風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!ユーザー参加型風俗サイト!!

投稿No.5291
投稿者 むね
掲載日 2021年5月08日
前回も裏風俗の話書きましたが、そういえばこんなこともあったなと思い出したので。

数年前の初夏のころ、やや蒸し暑い日の夕立が降ったあとの夕方でした。
気分はさっさとシャワー浴びたいという感じです。
デリヘルもありですが、その前にといつもの名所に行ってみました。

もう7時前だったと思いますが、日が長いころなのでまだ明るかったと思います。
「まだ誰もいないかなあ」と思いながら、名所の建物の裏口あたりに行ってみたところ、年のころ30前後くらいの女性がおひとり佇んでいました。

そっと近づき声をかけるとピンポーンでした。
あっという間に交渉成立。
もう慣れたもので、キスやフェラなども可能かと条件も確認。
OKということで、今日はそれなりに楽しく遊べそうです。

「蒸し暑いねえ」などと言いながら、ふたりでホテルに向かいます。
お姉さんいわく「最初、〇服かと思ったよ」とか。
〇に入るのは貴方の反対の漢字ですが。まあ、お〇りさんのことですね(笑)

ホテルについたら、ふたりでシャワーです。
なんかプロの風俗嬢のような感じです。
いいですねえ。

ベッドに入ったら、まず先にフェラをお願いしてみたところ、慣れた感じで上手にしゃぶってくれます。
今日はいい子に当たった!と内心ガッツポーズです。

息子もだいぶ大きくなってきたので、今度はこちらがクンニをしてあげます。
少し熟してきた感じのお姉さんなので、かなりいい感じで喘いできます。
立ちんぼ相手にしてはだいぶ盛り上がります。

ゴム付きの条件でしたので、コンドームを装着して正常位で挿入しました。
抱きしめながらキスをすると、ちゃんと舌を絡めてきていい感じです。

ただ、なんて言うか、ふつう過ぎてあまり興奮しないんですよね。
なんでだろう?

無事昇天しましたが、なんか自分としては盛り上がりに欠けてます。
条件交渉で1時間以内なら2回戦もOKになっていたのですが、なぜか2回戦の気分になりません。

しばしベッドで会話しました。
お姉さんいわく、仕事は水商売とか。キャバクラみたいな店だとか。
今月は収入が少なくて、ケータイ代が払えなくなりそうなので、急遽立ちんぼしに来たとか。
地元は埼玉で、新宿は滅多に来ないとかって言っていますが、まあ、実際はたびたび来て立ちんぼやっているような気もします。

結局2回戦しないうちに時間もたったので、「今日はありがとね」と言って別れました。

そんなに悪い感じではなかったのに、なんであまり盛り上がらなかったのだろう?とあとから考えました。
そのホテルですが、ベッドの横にちょうど寝てる姿が写るような横長の鏡が壁に貼ってあるのです。
お姉さんとベッドインしたら、「なんかヘルスみたいねえ」と言ったのでした。
ぼくも「そうだねえ」と答えましたが、女の人が「ヘルスみたい」とか言うのは?と思いました。
思わず、「ヘルスで働いたことあるの?」と突っ込んでみたところ、「無い!無い!」と慌てて否定し「でも、一回だけ、面接だけ行ったのよ」とのこと。

水商売と言ってましたが、たぶん風俗嬢だったみたいです。
やっぱり箱ヘル嬢ですかね。
埼玉というので、場末感漂う大宮か西川口あたりですかね(笑)
30歳くらいのわりとベテラン嬢っていう感じですかね。
デリヘルで働くにはそろそろあまりいい条件ではない年頃なので、それならと長年勤めている今の店にいるのだけど、最近は客も減って、思うように稼げないので、ときどき直販しに来ているって感じですかね・・・
まあ、〇番付なので、プロのお姉さん相手に大1枚+ホテル代でずいぶん安上がりで得したともいえますが、なんか、立ちんぼ遊びのドキドキ感がないので、逆に損した気分もありました。

ちなみに、ケータイ代が払えないからと立ちんぼしている女性に当たったのはこれで二人目です。
最近、ようやく値下げになりましたが、日本のケータイ料金は高過ぎなんでしょうね。

