風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!ユーザー参加型風俗サイト!!

風俗体験談募集中!!
  • 風俗らいぶらりーでは皆さんからの風俗体験談を募集中です! みんなの風俗体験談の投稿はこちらから!
  • 掲載している風俗体験談は全てユーザーから投稿して頂いたオリジナルです。(コピペ・まとめではありません)
  • 投稿者名をクリックすると、その投稿者が過去に投稿した体験談が表示されます!(同一名の他投稿者が存在する場合もあるため、表示される全てがその投稿者の体験談とは限りません)

新着風俗体験談

イキ過ぎ注意報  いいね!32件
四人目のオキニと  いいね!30件
店舗型人妻系ヘルス  いいね!39件
OPにはないプレイ、そして  いいね!64件
再訪 コスパのいいエステでMJ受けま...  いいね!33件
» 風俗体験談一覧へ

いいね!ベスト5

前立腺攻めに悶絶  いいね!504件
収まらない元ヤン  いいね!438件
童貞が初めての風俗へ  いいね!419件
末永く続く関係  いいね!387件
お漏らしお姉さん  いいね!339件
» いいね!一覧へ
投稿No.5394
投稿者 リョウ
掲載日 2021年12月01日
僕をM性に目覚めさせてくれたリサ様との出会いは、投稿No.5316に書かせて頂きました。
それから10年後、僕は大阪から浜松に転勤になり、二カ月に一度ぐらい東京の本社に出張する生活となりました。
その頃東京で出会ったミストレス・由美様の調教と相性が良く、由美様の予約が取れる日時に合わせて東京出張の予定を組んでいました。

由美様は濃いアイメークでメリハリボディーのセクシーな美熟女。ド真ん中ストライクのタイプです。
アナル調教が得意技ですが、この時期僕はハードな責めよりもM性感に近いソフトな責めが好きでした。
出会いの最初に「女装Mのバイです」と自己紹介したこともあって、羞恥責めが由美様の調教の中心になりました。
とは言え由美様の責め技のレパートリーは多彩で、今日はどんな事されるんだろう、といつもドキドキでした。
そのM男専科クラブには由美様以外にも魅力あふれるミストレスたちが在籍しており、僕はいつも浜松の「夜のお菓子」として有名なウナギパイを差し入れていました。
そのおかげか、プレー中に他のミストレスの方々が毎回のように乱入して下さり、CFNMをたっぷり楽しむ事が出来たのでした。

由美様がお勤めのクラブは都心の大きなターミナル駅から徒歩10分、ガードに面したマンションの7階にありました。
駅を出ると、これから経験する恥ずかしい妄想で早くもフル勃起。
最後の交差点を渡る頃は一歩ごとに股間に押し寄せる快感で、思わずアアーッと叫びそうになる。
あらかじめ教わっているセキュリティーコードを入力してマンションの玄関を入り、エレベーターの前へ。
期待と興奮で震える指で7階を押す。
ああ、もうすぐだ。膝がガクガク、喉はカラカラです。
7階に着いてインターホンの前へ。
このボタンを押したら、3分後には由美様の前で素っ裸!もう頭が真っ白です。

ピンポーン。ドアが開き、由美様が迎えて下さいます。
料金を払ってプレイルームに入ると、ボンデージ・ルックの由美様に優しく抱擁され、耳元で囁くように脱衣命令を頂くのがいつものパターンでした。
まず下着女装。全裸でフル勃起のまま、由美様の前で下着を選んで、鏡の前で試着します。
大体いつもブラ、パンティ、ストッキングの黒のスケスケ3点セットで決まります。
ある時は由美様が常連さんからプレゼントされて何度か履いたと言う黒いパンティを貸して下さり「こんな事、誰にでもさせるわけじゃないのよ」と言われた時は天にも昇る心地で、履いた瞬間もう逝きそうになりました。
プレイが始まると徐々にブラもパンティも取られてストッキングだけにされます。
そのままいろんな調教を受けたあと、いよいよ最後に逝かされる時はまずストッキングを脱がされるのがいつもの合図でした。
ソフト調教希望と言いながらも、約4年間通って顔面騎乗、お尻ペンペン、靴のままでの電気マッサージ、アナルからの前立腺責め、聖水拝受、拘束下での身体検査、浣腸、剃毛、バイブでの寸止め、強制連続射精、潮吹きなど、一通りは経験しました。

