンシロウ
掲載日 2018年10月31日
またまた投稿します。
これは5~6年前にデリヘルを利用し出した頃のお気にになった嬢の話です。

年齢は26歳で細身の小柄な嬢を190分で呼びました。
初対面の印象は確かに細身で小柄ではありましたが、顎が少し長くあまり好みのタイプではありませんでした。
ただ、一緒にシャワーを浴びると足の指まで膝まずいて洗ってくれる献身的な接客。
胸は小ぶりでしたが、乳首はピンクで美乳です。
キスも舌を絡めて積極的で、顔の好みでない事も気にならないほどアソコはギンギンになりました。
嬢の胸も優しく愛撫し、おマンコもサワサワ。
すでにグッショリです。

私「感じやすいんだね」
嬢「敏感なんですけど、お兄さん上手だから」

可愛いヤツ(笑)
そして、さらにクリを優しく撫でながら指を入れると一本しか入らないキツさです。
この中に挿れたら気持ちいいだろうなと思いながら、責め続けると潮を吹いてイってしまいました。

その後選手交代でフェラされると、またこれが上手い。
いっさい手を使わず喉奥までジュボジュボ咥えてくれます。
上目遣いのフェラ攻撃にたちまち撃沈です。

ゆっくり休憩して話をしていると、絶対に●番はしないとの事でした。
私は別に気にしてないから構わないよと言うと、「お兄さんは紳士的だし、次も是非呼んで下さい」と可愛く甘えて来ます。

2回戦は69でまたまた大量発射し、お掃除フェラも完璧です。
次に会う約束もして、その日は大満足で別れました。

ただ、顔はどうも好みではなかったので、すぐには呼ばず2回ほど他の嬢で地雷を踏んでしまいました(笑)
少し期間が開いてまた今度は250分に延ばして呼ぶ事にしました。

嬢「もう呼んで貰えないのかと思いました。」
ちょっと忙しかったんだけど、前が凄く良かったからと言うと、嬢からディープキスをして来てシャワーも浴びずに二人でソファーで服を脱がしあい舐めあって大興奮です。
※いつもシャワーは先に浴びてるので汚くはありません(笑)

ベッドに移っても指と舌で責めまくりました。
うわー凄い潮が…
ベッドを飛び越して床まで飛び散っています。
私「こんなの見た事ない…」
どこまで出るのか試してみたくなりました。
ベッドはもうビショビショです。

私「変わった事してみようよ」と洗面台の上にマンコが鏡で見えるようにウンコ座りさせてクリと穴を指で責めまくります。
嬢「ああ、変態!エッチなんだから」と言いながら、キスしながら感じまくり。
嬢「あっ、出る!イっちゃう!」と叫びなから鏡に潮を吹きまくりです。
楽しい~こんなん初めてと思いながら、散々虐めた挙げ句にフェラさせて大放出。
もちろん2回戦もしっかり口内に出しました。
その後、油断してたので床に飛び散った嬢の潮で滑って転ぶ羽目に(笑)

その後、彼女は私のお気にに、私は彼女の一番の?お客になりました。
10回は会ったでしょうか、でも段々と手抜きも激しくなり、彼女は東京に帰ると言う事でした終わりを告げました。

今まで40人以上嬢と遊び、内7人とは仲良くなりお気にになりましたが、潮吹きに関しては彼女が史上最高です。
未だに鏡に潮を吹き続ける彼女を思い出すと、勃ってしまう節操のない男です。

長文失礼しました。
次はまた別のお気にの話をしたいと思います。

タグ:, , , ,
いいね!
いいね!22
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
Loading...
『オキニ嬢に何度も入っていると段々手抜きをするようになってくる』なんて話はよく聞くけど、この嬢もご多分に漏れず手抜きが激しくなってしまったのが悲しいですな。にもかかわらず、ケンシロウさんにとって史上最高の潮吹き嬢で、未だに思い出すと勃ってしまう程というのが素晴らしいですな。
【中出し倶楽部】中出し好きな人にオススメ!中出し体験談多数掲載!!
投稿No.4881
投稿者 たけ
掲載日 2018年10月26日
先週、久しぶりにお気に入りのSちゃんに会いたくなり、予約して東京でよく知られている場所のお店に行きました。

フロントで料金を支払い、待つこと15分。
階段の下でSちゃんは、待っていました。
「久しぶりだね。元気だった。」と声を掛けられ、手を繋いで部屋の入りました。
抱き寄せてハグすると、なんか以前よりふっくらして、抱き心地が前より増していました。

お互いに服を脱いで、お風呂。
Sちゃんも入ってきて、DKしたり、抱き心地は、最高でした。
以前より乳首も少し大きくなっていて、固くなっていました。
いつものようにフェラーリ、雁を徹底に責められ、悶絶。

Bに行こうと誘い、体をふいてBへ。
Bでいちゃいや、手で栗を触ると固くなって、栗を優しく転がすと「気持ちいいい」と言って、吹きました。
下で栗をつんつんして、なめると「気持ちいい」と言って吹き、Sちゃんは、入り口が狭いので、指1本を入れながら栗を舐めると、中は、指を締め付け、うねうねと動き出し、指を押し出すような動きをして、「気持ちいいい。指抜いて~~」と言い、再度吹きました。