タグ:,
いいね!
いいね!17
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
読み込み中...
確かに立ちんぼ嬢の割にはプレイがしっかりしてること、会話で普通に「ヘルスみたい」というセリフが出てくることを考えると、実は風俗嬢ということや立ちんぼしている経緯の推測は、当たらずと雖も遠からずといったところかな。
【中出し倶楽部】中出し好きな人にオススメ!中出し体験談多数掲載!!
女性のお金を盗ったと疑われた  コミュ障で風俗自信無い  あなたならどうする?  どちらの娘が良い?  長い舌の方ご存知ですか?  身長差プレイ大好き  包茎  ポータルサイト  安全に中出ししたい  中出しした時って 
投稿No.5275
投稿者 むね
掲載日 2021年4月14日
コロナで風俗業界も大変らしいですね。
嬢たちも出勤してもぜんぜん稼げないそうで、実際自ら営業に出る子も増えているっぽいですね。

コロナ以前ですが、一時期、怖いもの見たさもあって、立ちんぼで有名な都内某社に足げく通ったころがありました。
ただ、やってみればわかりますが、立ちんぼさんたちとのプレイは味気ないですよ。ちゃんとした風俗業にて、ちゃんとした風俗嬢にお世話いただく方が100倍楽しめます。
まあ、「穴」につっこみたいだけなら、少しだけコストパフォーマンスがいいという程度ですね。

その日もけっこういました。
もちろん、求める男性もけっこういますので、運よくいい子が現れた瞬間に出くわせばラッキーですが、ちょっとずれるともうあっという間に持っていかれてしまいます。

最初のころは、「居るぞ居るぞ!」と興奮して「もう誰でもいい!」と交渉に走りがちですが、いえいえ慌ててはいけません。
ついつい顔で見極めようとしますが、実は一番大事なのはからだつきです。
相手も、そこにコンプレックスがあればわざとラインがわからないような服装をしてくるものです。
特に、夜が寒い時期だとオーバーだのコートだの着込んでラインがいまいちわからないように工夫しているわけです。
ホテルで服脱いでびっくり!なんてことにならないように注意が必要です。

良さげな子がいたら、「こんにちは」、「元気?」、「何してるの?」、「待ち合わせ?」などの言い方は全部NGです。
これらはどれを言っても、女の子はほぼ無視です。
なぜかというと、女性から「遊ばない?」とか「〇円でどう?」などと言うと売春防止法の「不特定多数に声をかけた場合」という行為にあたってしますからです。
一方で男性から声をかけ、女性はそれに応じた場合はこれは不特定多数に当たらないので、実は売春にならないのです。

つまり、さっさと要件を伝えるのが正しい声がけ方法です。
簡単です。「1でどう?」でオッケーです。
もちろん、財布に余裕があり、もっと出してもよければ「いちごでどう?」とか「2は?」というものありますが、そのあと、交渉が始まったときにどこで落ち着かせるかも想定しておくべきです。
現在の相場はだいたいイチゴ+ホテル代別です。
ただ、あまり商売繁盛してない日は交渉次第で1+ホテル代でオッケーのもあるので、最初からイチゴと言わない方がいいと思います。

ホテルに入ったら、まずはシャワーです。
シャワーはひとりづつです。
風俗嬢のように体を洗ってくれたりはしません。
もっとも、風俗嬢が体を洗ってくれる、特にチンコをよーく洗ってくれる理由は、これから自分がエッチをするからだなので綺麗にしておきたいってこともあると思うのですが、立ちんぼ嬢にはそういう感じはないみたいです。

二人ともシャワー浴びたらやるだけです。
ここで「やる」というのは熱いセックスじゃないです。
いわゆる熱いセックスっていうのは、抱擁、キッス、ディープキッス、愛撫、クンニ、フェラチオ、挿入・・・とかいう感じですが、立ちんぼさんとやるのは唯一「挿入」です。
キッスはけっこうNGです。
中には、おっぱいしゃぶりNGの子もいます。
とにかく、相手の股の間にある穴に自分の突起物をつっこみ、オナニーでもしているような気持ちで腰を振り、さっさと昇天です。
喘ぎ声なんて、一言も聞こえないかもしれないです。
でもまあ、おマンコしているわけですから、ブツブツ文句を言われないうちにさっさと出すもの出しましょう。

出し終わったら、さあ、服着てください。
興味深いのは、やる前にはシャワーを浴びますが、終わってからはシャワー浴びない子がほとんどです。
気持ちわるくないのかなとも思いますが、まあ、次の客を捕まえたらまた浴びるので省略なんでしょうね。