中でも特に思い出に残るプレイは全裸放置です。
亀甲縛りでプレイルームの外の廊下に連れ出され、長押に両手をバンザイの形で縛り付けられた。
由美様は「声を出しちゃダメだからね」と言い残して控室に戻ってしまいました。
僕が身に着けているのは縄と黒のストッキングだけですが、フル勃ちの竿に赤いリボンを結ばれ、竿の先っぽにルージュでハートマークを描かれ、ストッキングにはルーペが差し込まれている。
誰かに見られたらどうしよう。
ドキドキしていると、背の高いミストレスが廊下に出て来ました。リカコ様です。
わざと僕に気付かないふりをして玄関のほうに歩いて行くリカコ様の背中に向かって「見ないで・・・」と呼びかけると、リカコ様が振り向いてニヤッと笑う。
「そんなとこで何してんの。あら、見てほしいのね。アハハ、じゃあ、たっぷり見てあげる」そう言ってストッキングからルーペを抜き取り、中腰になってじっくり観察して下さいました。
「やだ、ピクピクしてる。私に見られて興奮してるのね。リボンなんか着けちゃって、いやらしいこと。あらあら、先っぽがヌルヌルになってルージュのハートが落ちかけてるわよ。由美さーん、あなたのペットが大変な事になってるぅ」
すると由美さんが出て来て「こら、声出したらダメって言ったでしょ。だのにリカ子さんに色目使ったのね。じゃあ厳しくお仕置きするから」と言って手の拘束を解き、僕の竿をわし掴みにして再びプレイルームの中へ引きずり込まれて縄を解かれた。
床に仰向けに寝かされてストッキングを脱がされ、スッパダカに。いよいよ逝かされます。
もう1時間以上勃たされっ放しなので、由美様の手でギュッと握り締められただけで、あっという間に昇天させられてしまいました。

その後ビルの建て替えがあり、そのクラブも閉店したようで、由美様の消息もわからなくなりました。
きっと今もどこかでM男たちに容赦のない調教を施しておられるのでしょう。
また再会できたら、その時はアルファ・インのようなSMホテルへ出張調教をお願いしてみようかな、いや温泉旅行で一泊調教はどうかな、などと下らない思いを巡らせているんですが、果たして実現するかな・・・?

タグ:, , ,
いいね!
いいね!19
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
読み込み中...
由美女王様の予約が取れる日時に合わせて東京出張の予定を組んでいたほどとは(笑) それほどハマっていたのに、ビルの建替えでそのSMクラブも閉店してしまい、由美女王様の消息も分からなくなってしまったのが残念ですな。

【中出し倶楽部】中出し好きな人にオススメ!中出し体験談多数掲載!!
体型の変化  自慢したくなる嬢  親不孝兄貴!おかえりなさい!!  セクキャバで美人女子大生と本番  相性の良かった嬢が性病持ち...  潮吹き選手権in川崎  小倉七海ちゃん  風俗はしご  初めて呼んだデリヘル  出禁にされた 
投稿No.5380
掲載日 2021年11月09日
お久しぶりです、先日ちょっと趣向を変えたお店に突撃してきたのでその時の事をご報告させてもらいに来ましたw

