風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!ユーザー参加型風俗サイト!!

教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!! サクラのいない出会える優良出会い系サイトを紹介しています!!
教えて!サクラのいない出会い系サイト
セフレ~恋人を見つけるにはやっぱり出会い系!!
サクラのいない出会える優良出会い系サイトを紹介しています!!
投稿No.5140
掲載日 2020年7月28日
風俗遊びに慣れてくると1度は考える人もいるはず。「生でしたい」「中で出したい」自分はそんな欲に見事に溺れて、色んな店を開拓したりしたけど…立ちんぼ系に手を出してみようと都内某所に通い始めた頃に運命的な出会いがあった。

いくつかのラブホに近い場所。数人の女の子。これこれ、この雰囲気。
自分から声をかけるのは意外と勇気が要るが、この程度で躓いたら夢の生中には到底たどり着けない。
スマホに夢中の女の子達。暗がりで画面のライトが顔を照らして…この子はかわいい、あの子は微妙…そんな風に観察していると1人の女の子が気になった。
スマホを触ってない。ただ、ガードレールに腰掛けてぼーっと星の見えない夜空を見てるだけ。
街灯で顔が見える。正直、さっきまで他の子見てたのがバカみたいでめっちゃくちゃ可愛かった。
ただ、その分怪しさもあった。
同じ目的の男達が他の子には声をかけるのにその子だけ素通りするのだ。
メンヘラ?怖いお兄さんがセット?もしやもっとやばい?色々考えるも、容姿だけ見たらその子以外考えられない。
恐る恐る声をかけてみた。
「そ、空見てるの?」
ビビりが出てしまった。
「うん。死んだらどうなるんだろうって」
あ。ダメなやつ。と脳が判断するがちんこが続けろと命令する。
「嫌なことあった?」と聞くと「ううん。なんか寂しいなって」
ここでようやくこちらを見てくれた。
目が合うと、やっぱり可愛い。
俺この子がいい。脳とちんこの意見が一致して、多少危険でも構わないと思った。
「今から遊べたりする?」聞けた。ようやくスタートライン。
「んー、どうしよ。……」目を合わせてじっと見つめ合うこと数秒。
「いいよ。行こ」ニコッと笑って手を出してきた。
なんか嬉しくて自然と恋人繋ぎをしながらホテルへ。

部屋に着いてから今更に条件を……と思い出すが、この子は積極的でこちらの服を脱がせながらキスをしてくる。
もう全部終わったらでいいや。最悪財布ごと渡せばいい。クソ可愛い。そんなこと考えてた。ちんこ脳だった。
寂しいと言ってたのが本当だと思うほど、甘いキスが続く。
柔らかい唇と舌に愛撫されてキスだけでイケそうな気もした。

2人とも全裸になりシャワーへ。
ここでも度々キスを挟む。
お胸はC~Dで形も綺麗。
姿勢もよく、小柄な体を抱き寄せると向こうもギュッと抱きしめてくれた。
これは、完全に、恋人プレイだ。
幸福感が強くてちんこが破裂しそうなくらい勃起した。痛い。

大して言葉も交わさずイチャイチャイチャイチャしながら、まともに体を拭かずに一緒にベッドに横になった。
「大丈夫?」ここで彼女がちんこを優しく撫でながら心配してくれた。
俺はちょっと顔が引き攣ってた。
痛いくらい勃起したのは初めてだったから。
「すぐにでも出したいかも」そう言うと「うん……」少し寂しげに返事し乳首を舐めてきた。
舌の上で乳首を転がし、唇でちゅぱっと軽く摘むように吸う。
初めてあんあん喘いだ。
情けない声が出る度に彼女は可愛く笑って乳首を吸う。
そしてフェラにゆっくり移行した。
口に入る寸前、先行する舌がちんこに絡みついてくる。お迎えだ。おいでって言われてる。
気持ちよくて気持ちよくて腰を突き出しちょっと強引に突っ込んだ。
あったかい…柔らかい…ぐじゅにゅる。
彼女のフェラはゆっくりで包み込むやつだ。
キツく吸っていやらしい音を鳴らすものではない。
だが、それが恋人プレイのムードをさらに高みへ押し上げる。
愛を感じるのだ。だってずっと目が合ってる。見つめてくる。
「気持ちいい…気持ちいい」俺はもうイキそうで。それでも彼女は速度を変えない。でも察してる。
はぁはぁと吐息を漏らすようになり、両手は俺の腰を抱きしめる。
はい。もう無理です。
「出ちゃうぅ!」自分でもキモい声が出た。液も出た。
口の中でビクビクしながら出しまくった。
彼女はゆっっくり瞬きをしながら残りも吸い取ると、一瞬口を離してそのままゴックンした。
ああ、もう、愛おしい。