ホテルの時間はまだ余っているかもしれませんが、なんとなく、この立ちんぼ女がさっさと出ていくのに、ひとりだけ残って余韻を楽しむなんてことをする気分にはならないものです。
この女よりいち早くホテルを出てやる!という気分になるものです。

繰り返しますが、ホント、ちゃんとした風俗行った方が100倍くらいいいです。
風俗嬢なら、演技でも「ああん、あん!」って色っぽい声をあげてくれたりします。
シャワー浴びたって、こちらの愚息をやさしく石鹸で洗い流してくれますし、お尻を撫でて、股間に手を差し込むと「うふふ」といやらしく笑ってくれたりしますからね。

でも、ときどきは立ちんぼさんにもいい子はいます。
なんか、カバンにいっぱい小さなぬいぐるみのキーホルダーをぶら下げた子が先ほどからウロウロしていました。
この子はそうなのか、ぜんぜん違う普通の子なのかもなかなか判断つきませんでした。
ちょっと歩くとすぐにスマホで何やらみています。
なんとなく世話しなさそうなので、だれかと待ち合わせしているような。
でも、よーくよーく観察しているとどうもさっきから同じ場所を行ったり来たり。
それから、立ちんぼの子に共通している特徴ですが、スマホはたくさんいじっていますが、絶対に電話でだれかと話したりはしません。
逆に言うと、電話で話している子は立ちんぼじゃないと思われます。
まあ、たぶん、立ちんぼは友達にさえ言えないシークレットな行為なんだと思います。

意を決して近づき、「イチじゃ無理?」と聞いてみました。
すると案の定「はい、ええ、大丈夫です」との答えでした。
ピンポーン!です。
そこで、「マスクちょっと下げてもらっていい?」と聞いて、お顔を品定めします。
ばっちりです!しかもまだ若い感じです。
もっとも、アンダーではない感じで安心しました。

さらに、さりげに全身の肉付きも確認。大丈夫そうです。
そこで、「じゃあ、ホテル行く?」と聞くと「はい。うしろからついていきます」とのこと。
大概の子は、そんなこと言わずに手をつないで歩いたりもしてくれますが、今日の子はなんか警戒している様子です。

まあいいかと思い、いつも使う安ホテルに向かいます。
ちょっと後ろを振り返りますが、あれ?ぜんぜんついてこない?という感じです。
怖くなって逃げた?とかちょっと思いましたが、よーく見ると数十メートルうしろにいるようです。
よくわかりませんが、そのままホテルにむかって歩き、ホテルの入り口に着いたところで待機していると、ようやく遅れて現れました。
ちゃんとついてきてたようです。

もう大丈夫だろうと、ホテルに入り受付をしているとちゃんとついてきています。
部屋に入り、ちょっと話しかけましたがあまり会話は盛り上がらないようなので、とりあえず先にシャワーを浴びます。
嬢もそのあとシャワーを浴びるとしっかりとバスタオルを体に巻いて出てきました。

嬢をベッドに寝かせたら、ダメもとでベッドの脇から嬢の顔に近づき、大きくなったイチモツを差し出し、「口でやってくれる?」と言ってみました。
すると立ちんぼ嬢にはめずらしく、素直に大きくなったわが息子を吸いはじめました。なかなか感動です。
ベッドサイドの枕元に立ち、突き出したチンコに見ず知らずの女が唾を垂らしながら必死にしゃぶりついているわけです。
決してベテラン風俗嬢のように上手ではありませんが、これはこれでなかなか卑猥でいいです。

十分に堪能したら、今度は嬢の上に覆いかぶさり、おっぱいから嘗め回します。
でも、こちらも何か先入観なんですかね。そんなに愛おしいという感じはなく、荒々しい気分になり、さっさと好きなようにしゃぶりつき、さっさとマンコも広げて適当に嘗め回します。
気持ちよくさせようとか、逝かしていやろうとかも思わず、さっさと挿入しました。
まだ中はさほど潤ってなかったのでしょうね、やや辛そうな表情ですが、かわいそうとか愛おしいとかまったく感じず、ガンガンと腰を振ります。
ヒイヒイと声にならない声を出している嬢にしがみつきながら果てました。