仕事が繁忙期に入り休みが少しずつ減ってきて忙しさばかりが増えてきて様々な欲求が溜まってきていました。
そこでせっかくの休み、しかも給料日後ということでデリで遊ぼうと思い、休み前の夜いつもの風俗サイトを覗くも過去何度かお世話になった熟女嬢や人妻嬢は軒並み休みか登録はあるけど出勤予定が真っ白になっている。
どうしようかと悩んでいるとたまたま目に入ったSM専門デリのお店を発見。
在籍嬢は全員ドMでお店のコンセプトはオプション料金すべて無料!いくら頼んでも追加料金無し!ということだったのですが在籍者は軒並み年下ばかり。
年上大好きな自分としては結構不安になってくる、なので明日の出勤者の一覧からほかの口コミサイトやどんなサービス受けれたかまとめたサイト等を吟味し性格もサービスも良さげな21歳のHちゃんををチョイスし予約を入れてみました。
オプションでノーパン・ノーブラ、素股、69、顔出し動画撮影等を入れて次の日へ。

時間が近くなってきて派遣可能地域の近くに移動し連絡を待っているとお店から連絡が。
「申し訳ございませんが予約していただいたHちゃん不正出血で今日お休みになっちゃったんですよ」
ガーンだな、と出鼻をくじかれ他の子でしたら大丈夫ですと言われてもサイトをもう一度確認してからではないとさすがに色々難しい。
抜く気満々でいたので今更次回へ持ち越しはする気になっていなかったのでもう一度サイトを覗き、ほぼ同じようなオプションを使えるSちゃん(19歳)こちらはを見つけ評判も良さげなので空き時間がなんとか確保できたとのことで100分コースで予約。
急いで指定されたホテルへ。

到着後風呂を入れ歯を磨きホテルAVを見ながら到着をソワソワしながら待っていると待ちに待ったインターホンが。
招き入れると150センチもない小柄な子が、しかもサイトの写メより可愛い!
ソファに座ってボディタッチをしながら軽く談笑、若い子って結構ズバズバモノを言うので不愉快になるのでは?という偏見を打ち壊すようなくらい態度が良く話していてすごく楽しいw
話の流れで急遽入れた予約ということもありオプションをほぼ入れれていない事を伝え、事前に持ち歩いているSMグッズ等を広げてもらいながらもここで撮影の許可を取る。
流出させませんという誓約書を書きそろそろプレイ開始しようとお風呂へ。
体を洗ってもらいつつ浴槽内でちょっと癒されたお礼に軽くマッサージ(エロくはない奴です)
喜んでもらえたようなので時間ももったいないということもあり程々で退出しイソジンうがいを済ませベッドへ。

プレイ中はドMということなので完全受け身。
今まで一切攻めてこない嬢とはしたことがないのでとりあえず程よい大きさの胸を揉みながら乳首を攻める。
小さく喘ぎ声を出しながら身をよじるSちゃんにあまり持ち合わせていないはずの嗜虐心が沸々と湧き上がってきて意外と濃い下の毛をかき分けてアソコをさわさわ。
どうもクリちゃんが弱点らしくクリちゃんを攻めると声が大きくなってきたのでクンニ攻撃へ移行。
指を一本入れつつ中を探るともうキッツキツのアソコに指が締め付けられてくる。
指何本入れているのかと聞かれるも1本しか入りませんw

その後しばらくクンニと手マンで攻めて今度はフェラをしてもらうことに。
そして事前に用意していた撮影道具のジンバル君を取り出してフェラ顔を撮影!自分の一物がさながらAVの男優の位置にありそれが今小柄な女性の口に出入りしている!
ただ状況に興奮はしているし気持ちいいのだけれど慣れない事をしているからか、カメラが気になるからかはわかりませんがなかなか射精感が来ない。
若干そんなことを思いつつもどんなエッチが好き?とエッチな質問を繰り返していきながら「キッツキツのアソコに入れたら気持ちよさそうだけどこれはいるかな?」と聞いてみたら「いいけどローション使わせてね、さすがに大きいからつけないと痛いし」とのお返事!
店側にバレたら怒られる証拠がもろカメラに収められたのですが喜んでお願いしゴムを付けてローションヌルヌルになったアソコヘIN(最初生でいこうかなって思ってたけどゴムはしてって言われたので大人しく従いますw)