「こっちおいで」と彼女を引き寄せキスをした。
自分の味がしないでもないがクソどうでもいい。
全力でエッチしたいという気持ちが全面に出ていた。
一旦ふにゃるちんこにまんこを合わせ乗ってきた彼女。
そのまま密着してずっとキス。唾液交換。
体に触れる太ももがまたエロいし、お胸が、乳首が程よく押し付けられて…ちんこがすぐに復活した。

「入れる?」彼女は聞いてきた。
でも、もう入りかけてる。
軽く腰を振って素股してくるけど、俺がちょっと腰を引けば……そこで気づいた。
まんこすっごい濡れてる。ローション塗ってないよね?って確認したいくらい。
俺が返事をする前に彼女は少し腰を浮かせて入れちゃった。なんで聞いたの。あ、でも。にゅるっと入ったまんこの中は熱かった。
イッたばかりでも新鮮な気持ち良さ。
ここで彼女の正式な喘ぎ声が披露される。超かわいい。
それはそのまま口に出してしまって、「嬉しい。もっと言って?」と催促された。
だから可愛い可愛い言いながら彼女の腰振りに身を任せていたのだが、明らかに興奮度が違う。なんで、もう、イキたい。
「出そうっ、出そう」伝えたらキスしてきた。
でも今度は唇を強く押し付けてくる。ぶちゅー!って。
鼻息荒くなって、彼女を抱きしめた。
お返しにと彼女の両手が俺の頬を包んだ。夢心地だ。
「可愛いっ、もうだめ、好き!好き!好きぃ!」俺、なんなの。大きな声を出してそのまま中に。
しかも注入してる途中で本来の目的である生中が達成されたと気づく。
でもキスで即上書きされた。気持ちいいに引き戻された。
そこで俺はついに、泣いた。こんなに気持ちいいのは初めてだったのだ。
そして、今後これを超えるエッチは絶対出来ないと思った。余計に泣いた。
子供の時以来だ。声を出して泣くのは。
でも彼女は全然驚かない。
キスもやめない。
時々「気持ちかったね」とか「まだ繋がってるよ」とか言ってくる。
多分ここまで来るとそこら辺のカップルでもたどり着けないほど愛し合ってる感じだった。
ちんこ脳だった俺が馬鹿だったと反省し心も体も満たされた喜びで泣きながら彼女とキスした。ずっと抱きしめてた。

しばらくして彼女は「やっぱりもう帰っちゃう?」とボソッと聞いてきた。
俺、もう惚れてた。本当に。
泊まりでも場所変えるでもなんでもいいからまだ一緒にいたいと伝えると、喜んでくれた。
隣に寝転んで、俺に抱きつきながら、ピロートーク的なものが始まった。
お見合いみたいに趣味とか聞きあったりして…そこで彼女はこう言った。
「私、AV出てたんだ」へぇって1度は軽く流したがあの気持ちよさはそのせいか、と納得した。
女優名も言ってくれたので、なんかその場で検索した。ウィキがある。元だ、本当に。
ただ……出演本数がめっちゃ多い気がした。単体のもいっぱいだ。
なに、この子実は人気AV女優だったの?
続けて無料動画を見てみた。
俺は悲しくなった。
今俺としたラブラブなものは少しも無かったのだ。
8割が女をオナホールかなんかと勘違いしたようなもので、乱暴にキスして乱暴に腰振ってまんこにケツに中出しするばっかり。
こんなに可愛い子がなんでこんな扱いを受けてんだって驚いてたら、普通に無修正のもあった。
なんて言ったらいいのか。黙ってスマホを放って、彼女にキスした。
「嬉しい?」と聞かれた。
「全然嬉しくない」って即答した。
今度は彼女が泣きだした。
「汚いよね」と。「ごめんなさい」と。
だから俺は痛くない範囲で力強く抱きしめた。
後々分かることだが、彼女はメンヘラとまではいかないまでも心に闇を抱えていた。