一息ついたら、さあ終わりです。
さっさと服を着て、そろってホテルを出ます。
最初の角で「じゃあ」と別れます。

なんて空しい感触でしょう。
フェラをしてもらえたのは、まあ良かったですが、やっぱり立ちんぼとのプレイは味気なさすぎですね。

タグ:
いいね!
いいね!27
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
読み込み中...
立ちんぼは、とにかくサクッとヌキたい、スリルを味わいたいってときにはアリだけど、イチャイチャ、ラブラブ、おもてなしを味わいたいってときには不向きでしょうな。このときの立ちんぼ戦も、フェラありでわりと良かったとはいえ、やはり味気なさ感が漂ってますな(^^;
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!! サクラのいない出会える優良出会い系サイトを紹介しています!!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!!
サクラのいない出会える優良出会い系サイトを紹介しています!!
【中出し倶楽部】中出し好きな人にオススメ!中出し体験談多数掲載!!
投稿No.5140
掲載日 2020年7月28日
風俗遊びに慣れてくると1度は考える人もいるはず。「生でしたい」「中で出したい」自分はそんな欲に見事に溺れて、色んな店を開拓したりしたけど…立ちんぼ系に手を出してみようと都内某所に通い始めた頃に運命的な出会いがあった。

いくつかのラブホに近い場所。数人の女の子。これこれ、この雰囲気。
自分から声をかけるのは意外と勇気が要るが、この程度で躓いたら夢の生中には到底たどり着けない。
スマホに夢中の女の子達。暗がりで画面のライトが顔を照らして…この子はかわいい、あの子は微妙…そんな風に観察していると1人の女の子が気になった。
スマホを触ってない。ただ、ガードレールに腰掛けてぼーっと星の見えない夜空を見てるだけ。
街灯で顔が見える。正直、さっきまで他の子見てたのがバカみたいでめっちゃくちゃ可愛かった。
ただ、その分怪しさもあった。
同じ目的の男達が他の子には声をかけるのにその子だけ素通りするのだ。
メンヘラ?怖いお兄さんがセット?もしやもっとやばい?色々考えるも、容姿だけ見たらその子以外考えられない。
恐る恐る声をかけてみた。
「そ、空見てるの?」
ビビりが出てしまった。
「うん。死んだらどうなるんだろうって」
あ。ダメなやつ。と脳が判断するがちんこが続けろと命令する。
「嫌なことあった?」と聞くと「ううん。なんか寂しいなって」
ここでようやくこちらを見てくれた。
目が合うと、やっぱり可愛い。
俺この子がいい。脳とちんこの意見が一致して、多少危険でも構わないと思った。
「今から遊べたりする?」聞けた。ようやくスタートライン。
「んー、どうしよ。……」目を合わせてじっと見つめ合うこと数秒。
「いいよ。行こ」ニコッと笑って手を出してきた。
なんか嬉しくて自然と恋人繋ぎをしながらホテルへ。

部屋に着いてから今更に条件を……と思い出すが、この子は積極的でこちらの服を脱がせながらキスをしてくる。
もう全部終わったらでいいや。最悪財布ごと渡せばいい。クソ可愛い。そんなこと考えてた。ちんこ脳だった。
寂しいと言ってたのが本当だと思うほど、甘いキスが続く。
柔らかい唇と舌に愛撫されてキスだけでイケそうな気もした。

2人とも全裸になりシャワーへ。
ここでも度々キスを挟む。
お胸はC~Dで形も綺麗。
姿勢もよく、小柄な体を抱き寄せると向こうもギュッと抱きしめてくれた。
これは、完全に、恋人プレイだ。
幸福感が強くてちんこが破裂しそうなくらい勃起した。痛い。

大して言葉も交わさずイチャイチャイチャイチャしながら、まともに体を拭かずに一緒にベッドに横になった。
「大丈夫?」ここで彼女がちんこを優しく撫でながら心配してくれた。
俺はちょっと顔が引き攣ってた。
痛いくらい勃起したのは初めてだったから。
「すぐにでも出したいかも」そう言うと「うん……」少し寂しげに返事し乳首を舐めてきた。
舌の上で乳首を転がし、唇でちゅぱっと軽く摘むように吸う。
初めてあんあん喘いだ。
情けない声が出る度に彼女は可愛く笑って乳首を吸う。
そしてフェラにゆっくり移行した。
口に入る寸前、先行する舌がちんこに絡みついてくる。お迎えだ。おいでって言われてる。
気持ちよくて気持ちよくて腰を突き出しちょっと強引に突っ込んだ。
あったかい…柔らかい…ぐじゅにゅる。
彼女のフェラはゆっくりで包み込むやつだ。
キツく吸っていやらしい音を鳴らすものではない。
だが、それが恋人プレイのムードをさらに高みへ押し上げる。
愛を感じるのだ。だってずっと目が合ってる。見つめてくる。
「気持ちいい…気持ちいい」俺はもうイキそうで。それでも彼女は速度を変えない。でも察してる。
はぁはぁと吐息を漏らすようになり、両手は俺の腰を抱きしめる。
はい。もう無理です。
「出ちゃうぅ!」自分でもキモい声が出た。液も出た。
口の中でビクビクしながら出しまくった。
彼女はゆっっくり瞬きをしながら残りも吸い取ると、一瞬口を離してそのままゴックンした。
ああ、もう、愛おしい。