案の定めっちゃキツイアソコに締め上げられつつも決して痛いわけではなく強い締め付けが逆に心地いい。
これはすごいなと思いつつ撮影続行しながらピストンをするもカメラ持ちながらハメ撮りする人って凄いですね、全然うまく動けないし集中しきれなくて若干萎えてきてしまった(汗
そこである程度のオカズ確保ができたところでカメラを置いてバック、騎乗位、座位、まんぐり返し気味の正常位と体位を変えながら隙あらばスパンキングをして汗だくになりながら1回目のフィニッシュ。
汗でお互いクッタクタになりながらも年上の余裕としてウォーターサーバーから水を汲んで渡しピロートーク。

そのまま撮影した映像を一緒に見て「こんな感じなんだー」とか「やだ恥ずかしい」とかかわいらしい反応をもらいつつ時間を確認すると残り20分。
二回戦目は厳しいので口でしてもらうかなと思い今度は最後まで撮影するんだと思っていたのですがやはりカメラで集中できないのか残り10分アラームが鳴ってしまってもイケずシャワーへ。
Sちゃんもなんとかしてあげたいと思ってくれたのかシャワー浴びながら懸命に手コキや乳首舐め等をしてくれてどうにかこうにか二回目を出す事ができ、お礼を言ってまた呼ぶよって約束して服を着てホテルを後に。
100分って短いねとお互い思っていたらしく、次はもっと長い時間で呼ぶ約束をしました。

ピロートークの時にどんなプレイしてみたいかという話をしていたので次は最初からしっかりとオプション入れてさらに長時間遊びたいと思ってます。
もちろん次もジンバル君にはハメ撮り撮影をしてもらう予定ですw
ただHちゃんも気にはなっているのでそのうち呼んでみようかと思ってます。

また何か面白げな体験したら書きに来ますね、長文失礼しました。

タグ:, ,
いいね!
いいね!24
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
読み込み中...
顔出し動画撮影までOKのSM専門デリヘルとは、新鮮かつ刺激的なプレイが出来ていいですな。予約していたHちゃんが急遽休みになってしまったのは残念だったけど、代わりのSちゃんがバッチリだったようで良かったですな。

投稿No.5316
投稿者 リョウ
掲載日 2021年7月08日
僕の初めての女王様・リサ様(名前は変えてあります)の思い出です。
子どもの頃から自分のM性を自覚して悶々としていましたが、高校を卒業して大阪で就職し、気楽な一人暮らしになった18の時いよいよ願望を抑えきれず、M調教の実体験を決意しました。

当時、風俗は派遣型ではなく店舗型が主流でした。
ネットやSM雑誌でSMクラブの広告を見ては、初体験の店をどこにしようかさんざん迷いましたが、「独立系女王様達の個人経営です」という、画像もない地味な広告が目に止まり、ここなら安心かな、とドキドキしながら電話をするとすぐ女性が出ました。
初めてです、と言うと、こちらの希望やNGを聞き、料金プランの説明があっただけで、そっけない事務的対応にかえって安心感があり、その場で次の日曜日の予約を入れました。

さあ当日。天満にある古い雑居ビルの二階にその店はありました。
受付で詳しい説明を受け、アルバムで女王様を選んでしばらく待たされて・・・何となくそんな流れを想像しながら震える指でインターホンを押して、名前を告げました。
カチャリとドアが開いて、何とボンデージ・ルックの、小柄でアイメークのきついスリムな女性が立っていました。
え、いきなり女王様?!と思う暇もなく「どうぞ」と促されて中へ。
そこはいきなりプレイルームで、初めて見るSMの器具が並んでいました。壁は鏡張り。
ああ、いよいよここで、今から初調教を受けるんだ・・・すると女王様からお言葉が。