長くホテルに居てすんごいエッチもして、暗い雰囲気なのに。俺はちょっと腹が減った。
腹が鳴って、ようやく泣きやみそうだった彼女が少し笑ってくれてご飯を食べに行くことになった。
ファミレスで互いにあーんしたりして楽しく食事をし、AVのことには触れずに色んな話をして……店を出た。

「ありがとうね、楽しかったよ」と解散する気満々の彼女だが、「待ってよ、お金は?」そうだろ?元々はそういうあれで……
「ううん。要らない」いやいやいやいや。あんなにしてもらってありえない。
でもちょっと気持ちが分かる気もした。お金が発生したら、あのエッチはただのエッチになる。と。仕事のそれと変わらない、と。
だから俺は行こうとする彼女の手を掴んで、考えた。
不思議そうに見てくる彼女にちょっと溜めてから「まだ…というかもっと一緒にいたい…かも、だめ?」最後の最後にちょっとビビりが出た。
でも彼女は何回も頷いて人前なのに抱きついてきてくれた。

それから自宅に連れ込み、流れで何泊か……気づけば同棲し、彼女は恋人を経て妻になった。
そこに至るまでに何回も衝突した。AVの過去がある以上不快な場面がこれから何度も訪れるからだ。
でも、俺はこの子がいいって決めたし、守っていくし、一緒に幸せになる。

……後になって聞いた事。
立ちんぼの中に混ざっていたのは、彼女なりにいつか俺みたいな人が現れるかもと期待してのことだった。
健全な出会いなんて出来るわけないと。
そして、俺以外の相手してきた男達は皆、やっぱり一時的な欲を満たすためのエッチを求めてきたと。
結局AVのそれと変わらないような一方的な行為を繰り返して、イッたら満足して去っていく。そんな光景が寂しいと。
そして俺がそういう意味では初めての男だったと。
だからあの時はゴムもせずそのまま中に。
むしろ許したというより欲しかったくらいだったそうだ。

今でも名前を出せば無限に動画が出てくるし、名前を出さずとも出てくる時がある。
ふいについ検索してしまって複雑な気持ちになるが、過去は過去だしこれは検索した俺が悪いが。

長々とすみません。
でも、こんな形でも出会いがあるんだってこと…それと女の子に優しくしようねってことをどこかに残したい。
こんなサービス受けたラッキーとかこいつ無愛想だなとかだけじゃなくて、もしかしたらこうなる原因があるかもしれないって……まあ、結局は単純にお金がほしいだけの残念な子ってパターンのが大半だろうけど笑

タグ:, , ,
いいね!
いいね!174
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
読み込み中...
その後、自宅に連れ込んだだけじゃなく、同棲、恋人を経て、なんと結婚したという結末には驚きでした。「過去にAV出演があったからこそ彼女と出会えたんだ」と単純に割り切ることは出来ないかもしれなけど、二人一緒に未来を見つめて歩んで行けるといいですな。お幸せに!!
【中出し倶楽部】中出し好きな人にオススメ!中出し体験談多数掲載!!
中出しした時って  長い舌の方ご存知ですか?  どっちが好み?  北千住のピンサロ情報  オンライン風俗体験した方  恵比寿、目黒、五反田探して...  マンションヘルス(恵比寿、...  お勧め嬢  この親不孝者さんのファンです  渋谷チェリーガール、さなさん 
[戻る]
[ホーム] [コーナートップ]
  • ご利用は各自の責任でお願い致します。(実際に活用できる情報としてではなく読み物としてお楽しみください)
  • 諸事情により割愛やぼかした表現で掲載している場合があります。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)