「こっちおいで」と彼女を引き寄せキスをした。
自分の味がしないでもないがクソどうでもいい。
全力でエッチしたいという気持ちが全面に出ていた。
一旦ふにゃるちんこにまんこを合わせ乗ってきた彼女。
そのまま密着してずっとキス。唾液交換。
体に触れる太ももがまたエロいし、お胸が、乳首が程よく押し付けられて…ちんこがすぐに復活した。

「入れる?」彼女は聞いてきた。
でも、もう入りかけてる。
軽く腰を振って素股してくるけど、俺がちょっと腰を引けば……そこで気づいた。
まんこすっごい濡れてる。ローション塗ってないよね?って確認したいくらい。
俺が返事をする前に彼女は少し腰を浮かせて入れちゃった。なんで聞いたの。あ、でも。にゅるっと入ったまんこの中は熱かった。
イッたばかりでも新鮮な気持ち良さ。
ここで彼女の正式な喘ぎ声が披露される。超かわいい。
それはそのまま口に出してしまって、「嬉しい。もっと言って?」と催促された。
だから可愛い可愛い言いながら彼女の腰振りに身を任せていたのだが、明らかに興奮度が違う。なんで、もう、イキたい。
「出そうっ、出そう」伝えたらキスしてきた。
でも今度は唇を強く押し付けてくる。ぶちゅー!って。
鼻息荒くなって、彼女を抱きしめた。
お返しにと彼女の両手が俺の頬を包んだ。夢心地だ。
「可愛いっ、もうだめ、好き!好き!好きぃ!」俺、なんなの。大きな声を出してそのまま中に。
しかも注入してる途中で本来の目的である生中が達成されたと気づく。
でもキスで即上書きされた。気持ちいいに引き戻された。
そこで俺はついに、泣いた。こんなに気持ちいいのは初めてだったのだ。
そして、今後これを超えるエッチは絶対出来ないと思った。余計に泣いた。
子供の時以来だ。声を出して泣くのは。
でも彼女は全然驚かない。
キスもやめない。
時々「気持ちかったね」とか「まだ繋がってるよ」とか言ってくる。
多分ここまで来るとそこら辺のカップルでもたどり着けないほど愛し合ってる感じだった。
ちんこ脳だった俺が馬鹿だったと反省し心も体も満たされた喜びで泣きながら彼女とキスした。ずっと抱きしめてた。

しばらくして彼女は「やっぱりもう帰っちゃう?」とボソッと聞いてきた。
俺、もう惚れてた。本当に。
泊まりでも場所変えるでもなんでもいいからまだ一緒にいたいと伝えると、喜んでくれた。
隣に寝転んで、俺に抱きつきながら、ピロートーク的なものが始まった。
お見合いみたいに趣味とか聞きあったりして…そこで彼女はこう言った。
「私、AV出てたんだ」へぇって1度は軽く流したがあの気持ちよさはそのせいか、と納得した。
女優名も言ってくれたので、なんかその場で検索した。ウィキがある。元だ、本当に。
ただ……出演本数がめっちゃ多い気がした。単体のもいっぱいだ。
なに、この子実は人気AV女優だったの?
続けて無料動画を見てみた。
俺は悲しくなった。
今俺としたラブラブなものは少しも無かったのだ。
8割が女をオナホールかなんかと勘違いしたようなもので、乱暴にキスして乱暴に腰振ってまんこにケツに中出しするばっかり。
こんなに可愛い子がなんでこんな扱いを受けてんだって驚いてたら、普通に無修正のもあった。
なんて言ったらいいのか。黙ってスマホを放って、彼女にキスした。
「嬉しい?」と聞かれた。
「全然嬉しくない」って即答した。
今度は彼女が泣きだした。
「汚いよね」と。「ごめんなさい」と。
だから俺は痛くない範囲で力強く抱きしめた。
後々分かることだが、彼女はメンヘラとまではいかないまでも心に闇を抱えていた。