「M調教、初めてだったね?」低い、ちょっと掠れ気味のセクシーな声。
「はい・・・よ、よろしく、お願いします・・・」
「じゃあ、あっちで服を全部脱いでシャワー浴びて、タオルで拭いたらまたここへおいで」

はい、と答えてシャワー室へ。
まず下着で責められ、だんだん脱がされて最後にパンツも・・・そんな展開をイメージしていたのに、いきなりスッパダカ?そう思うだけでもうフル勃起。
大急ぎでシャワーを浴びて、バスタオルを腰に巻いて再び女王様の前へ。

「ちょっと何タオル巻いてんのよ。脱ぎなさい!」
「は、はぃ」
タオルを落として、思わず胸を左手で、股間を右手で隠した。
「誰が隠していいと言った?ほら、気を付けえ!」
「ああ、ご、ご覧にならないでぇ・・・」
「あーら、もうフル勃起してんの(笑)」
ああ、見られてる。経験したことのない激しい羞恥と興奮で頭の中が真っ白です。
「いいかい、今後私の前では糸一本身に着けることも許さないからね。お前の制服は素っ裸。分かったね?」
「は、はいっ」
「じゃあ両手を頭の後ろで組んで、そこでグルッと回りなさい」
鏡の前で膝をガクガクさせながらヨチヨチと一回り。体の芯がカッと熱くなる。

「よし。じゃあ私の前に来なさい」
見ると女王様の手に縄が。いきなり鏡の前で亀甲縛りです。
縄を掛けられ、容赦なく股間を締め上げられると快感が体を突き抜ける。もう気が狂いそうです。
何度も室内を歩かされて、一歩ごとに縄が股間に食い込み、声が出る度にアハハハと笑われる。

今度はベッドの上に仰向けに寝かされ、手足を大の字に固定された。
「身体検査するからね」と言われて、どんな事されるんだろう、とドキドキ。
すると女王様の指が乳首をつまんでクリクリ。
「硬度よし。乳輪サイズよし。次は長さを測るよ」
そしてフル勃起したアソコに定規を添えられた。でも直に触ってはくれない。
「14.5センチ。Lサイズってとこね。次はアナルの皺を数えるから、両足上げて。ほら一本、二本、三本、四本・・・」
「ああ、数えないで・・・」
「何言ってんの、こんなに興奮してピクピクしてるくせに。じゃあ縄を解くから床に四つん這いになりなさい」
四つん這い、アナル丸出しの恥ずかしさに思わず手で股間を覆いました。
「あーら、鞭が欲しいの。」
間髪を入れずに女王様のバラ鞭がお尻に炸裂。初めて味わう快感が体中を駆け抜ける。
一発、二発、三発・・・自然に腰が動き出す。
「こらこら、なにお尻振ってんのよ」
「す、すいません・・・」

調教はまだまだ続きます。
今度は両手と片脚を縄で吊り上げられた。
女性の映像ではよく見る羞恥責めのポーズですが、まさか自分が、しかも鏡の前で・・・!
そして無防備なお尻にパドルが炸裂。
気が遠くなるほどの激しい羞恥と快感の嵐に巻きこまれて、ただでさえ頭が狂いそうなのに、息つく暇もなく電マで追い打ち。
吊られたままで寸止め地獄が始まりました。
「私の許可なくイッたら承知しないからね。」
「はい・・・」
バイブが弱から強へ、また弱へ。
イキそうになる度にお預けを食って、焦らされ続けて「もうイカせて」とお願いしても、「こんなの、まだまだ序の口だよ、フフフ」と笑われた。

次は縄を解かれて床に仰向けに寝かされ、夢にまで見た顔面騎乗。
「なめるんじゃないよ!」と言われたのに、勝手に舌が伸びて女王様の体の温もりをパンティ越しにペロペロ。
叱られるかと思ったけど、大目に見て下さいました。
女王様の体の甘い香りをたっぷり堪能させて頂きました。

