風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!ユーザー参加型風俗サイト!!

投稿No.4788
掲載日 2018年6月10日
先週、福原の高級店に行ってきました。
諭吉さん6枚必要です(^-^;

事前に電話連絡していましたが、入店して、ふかふかのソファーに座り、待合室でお茶をもらい、トイレに行ったりパネマジ無しの写真集をながめるなどして待つこと数10分後、ボーイさんの声で
『お待たせいたしました。』
『お時間まで、ごゆっくりどうぞ』

カーテンのむこうに、写真より太めの嬢が、デン!っと立っていました。
まぁ、高級店だからサービス重視と思い妥協し、手を繋いで部屋に入り、ソファーへ。

簡単な自己紹介?して、服を脱ぎ、ソファーの上で、パンツ一枚になってからは、嬢のキャミソール、ブラ、パンティーをお手伝いして脱がし、最後にバスタオルをかぶせて僕のパンツを脱がしてもらい全裸に。
夜勤明けで洗っていない愚息を即尺してもらい、頃合いを見て、そのままNSで対面座位に。
パイパンのあそこは魅力的ですが、重い!かなり重い!!

重すぎて、汗だくになったので、ベットへ移動。
正常位で行為するが、太ももが邪魔で動きづらい。
数10分後、中だししたが、ゆっくりすることなく、いきなりティッシュペーパーをつかみ自分の股をフキフキしてから、僕にもティッシュペーパー、どうぞ!
高級店は、お掃除フェラだろ!!って思ったが、一応、スルー。このあとに期待して。

オレンジジュースを飲んで休憩して、もう一回戦と思っていたが、お風呂行こって。
キレイ好きなのかな?と思って素直に風呂へ。

ソープ特有のイス洗いやマットせずに簡単に洗って、風呂入って、しょうもない話して風呂上がって、ソファーでお土産のプリンを食べていたら、あげくの果てに、説教タイム。
嬢は栄養士の資格があるから、食べるのが早いとか、嬢もデブのくせに、僕の腹がデブってるだの!

時間が無いのでって言ったら、嫌な顔をしながら『ハイハイ』って言いながらベットへ。
パイパンを褒めたが、『ハイハイ』
おっぱいに吸い付くと、『痛い』
挿入しても、やる気のない対応。

諭吉さん6枚も使ったのに。。。
散々でした。

帰りにボーイへ言いましたが、大した反応無し。
そういうお店なのかな?

次は、昨日行った別の高級店を書きます。

タグ:, , ,
いいね!
いいね!15
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
Loading...
諭吉2枚程度の格安店なら、このような地雷嬢による地雷接客に対して、『まぁ、今回は運が悪かったな』と、なんとか割り切ることができるけど、諭吉6枚となると、そう簡単にはいかないよね。高級店を謳っていながら、プレイ後、ボーイに言っても大した反応ナシというのも残念ですな。
【中出し倶楽部】中出し好きな人にオススメ!中出し体験談多数掲載!!
手が大きな風俗嬢知りませんか?  この親不孝者さんのファンです  目黒の風俗  渋谷チェリーガール、さなさん  ハマった風俗嬢から脱出する方法  長い舌の方ご存知ですか?  五反田エリアのおすすめ風俗...  巣鴨ピンサロ  セクキャバ  パネル指名の選び方 
投稿No.4777
掲載日 2018年5月18日
初投稿です。

オキニを前日予約して、ウキウキしてお店に行くと、欠勤とのこと。
店員さんの丁寧な謝罪とともに、別の女の子はどうですか?と勧められました。

何枚かの写真を提示されると、一人気になる女の子を発見しました。
精度の低い写真からも感じる親しみやすさ、とでも言えばよいのでしょうか、何かを感じてその女の子を指名しました。

姉妹店出勤とのことなので、近くの別店舗にしたのですが、道中で女の子のプロフィールチェックをしました。
その女の子「Aちゃん」は業界未経験。でも新人期間は終了したくらいのキャリア、というのがわかりました。
童顔で低身長なAちゃんは、敏感で恥ずかしがり屋で店長おススメ、というコメントがありましたが、よくある内容なので期待もせずに時間を待っていました。