長くホテルに居てすんごいエッチもして、暗い雰囲気なのに。俺はちょっと腹が減った。
腹が鳴って、ようやく泣きやみそうだった彼女が少し笑ってくれてご飯を食べに行くことになった。
ファミレスで互いにあーんしたりして楽しく食事をし、AVのことには触れずに色んな話をして……店を出た。

「ありがとうね、楽しかったよ」と解散する気満々の彼女だが、「待ってよ、お金は?」そうだろ?元々はそういうあれで……
「ううん。要らない」いやいやいやいや。あんなにしてもらってありえない。
でもちょっと気持ちが分かる気もした。お金が発生したら、あのエッチはただのエッチになる。と。仕事のそれと変わらない、と。
だから俺は行こうとする彼女の手を掴んで、考えた。
不思議そうに見てくる彼女にちょっと溜めてから「まだ…というかもっと一緒にいたい…かも、だめ?」最後の最後にちょっとビビりが出た。
でも彼女は何回も頷いて人前なのに抱きついてきてくれた。

それから自宅に連れ込み、流れで何泊か……気づけば同棲し、彼女は恋人を経て妻になった。
そこに至るまでに何回も衝突した。AVの過去がある以上不快な場面がこれから何度も訪れるからだ。
でも、俺はこの子がいいって決めたし、守っていくし、一緒に幸せになる。

……後になって聞いた事。
立ちんぼの中に混ざっていたのは、彼女なりにいつか俺みたいな人が現れるかもと期待してのことだった。
健全な出会いなんて出来るわけないと。
そして、俺以外の相手してきた男達は皆、やっぱり一時的な欲を満たすためのエッチを求めてきたと。
結局AVのそれと変わらないような一方的な行為を繰り返して、イッたら満足して去っていく。そんな光景が寂しいと。
そして俺がそういう意味では初めての男だったと。
だからあの時はゴムもせずそのまま中に。
むしろ許したというより欲しかったくらいだったそうだ。

今でも名前を出せば無限に動画が出てくるし、名前を出さずとも出てくる時がある。
ふいについ検索してしまって複雑な気持ちになるが、過去は過去だしこれは検索した俺が悪いが。

長々とすみません。
でも、こんな形でも出会いがあるんだってこと…それと女の子に優しくしようねってことをどこかに残したい。
こんなサービス受けたラッキーとかこいつ無愛想だなとかだけじゃなくて、もしかしたらこうなる原因があるかもしれないって……まあ、結局は単純にお金がほしいだけの残念な子ってパターンのが大半だろうけど笑

タグ:, , ,
いいね!
いいね!241
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
読み込み中...
その後、自宅に連れ込んだだけじゃなく、同棲、恋人を経て、なんと結婚したという結末には驚きでした。「過去にAV出演があったからこそ彼女と出会えたんだ」と単純に割り切ることは出来ないかもしれなけど、二人一緒に未来を見つめて歩んで行けるといいですな。お幸せに!!
【中出し倶楽部】中出し好きな人にオススメ!中出し体験談多数掲載!!
投稿No.5044
投稿者 裏乃洲
掲載日 2019年11月02日
かつては午後7時くらいにもなれば、通りかかる男に誰彼構わず「オニイサン、アソビイク?」と声をかける立ちんぼ達が、表通りにまで溢れかえった都内のとある町。
その町だけではなく、繁華街に近い隣の区画にあるラブホ街にも女が溢れかえっていたほど。
女たちも、20代から30代くらいの綺麗どころが選り取り見取り。
アジア系・南米系はもとより、数は少なかったがヨーロッパ系も立っていたものだ。
極少数だが中米系の黒人もいたし、アフリカ人もいたと聞く。

だが、今となってはアジア系の熟女、運が良くて南米系の熟女が数人立つ光景しかしかみられなくなってしまった。
ある程度若い女もたまには立つが、そんな女に出会えたら奇跡だ。すぐに交渉したまえ。
もう一回り見てみようなどと欲をかくと、戻ってきた時にはもうとっくに買われている。

また、一見若くて美女に見えても良く見たらニューハーフ、下手すりゃオカマなんて可能性もあるから、気を付けないとあぶないったらありゃしない。

そんな廃れてしまった裏風俗の廃墟を歩いていると、やや細い通りの奥、とあるラブホの前で、一人の女が声をかけてきた。
アジア系の熟女、恐らく中国人だろうか。
暗がりで見るとちょっと色っぽく見えるが、明るいところで見たらとても買おうなどという気にはならないだろう。