今度は仰向けのままM字開脚させられた。
女王様が僕の股間をじっくり観察します。
「あら、ヌルヌルだ。テカテカ光って、やだ、私の顔が映ってるわ(笑)」
でも観察されるだけで、一度も触ってくれないんです。
もう、早く触って下さい・・・腰がまた動きます。
すると、女王様がゴム手袋を着けて、手にたっぷりローションを付けた。
「もっと大きく脚を開いて。アナル調教してあげる」
そう言うと、指の第一関節がアナルに進入。思わずアッと声がでる。
アナル調教なんて上級編だと思っていたのに、まさか、いきなり初回から!思わずアナルを思い切り締めた。
「アナル締めちゃダメ。全部緩めて。そうそう。じゃあ半分ぐらい締めて。全部締めちゃダメよ。我慢して。さあ、そのままで私の指に全神経を集中して。あはは、ピクピクしてきた。そのまま我慢して。我慢よ。締めたらお仕置きだからね。」
そう言うと、女王様がアナルの中の指をクニュッと曲げました。
あああ、思わず思いきり締めちゃいました。
「あははは、締めちゃった。さあお仕置きだよ、お前のオチンチン引っこ抜くぞ!」
「え、ええっ?!」

女王様が手袋を外して、真っ赤なマニキュアの指でいきなり鈴口を拡げた。
それまで一度も触れてくれなかったアソコを初めて触られて、もう一時間近くフル勃起しっ放しで超敏感になっているトコロを女王様の指で触られただけでもうイキそう。
しかも自分でも見た事のないアソコの内部まで覗かれて、あまりの恥かしさにキャーと声が出ました。
「キャーじゃないよ。これが大好きなんでしょ?夜な夜な自分でやってるよね(笑)」
フル勃起したアレを女王様がギュッと握る。待ちに待った快感が体中を駆け抜ける。ついにフィナーレの始まりです。
右まわし、左まわし、スローと高速ピストンの組み合わせを繰り返され、女王様の空いている手で乳首をひねり上げられる。
もうダメ!あっという間に絶頂へ追い上げられました。

余韻に浸りながらシャワーを浴びて服を着て、女王様にご挨拶です。
最高でした、また来たいです、と言うと、
「初めてだったんでしょ。だったら沢山の女王様と出会っていろんな事を教わりなさい。その上でまた来たくなったら来なさい。」
と言って下さいました。
最後に手首に縄の跡が残ってないかチェックして下さり、送り出されました。

その半年後ぐらいに天満で火事があり、リサ様と出会ったあの店のビルも火災に遭ったようでした。
リサ様にはもう会えないかな、と思っていた時、AVを個室で鑑賞するネットカフェで見たM男調教動画に出ている女王様の声や話し方が、リサ様にそっくりな事に気付きました。
メークも髪型も全然違うのですが、最後に手首の縄の跡をチェックしてくれるところでリサ様だと確信しました。

それから2年半が経ち、ミナミのSMクラブで出会った女王様がリサ様に違いありませんでした。
この声。この運び方。この雰囲気。そして最後にやはり手首の縄の跡をチェックしてくれたのです。
再会できた嬉しさに夢心地でした。
火事があった天満にいたリサ女王様ですよね、と言うと、天満で出ていたこはない、と。
でも声もやり方も同じ、手首の縄の跡をチェックしてくれるのも同じです、と言うと、私じゃない、と。
ビデオにも出ていましたよね、と水を向けたのですが、リサ様は答えませんでした。
再会できたと信じています、と言って店を出たのですが、その直後僕は東京に転勤になり、それっきりになりました。
きっと今も厳しく、優しくM男を調教して下さっているのでしょう。
いつか又、何処かで再会できる事を信じています。(終)