時間がきたので、ご対面。
「こんにちわ!」とかわいらしい笑顔で出迎えてくれました。
しかし、その笑顔を見た瞬間、自分の体にゾワゾワした感覚が走る謎の違和感。
そしてAちゃんが続けた言葉は、「久しぶり!」

僕の先代の「オキニ」でした。

数年前に、前触れなく急に退店していたオキニ。
退店したことを知った時にはわりとショックで悲しい思いを僕にさせた本人が目の前にいました。

「雰囲気を変えて、写真撮影したんだけど、わかるものなんだね!」
と、Aちゃんは都合の良い解釈をしてくれていました。
すみません、会うまで気づきませんでしたよ。
なんて弁解するのも野暮なので、
「会いたかったよ」
と力強く抱きしめました。
「わたしも」
と熱烈なキスで返答してくれるAちゃん。

手早くシャワーを済ませ、すぐさま熱烈なキスの応酬。
昔と同じように、ベッドに寝かせ、僕からの攻め開始。
丁寧な愛撫を心がけて、唾液交換でお互いの感情を高ぶらせていく。
正常位スマタのお互いのアソコを密着させた状態で小休止の雑談タイム。
お互いの近況報告をしていたのですが、雑談中でもAちゃんは腰をモゾモゾ動かして、僕の先端部分に刺激を与えてくれます。

「クリトリスがこすれて気持ち良いの?」
「気持ち良いの~、でももっと…」
といって、ついには手を使って先端を沈めていくAちゃん。
「以前と比べると、積極的だね。いいの?」
「だって、気持ち良いんだもん」

以前は、もっと後半でAちゃんの騎乗位スマタからの事故が定番でしたが、今回はかなりの前半で事故突入です。
しかも、「だいしゅきホールド」で僕の腰をコントロールする有様、エロすぎです。
正常位・騎乗位と変えながらも、常に唾液交換。
「すごくエロイね。僕も興奮しすぎて、中に出ちゃいそうだよ」
「中に出しちゃダメだよ。本当に気持ち良いから、もっと続けたいの」
と言って、上からさらに刺激を与えてきます。
「そろそろマズイよ。本当に出ちゃうよ」
「出すのはダメだよ。絶対ダメ」
言うもののスピードは変わらず。

さすがに、マズいので体勢を正常位に変えて主導権を奪い、クールダウン。
でも、Aちゃんの興奮がさめるのを防ぐために、耳元で
「もう我慢できない。今日は中に出すよ!」というと、
「あっ、ダメなんだから」と、目をぎゅっとさせながらのAちゃん。

脳内でレイププレイをイメージしながら、「出すぞ」「ダメだよ」のやり取りを楽しんでいたら、再びAちゃんの「だいしゅきホールド」発動。

・・・危険すぎる

主導権を奪われてしまったので、レイププレイから淫語プレイに変更して主導権の返還を狙います。
「セックス好き」「生が好き」「生セックス気持ち良い」「中だしは怖いけど、生セックスやめられない」
と、エロいセリフを言わせて大興奮。
Aちゃんが最高潮になったところで、僕も胸に大量放出。
いやー、本当にたくさん出ました。

全身汗だくで、ふらつきながらシャワールームに行くAちゃんを介助しながら、僕も汗を流してもらいます。
「久しぶりということもあって、最高に気持ち良かった」
と嬉しいお言葉。

偶然とはいえ、再会できたことに喜びを噛みしめながら、
店のプロフィールってやっぱり嘘ばっかりなんだな~
と思いながら帰りました。

機会がありましたら、今回欠勤したオキニとの普段の様子も投稿させていただきたいと思います。

タグ:, ,
いいね!
いいね!30
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
Loading...
何かを感じて指名した嬢は、なんと元オキニだったとは(笑) まぁ、嘘が多い風俗業界だけど、今回はそのおかげで元オキニと再会できたことだし、元オキニのエロさもパワーアップしていたようなので、とりあえずは結果オーライといったところですな。
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!! サクラのいない出会える優良出会い系サイトを紹介しています!!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!!
サクラのいない出会える優良出会い系サイトを紹介しています!!
【中出し倶楽部】中出し好きな人にオススメ!中出し体験談多数掲載!!
投稿No.4757
投稿者 茶柱折れた
掲載日 2018年3月30日
昔話です。