「オカネアル? ホテル代イレテ、イチゴデイイヨ」

ホテル代も入れて15,000円、ということだ。
その日はたまたま全然持ち合わせがなかった。
財布の中には5000円札しか入っていない事は判っていた。
その事を告げると女は「ナラ、外デスル? ソレナラ5000円デイイヨ」と、なおも誘ってきた。
「外デスル」と言う言葉に、俺は不覚にも惹かれてしまい、ついOKしてしまった。
実は今まで、外でしたことはなかったのだ。
初の野外セックスへの期待に、俺の胸は高鳴った。
とは言え、一体どこでするのかと思ったら、女はすぐ近くのラブホの路地に、仕切扉を勝手に開けて入っていく。

「ココナラダイジョウブ、誰モコナイ」

隣の建物もラブホで、恐らく従業員の控え室からだろうか、微かにTVの音が漏れ聞こえてきた。
女に言われるがままに5000円を先払いし、ズボンとトランクスをずり下げた。
女は俺のモノをしごきはじめた。
初めての野外体験ということもあり、興奮してモノはすぐにいきり立った。
もう十分に挿入できるくらいに硬くなっているのに、女はしごく事をやめなかった。

「お姉さんはまだ脱がないの? もう入れられるよ?」
「ワタシハ脱ガナイヨ。5000円ダッタラ手ダケ」

ええええっ!?
そりゃないよ!

心の中で叫んではみたものの、無理強いして喧嘩になっても仕方がないし、その筋のバックがついていたら面倒臭い事になる。
金も払ってしまった事だし、しょうがない、ここは諦めて出さなければ損だ。

やがて路地の黒い土の上に、白い露が寂しげに滴った。

それにしても、若くて綺麗な女の子の手コキサービスなら5000円でも納得いくが、こんなオバハン立ちんぼの手コキとは。。。。
割りに合わないよッ!

タグ:, ,
いいね!
いいね!19
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
読み込み中...
初の野外セックスということでドキドキしながら読み進めていったら、なんと手コキのみのサービスだったとは(笑) まぁ、5000円で手コキのみというのは相場的に妥当ではあるけど、手コキのみなら松重さんのCMのように「それさぁ、早く言ってよ~」と言いたくなっちゃいますな(^^;
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!! サクラのいない出会える優良出会い系サイトを紹介しています!!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!!
サクラのいない出会える優良出会い系サイトを紹介しています!!
【中出し倶楽部】中出し好きな人にオススメ!中出し体験談多数掲載!!
投稿No.5038
投稿者 HHHHH
掲載日 2019年10月21日
前回(投稿No.5037)の中国嬢の話はわりと最近ですが、書きながらふと数年前のことを思い出しましたので、書いてみます。

前回投稿同様の歌舞〇町の奥側にある、わりと有名な立ちんぼエリアです。
噂では最近はめっきり減ったみたいですが、数年前は春先などいい季節には何人も見かけたものです。

この日は、たしか3月の末くらいの金曜日の夜で、そうつまり学校も春休み真っ盛りのころでした。
立ちんぼさんたちが学生なのかどうかは別として、街全体が、なんとなく浮かれた雰囲気で若者で溢れていました。

有名な建物の裏手に回ったら、2人組の女の子のひとりがこちらを見ていたので、近づき、「遊べる?」と聞いたところ、なんと「二人セットで?」と言ってきました。
さすがに二人セットは想定してなかったので、一瞬、生まれて初めての3P体験か!とか思いましたが、いやいや、見ず知らずの立ちんぼ二人組とホテルに行くなんて、リスク管理が出来てなさ過ぎですよね。すぐに冷静になり、「いやあ、二人はちょっとなぁ。。。」などともごもごしていたところ、通りの方に仲間と思われる男の子たちを見つけ、二人ともそちらの方に行ってしまいました。

それ以外にも、ポツンポツンと「待ってる」っぽい子がいるのですが、「探している」方の男性も多いので、いいかもと思う子はあっという間にに連れていかれてしまいます。
しばし、うろうろしてから、今度は建物の表側に行き、端の階段を通りかかったところ、さっきの二人組が、それぞれ階段の両端に腰かけていました。