もうこの時点では、分身が固く脈打って、パンパンでした。
それを見たSちゃんは 持参した0.01を分身に着けてくれました。
入口は狭くきついので、分身がぎゅ~~と締め付けら、入り口を抜けると、いよいよSちゃんの中へ。
ゆっくりピストン運動すると、「気持ち良いよ~~~~」と言い、中がうねうね動きながら締まるし、吹くし、亀さんが、奥に入るとパクパクされ、中を絞って分身を押し出す動きをするし、入り口は強烈の締まる。この繰り返し。
Sちゃんの中で我慢するのは大変です。
でも最高に気持ちがいいです。
我慢が限界に達して、「ぴゅ~~~~~、ぴゅ~~~~~」と0.01の中へ。

抜くとまだ元気だったのをSちゃんが見ると、すぐに0.01を着け替え、上から乗ってきました。
一度出したので、Sちゃんの中を十分に感じ、再度0.01の中にだしました。

その後、Sちゃんに「前よりすごいんだけど」と聞くと、「ジムに通って体幹を強くするためにインナーマッスルを鍛えたら、あそこも鍛えられたのよ。」と。
再度お風呂に入って、Sちゃんに手で亀をいじめれれて、悶絶しながら。また「ぴゅ~~~~」と。
その直後に、体を洗ってもらい、お別れしました。

容姿は、美人でもなく普通の女の子。
でも笑顔は可愛くて癒されます。
ゴム付きでも物凄い感覚なのに、生だったらどうなるんだろう。と思う。
Sちゃんに出会ってからは、その他の子には入れなくなりました。

タグ:, ,
いいね!
いいね!23
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
Loading...
アソコの締まり具合がいいのはポイント高いですな。特にソープランドは挿入アリが前提なので、例えお相手の嬢が超絶美人だったとしても、アソコの締まり具合がユルユルだったときのガッカリ感は半端なかったりするからね(^^;
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!! サクラのいない出会える優良出会い系サイトを紹介しています!!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!!
サクラのいない出会える優良出会い系サイトを紹介しています!!
【中出し倶楽部】中出し好きな人にオススメ!中出し体験談多数掲載!!
投稿No.4879
投稿者 松本です
掲載日 2018年10月24日
以前から使っている隣町の人妻デリヘルで、今までお世話になっていたYさんが退店されたので、HP見ながらスタッフさんとのやりとり。
私「HP見ててAさんかKさん、Sさん辺りいいかな~って思ってます」
ス「今からだとKさん行けますよ」
私「じゃあ、お願いします」

10分後に来たのは、写真とはあまりにかけ離れたタイプのKさん。
確か、Kさんのプロフィールは、T163.B87.W62.H89なんだが、やってきたKちゃんは、T145(くらい)BWHも一回り小さい感じ。
あまりに私のリアクションがおかしかったのか、「私で良かったの?」と寂しそうな目で聞いてくる。
「これは、パネマジって言わないでしょう」とは思ったが、上目づかいで仕草もホンワカした感じなので、どうぞ~!って部屋に呼び入れた。
挨拶して時間確認して電話入れたKちゃんの表情が、またしても「???」な感じ。
そして「電話替わってくれって」と、渡されたスマホから衝撃の事実。
「かずみ」さんと「かすみ」ちゃんを間違えたとのこと。
こんなことがあるのか?とは思ったが、せっかく来ているKちゃんを返すのも可哀想なので「何かの縁だから」とチェンジなし。
おかげで90分が120分になりました(笑)

とは言ったものの、なんか気まずさとぎこちなさは残ったままPLAYスタート。
お風呂でKちゃんグダグダ状態。
K「やっぱりかずみさんがスタイルもいいし、人気あるから、申し訳ないよ。私なんか、ちっぱいで幼児体型だし」
私「別にそんなこと思ってないよ。間違いはあったかもしれないけど、可愛いかすみちゃん来てくれて良かったと思ってる」
お風呂に浸かって話してると、汗なのか涙なのか分からないけど(たぶん涙かな)流しながら、私が求めるキスに応じてくれる。

ベッドに行って、布団にもぐるKちゃん。
少しポジティブになれたのか「指名料も貰ったから、後悔させないよっ!」って抱き着いてきた。(そういえば指名料取られてる)
髪型もいつの間にかツインテールにしてる(これは萌えた)

演技も若干多めに入ってるかもしれないけど、攻めた感じの身体の反応や声がいい感じ。
そのうち、濡れ方が結構すごいし、「あぅあぅあぅ~」って言いながら、身体がピーンと突っ張ったと思ったらガクンと脱力と同時に潮吹き。

「なんか、いろいろな感情があってわからなくなっちゃう」と言いながら、私の上に這い上がって、全身キス&フェラ。これが、うまい!
あっという間に逝きそうになるところを寸止めして、「後悔させないから」と生IN。
中がキュ~って締まるので我慢できず中出し。

「まだ帰さないからね」って言いながら、また全身キス&フェラ。
いつもは、一旦萎えるJrも、今日は暴走気味で疲れ知らず。
上になったり下になったりで汗だくになって2度目の放出。
呼吸を整えながら「この仕事して、初めてしちゃった。今日は特別なんだから」と言い訳(笑)

送迎呼ぶ時の電話を替わってもらって「いい娘紹介してくれてありがとう」ってお礼言ったら、ホテル出るまで、目があえばキスしてる。
あ~あ。ハマったな、おれ。

タグ:, ,
いいね!
いいね!29
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
Loading...
店員のミスのせいで出鼻をくじかれちゃったようだけど、そのおかげで反っておいしい思いができて良かったですな。通常なら人違いで指名料を取られるのは納得いかないけど、今回はその分嬢も頑張ってくれたようなので、まぁ、アリってところですな。
1 2 3 4 5 6 9
  • ご利用は各自の責任でお願い致します。(実際に活用できる情報としてではなく読み物としてお楽しみください)
  • 諸事情により割愛やぼかした表現で掲載している場合があります。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)