繁華街のラーメン屋の前で待ち合わせ。いつもの場所。
「予約したよ」と連絡は入れてある。
「久しぶり!」
「やあ、元気?」
もうすっかり顔なじみ、というか、なんだか仲良し。
あれ?、ちょっとお疲れ?な感じ???
「ホテルどこいく~?」
「どこがいいかな?」
「う~ん・・・」
「・・・もしかして、おなかすいてる?」
「・・・ちょっと」
「じゃあラーメン食べよっか」
「うん!、行こう!、やったー!(喜)」
雰囲気でなんとなく分かる。
で、軽くメシを食ってからホテルへ。

エレベーターで激しくベロチュー開始。
部屋に入るとそのままベッドへなだれ込み、抱き合いながらお互いに激しく唇をむさぼる。
ラーメンとは違う理由でカラダが熱くなってくる、その温もりを楽しみながら、シャツを脱がし、ブラを外すと形の綺麗なEカップがこぼれおちる。
店のプロフにも「スリムでボイン」と、なんとも直球なご紹介が書かれているが、形と感触が最高のおっぱい、それに加えて、何と言うか、さわり心地の良いカラダで、スリムなのにムチムチしている。

むしゃぶり付くと、いっそう吐息が荒くなる。
おっぱいを弄繰り回しながら、もどかしく自分の服を脱ぎ、次にスカートとパンティを剥ぎ取っていく。
そうする頃にはまだ触ってもいない下のほうも既にヌルヌル状態、我が愚息も準備は整っている。

勢いで上になり、愚息を押し当てると
「まだ咥えてないよぉ・・・」
「いいの、こっち・・・」
そのままゆっくりと暖かい感触を楽しみながら、徐々に深く差し込むと、娘は大きな声を出して喘ぎだす。
ゆっくりと出し入れしながら感触を楽しみ、お互いのカラダを弄り合う。
「あ~、いっちゃいそう」
「まだダメだよ」
「あぁ~ん、もう我慢できないよぉ・・・」
「ダメだよ!」
と言いながら、逆にピストンは早く激しく。
「いゃぁ~、ダメダメダメェ~!、いっちゃうよぉ~・・・」
「まだダメだよ、まだ我慢して・・・先に自分だけいっちゃうの?」
「ダメェ~、あっあ、あぁ~、いっちゃうぅぅぅ~!!!・・・」
一瞬「ビクン」と硬直したあと、グッタリと全身の力が抜けて、吐息が「ハァハァ」と荒くなっている。
その動きに合わせて腰の動きを調節しながら、一旦ゆっくりと止まる。

「いっちゃったの?」
「・・・」
「ダメって言ったでしょう?」
「・・・ゴメンなさい」
時折カラダをピクンとさせ、ハァハァと喘ぎながら、会話を続ける。

「じゃあお仕置きだよ、次は良いって言うまでダメだからね?、ちゃんと我慢できるかな?」
「ハイ・・・」トロンとした目で答える・・・、なんともエロイ光景。
何がお仕置きなのか?、意味が分からないが(笑)、そう言いながら、また腰を動かし始めると
「あぁぁ~、もうダメェ~、気持ちいいぃ~」
再び激しく悶えはじめ、カラダを仰け反らせたりシーツをつかんでクシャクシャにしながら快感に悶えている。
さっきよりも激しく腰を振り、緩急をつけて存分に膣の感触を楽しむ。
程なくして
「あぁぁん、、、もうダメ、もうダメ、ダメェ~~~ェ!!!」
「まだダメだよ、我慢するって約束したでしょう?」
「ああぁぁぁ、もうダメェ~、死んじゃうぅ、助けて、助けてぇ~~~・・・」
一回目より更に激しく長い間全身が硬くなり、やっとその緊張から解けてグッタリしながら「ハァハァ」と喘ぎ、時折ビクン、ビクンと。