まあ、正直言うとどっちでもよかったのですが、なんとなく、さっき話した方の子よりも、奥にいた子の方が大人しそうだったので、そっちの子の隣に自分も腰かけ、「さっきも会ったね」などと話しかけ、交渉してみたところ、「わたしでいいの?さっきのもうひとりの方じゃなくていいの?」と聞いてきます。
どうも、このへんでたむろしている子たち、ほんとうはそんなに親しいわけではなくて、たまたまよく見かける間どうしなので、なんとなく一緒にいることが多いということが多いようです。

「君がいい。君の方が好み」と言うと、うれしそうに「ほんと!じゃあ、行こうよ」とニコニコ笑って立ちあがりました。
なんかいい雰囲気です。

さらに、「ねえ、ちょっとだけ飲みたいな」と言ってくるので、ホテルの前に飲みをおねだりしてきたのかと思ったら、「コンビニでお酒買って」というなんともかわいいおねだりでした。
こちらも、味気ないホテルの行為だけじゃなくて、軽く会話しながら飲んでからやるのもいいなと思い、コンビニに行きました。
こちらは、ロング缶のビールやつまみなど買いましたが、彼女の方は甘そうなサワー系の350ml缶一本だけ選び、「これでいいです」と。
つい、「それだけでいいの?お腹空いてない?」とか聞きましたが、「これだけで十分」と控えめな性格のようです。

ホテルも彼女のお勧めの安いわりにはキレイなところに行きました。
部屋に入ると、まず乾杯です。
寒かったので、お風呂にお湯を入れました。
ちょっとだけ、会話など楽しんだあと、二人でお風呂に入りました。

なーんか恋人同士のようでとても楽しい気分になりました。
もっとも、こちらは中年太りのおじさんで、向こうは20代前半くらいのギャルですが。
名前を聞かれたので、適当に思いついた「けいすけ」を名乗りました。

風呂からあがったら、さっそくベッドで開始です。
小柄な彼女の全身を舌で攻めていきます。
アソコに達したら、もうかなりいい感じで潤っています。
お風呂に入りましたが、ちょっとだけアソコの臭いが漂います。
激しくクンニをすると、「あん、あん」と大きく喘ぎます。
マン汁もどんどんと溢れてきて、クンニをしているこちらの口の周りから頬までびしょ濡れになるほどです。

顔のマン汁を布団で拭き取り、いよいよ挿入です。
思いっきり潤っているので、あっさり奥まで行きました。
「ああああああっ!」と彼女も大きく喘ぎ声をあげます。
リズムに合わせて腰を振ると、どんどんと声が高まり、「けいすけ!けいすけ!すごい!すごい!」とこちらに強く抱き付いてきます。
体位を変えてみたり、戻してみたり、十分に堪能してから昇天しました。
立ちんぼさんとのセックスにしてはかなり盛り上がり、こちらの満足感も高かったです。

終了後に、再び二人でお風呂に入り、服を着て、ホテルを出ましたが、ラブホテルの入り口の、通りから少し目隠しになっているところで、別れ際に、きゅっと抱きしめ、お別れのキスをゆっくりゆっくりしました。
なんともいい感じでした。

でも、実は、この数週間後にやっちゃったんです。
その日は雨で、立ちんぼさんもほとんどいなかったのですが、建物の裏手に回ったら、傘さして向こうを向いている子が一人いました。
顔が見えなかったのですが、若そうな雰囲気だったので、後ろから「遊べる?」って声を掛けたら、なんと、笑いながら振り返り「〇〇(彼女の名前)だよー!もう、けいすけじゃないの!」って。
どうも、向こうはこちらに気づいていたようですが、声をかけてもらえないかと思ったのか、わざと避けようとしてたみたいです。
「なんだ、〇〇ちゃんか!」と驚き、内心、「またこいつか!」という気持ちもありましたが、まあ、前回みたいな雰囲気も悪くないかと、同じ条件で同じホテルに行き、また二人で楽しみました。

タグ:
いいね!
いいね!31
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
読み込み中...
投稿No.5037と違い、この嬢とはいい感じに盛り上がることができて良かったですな。最初、せっかくの3Pのチャンスだったのに惜しいと思ったけど、もう一人の嬢に主導権を握られ、味気なくちゃっちゃと済まされちゃったかもしれないことを考えると、3Pの提案に応じなくて正解でしたな。
  • ご利用は各自の責任でお願い致します。(実際に活用できる情報としてではなく読み物としてお楽しみください)
  • 諸事情により割愛やぼかした表現で掲載している場合があります。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)