その様子をじっくりと楽しみながら見下ろし、少し呼吸が少し落ち着いたところで
「ダメって言ったでしょう?、約束が守れなかったから、またお仕置きだよ(意味不明)」
「・・・」
「どうしたの、こんどはどんなお仕置きがいいかなぁ・・・」
「・・・いってない・・・」
「えっ?」
「・・・いってないモン・・・」
「いってないの???」
「いってないモン・・・」
なんともかわいいですなぁ~。
「じゃあまだ続けても大丈夫だね?」
「・・・(少々困り顔)」
またゆっくりと動き出すが、もはや敏感を通り越している状態なので、
「あぁぁ~、もうダメ、助けて~、助けてぇ~!!!・・・」
と直ぐに3回目の絶頂に。

そろそろワタシもちょっと疲れたので、いったん休憩。
娘は横でピクピクしているが、ベロチューで唇を舐めまわす、カラダは非常に敏感になっており、ほんのすこし乳首を触っただけで「あうっ、ん!」と反応するので面白い。

お互い呼吸が落ち着いたところで、ワタシがソファーに座り、フェラを開始。
喉の奥まで届くような深いフェラを十分に堪能して射精感が高まってきたところで再度ベッドに移動して最後の挿入。
程なくして発射態勢が整ってきた。
「そろそろ出そうだよ」
「はやく来てぇ!、頂戴!」
「どうして欲しい?」
この娘は中田氏OKなんだが、ワタシはカラダに掛ける方が好きなド変体なので・・・(笑)
「好きにして・・・いっぱい出して下さい」
「じゃあおっぱいに出すよ」
「うん、いっぱい掛けて、あったかい精子で汚して下さい・・・」
出る直前に抜いておっぱい目掛けて大量に発射!、この娘も嫌いじゃない方で、ピクピクしながらも、出たモノを弄くりながらご満悦な様子。

ティッシュで処理してからは、ベッドで抱き合いながら温もりを楽しみます。
ウトウトしているとタイマーが。
シャワーして髪を整えたら、じゃあまたね、ってことでエレベーターでベロチュー。

「今度はいつ来る?」
「う~ん、分からないなぁ・・・」
「もうっ、バカ、意地悪・・・」
「メールするよ」
「うん💙」

本人曰く本番するのは私だけだそうだが・・・、そんなことは・・・。
出勤が少ないせいか、完売していることも。
反対に、「今日出てるんだけど超ヒマ! 来てくれる?」なんてメールが来ることも・・・。
なかなか良い女の子だった。
飽きっぽいワタシにしては珍しく長くは続いたな。

タグ:, ,
いいね!
いいね!25
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
Loading...
『コンビニの前で待ち合わせて、嬢と一緒におやつを買ってからホテルへ』というのはありそうだけど、『ラーメン屋の前で待ち合わせて、嬢と一緒にラーメンを食べてからホテルへ』というのは珍しいですな。さすが、すっかり顔馴染みで仲良しの嬢というだけありますな。
【中出し倶楽部】中出し好きな人にオススメ!中出し体験談多数掲載!!
投稿No.4751
投稿者 サク
掲載日 2018年3月15日
先日会社の付き合いで同僚たちと風俗に行くことになってしまった時の話です。
普段は1人で風俗に行くのが好きな私は正直乗り気ではなかったのですが飲み会の後に無駄にテンションの高くなった上司に逆らえず渋々行くことに。
連れてこられたのは格安のファッションヘルス、一度入ったことがあるのですが地雷多めな店なのを知っていたので思わず「うわぁ」と漏らしてしまったのですが上司は気づかずそのまま入店。
案内まで時間が掛かると言われたら上司を説得できそうだったのですが全員すぐに案内できると店員に言われて退路はなくなり諦めました。

パネルを出されてみたものの当たりはなさそうな感じ、しかもパっと見て修正も分かりづらいがかなり入ってる感じなのでどれ選んでも外れな予感がしてならない。
上司達がパネマジに騙されて綺麗に映っているのを選ぶのを横目に私はフリーでいくことにしました。
どうせ地雷踏むなら指名料を払いたくないという精神で。

そして待合室で待つこと10分程で先に上司や同僚が呼ばれ、最後に私が案内されて嬢と対面、どんなのが出てくるかと身構えたのですが出てきたのはボブカットの30代前半くらいの人妻系嬢でした。
スタイルはちょっと太く感じますがそれでもデブではなくムチ、寧ろ肉付きが良く抱き心地は良さそうなので全然問題ない感じでした。

「よろしくおねがいしま~す」

少し間延びした口調で挨拶をされたら早速シャワーを浴びようということで手伝われながら服を脱ぎ、タオル一枚になった嬢と共に共同シャワーへ。
ここでタオルを外して嬢の裸をしっかりと見ることができました。
身体つきは前述の通り全然問題無く普通に洗体中に息子が元気になると嬢は
「お部屋に戻ったら気持ちよくしてあげるからねぇ~」
と、子供をあやすように先端にキスをするのでした。

シャワーを終えて部屋に戻ったら早速プレイ開始、嬢から攻めるようでベッドに寝るとキスをしてからゆっくりと下に下にと舐める位置を変えていき、足の指先まで舐めていました。
全身リップが終わるとそのまま身体を重ねるように上に乗ってきてローションをつけて素股開始。
ですが角度がかなり危うく、腰を少しでも突き出せばそのまま入ってしまい。
入れてやろうかと思っていると嬢の方から身体を押し付けてきてそのまま息子は嬢の中にINしてしまいました。

「入っちゃったけどいいの?」
「フフフ、これは素股ですよぉ~」

どうやら確信犯のようでした。
嬢の膣内はまあお世辞にも締まりがいいというわけではないのですがガバガバでもないのでイけないわけでもないですが嬢が上だと刺激が足りないので体勢を変えて正常位で全力ピストン。
「最後は外に出してくださいね~」
と言われたので最後は嬢のお腹に出して終わりました。

その後はシャワーを浴びて適当に世間話をして時間を潰してタイマーが鳴り終了。
最後にキスと名刺をもらって退店しました。

外に出ると見事に地雷に引っかかって非常に疲れた表情をした上司と同僚が私を待っていました。
どんな地雷だったのかという愚痴を聞かされ、変に絡まれても困るので自分も適当に嘘をついて話を合わせるのが大変でした。

今回は運が良かったのだと実感しました。
オキニにはならないけどいい嬢に巡り会えて良かったです。

後、やはり自分は1人で風俗に行くのが性に合ってるのを再確認できました(笑

タグ:,
いいね!
いいね!23
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
Loading...
地雷店でありながら掃き溜めの鶴で、事なきを得ることができたのは幸いでしたな。連れ合って出撃するとお祭り感覚でテンションが上がり、それはそれで楽しいんだろうけど、自分の気分や好みだけを最優先というわけにはいかないからね。おいらも基本的には単独での出撃です。
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!! サクラのいない出会える優良出会い系サイトを紹介しています!!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!!
サクラのいない出会える優良出会い系サイトを紹介しています!!
【中出し倶楽部】中出し好きな人にオススメ!中出し体験談多数掲載!!
投稿No.4750
掲載日 2018年3月14日
初めての投稿です。
素人童貞で船乗りである私は下船し帰宅途中、休暇初日はソープ行くぞと意気込み情報サイトを物色していた。
昼の時点で今回の乗船前に1度遊んだことのある新人だった可愛い10代のJDは休みだったが帰宅後もう一度確認してみるとなんと出勤になっていた。
善は急げと思いすぐにラスト枠110分の予約を入れ、ワクワクで床に就いた。
当日になりギンギンになった下腹部のテントを隠しながら店に向かった。

入店後ボーイに名前を告げ狭い待合室で悶々としながら待っているとすぐ呼ばれた。
嬢とご対面すると指定したコスプレを着ておりただでさえ可愛いのにコスプレもあいまってキュン死しそうだった。
なんと1度しかも数ヶ月前に遊んだのに「あっ!おっぱい船員さんだ!」と私のこと覚えていたのです。
なんでも船乗りで下のお口よりおっぱいが好きだと言いながらおっぱいのことを揉みまくっていたことが印象的だったらしい。
そんなことを言った私は覚えておらずビックリしたのだった。

その日は数十年に一度の大寒波が日本を襲っており寒く、ソープが入っている建物は古く、暖房がフル運転でも部屋は寒かった。
嬢は「寒かったでしょ?早くオフロに入ろ」と言い服の脱ぎ合いっこして楽しみ、私がブラを外すとたわわに実ったFカップの見事な美しいおっぱいがぷるんと出てきたのです。
すれ違いざま見られるのでおっぱいを小さく見せる為にパッドを外しているみたいなので外す前と後のギャップにコーフンし愚息がフルボッキしたのであった。
オフロに入っていると突然「今日もバイクで来たの?」聞いて来た。
私がバイクに乗っていることも覚えておりちょっと恋心が芽生えてしまった。

ラスト枠ということもあってかかなりリラックスしておりその日フリーで入った嫌な客の話をして来た。
その客がスパンキングをしてきてお尻が真っ赤になったらしくプレイ後NGにしたらしい。
私にどう思う?と聞いて来たので嫌ならその場で言わなきゃだめと言ったが真っ赤なお尻を想像してしまい、収まっていた愚息が大きくなってしまい案の定嬢は気づき上目遣いで「叩きたいの?叩いてもいいよ」と言ってきたのだった。
ヘタレ紳士な私は叩きたいけど叩いたらかわいそうだし調子に乗って叩きすぎてNGになるのがいやだと言うと寂しそうに「わかった」と言った。

そんなこんなでお互いの恋愛観、恋人など他愛もない話をしているとかなり時間が経っており早くエッチしよ言ってきた。
バスタオルで体を拭いてあげて股を触るとヌルヌルした蜜が出てきたので見せてみるとかなりはずかしがって顔を赤くしていた。
私の中に眠っていたS心が目覚めてしまい言葉責めを楽しんだ。
フェラからの69をしたあと、おっきいのが欲しいと言い騎乗位でおもむろに生で愚息を蜜壺に入れたのだった。
これがこの娘の生の感触かぁと思いつつゴムを着けないのかと聞くと「着けるよ」と名残惜しそうに愚息を抜いたのだった。
ゴムを着けてプレイ再開しバックから突いてと欲しがるのでバックでフィニッシュした。

何で生でしようとしたのか聞くと生理明け&両思いだと確信したらしく妊娠したらしたで既成事実ができればいいと思ったらしい。
安全日だからと言って10代学生で本当に妊娠したらどうするのか?自分は社会人で君の事が好きになってしまったから責任は取りたいけど私は1年の半分以上は海の上おり必要な時には仕事でいないから安易にそんなことしてはダメだと説教すると泣き出し「私のことを心配してくれてありがとう」と言い笑顔になった。
それからは風俗嬢から普通の女の子の感じになった。

イチャイチャしながらシャワーを二人で浴びて10分前のコールがなり、お互いのLINEを交換、船の現在地がわかるホームページを教え、デートの約束を取り付け退店した。

タグ:, , ,
いいね!
いいね!43
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
Loading...
お目当ての嬢が自分のことを覚えてくれていただけじゃなく、男として好意を持っているような発言をしてくれたのが嬉しいですな。風俗嬢との約束はドタキャンが多いので油断はできないけど、この嬢とのデートが上手くいくよう陰ながら祈ってます(^^)
1 2 3 4 5 6 13
  • ご利用は各自の責任でお願い致します。(実際に活用できる情報としてではなく読み物としてお楽しみください)
  • 諸事情により割愛やぼかした表現で掲載している場合があります。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)