タグ:, ,
いいね!
いいね!25
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
読み込み中...
子どもの頃から自分のM性を自覚し、18歳でSMクラブデビューとは、随分おませさんですなぁ。SMプレイは頭でするものなので、一般的な風俗遊びより難易度高いけど、調教上手な女王様に無事初調教して貰えて良かったですな。

投稿No.4895
投稿者 仕事人
掲載日 2018年11月25日
久しく投稿していませんでした。
今回、パートナーとのカップル調教に参加しましたのでその時の体験談を投稿します。

大阪はミナミのSM風俗へセフレ(以下Y)を同伴する機会がありました。
120分コース、女王様2人で相応の出費になりましたがYも興味あるのか期待しながら待ち合わせ場所へ到着。
約束時間に合流しSM施設のあるホテルを目指して移動。
お部屋に入ると本日のプレーの内容を伝えました。

跡が残るようなプレーはNG。
縛りはOK。
流れでYへの挿入はOK。
その場合の避妊具は不要・・・

女王様が着替えてプレー開始。
小生は貼り付け台にX字に拘束、目隠しをされてしばらく放置。
Yを縄で縛る様な音とYの、あっ!、あん!の喘ぎ声を聞きながら何が起きているか想像しながら待つこと10分が経過・・・
カラカラという音と、チェーンの音が聞こえて。うっ!、あーーん
Yの声が・・・
女王様Aが耳元で ”お前のパートナーがどうなっているか、見てみたいか・・・”
うん・・・
”うんじゃないだろ!お願いしますだろ!”
お願いします・・・

目隠しを外されるとベットの上に吊り上げられたパートナYが飛び込んできました。
M字に縛られた状態です。
麻縄?と思われる縄で縛り上げられ乳房がいつも以上に大きく見えました。
”お前も縛ってやろうか!興奮してるのか、勃起してるじゃないか”
不覚にもYの痴態を見せられて勃起してしまいました。

縛りは勘弁してもらい、拘束から解放してもらいベットへ・・・
そこからはクンニを強要され、デンマ責めに参加させてもらいYが何度も逝ったあとで挿入の許可をいただきました。
”入れたいんだろ・・・。じゃあベットに仰向けに寝るんだ!”
ここでYを責めていた女王様Bが小生をベットの四隅にあった拘束具に手足を拘束。
女王様Aは小生のちんぽを手コキ・・・逝きそうになるのを我慢。
女王様Bがチェーンをカラカラと音を立てて捜査するとM字拘束のYの体がゆっくりと降りてきました。
狙いを定めて挿入できる状態に・・・・
”ゴムはつけなくていいだろ!生でぶち込んでやる!”
手コキしていたA女王様が狙いを定めチンポを誘導。
亀頭からゆっくりと挿入されてゆきました。
”直ぐに逝くんじゃないよ、これからお前のGスポを責めるからね”
Gスポ?女王様がゴム手袋を装着しローションを塗りたくって指をアナルにずぶり・・・
何、この感触・・こみあげてくる射精感覚を我慢しましたが、連続してアナルの中のピンポイントを責められると我慢の限界。
押し出されるような初めての射精感覚が何度もあり、膣に挿入したままで逝ってしまいました。

その後は拘束から解放され女王様の命じるままにYとのSEXを強要され2発中出しでプレー終了となりました。

タグ:,
いいね!
いいね!34
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
読み込み中...
個人的にはエッチなお姉さんが優しく攻めてくれる痴女系プレイは好きだけど、女王様による怖い系プレイは苦手なので、「こういう本格的な調教はちょっと…」と読み始めは思ったけど、二人の女王様が調教上手なせいか次第に引き込まれていき、こういうのもアリかもと思ちゃいました(笑)

投稿No.4841
投稿者 exe
掲載日 2018年8月23日
大阪へ出張のついでに初めてSMクラブを体験してきました。
前々からどんなものか興味があり、出張なので知り合いに見つかることはまずないので意を決して店に電話すると時間と今いる場所を聞かれ店のサイトに書かれた地下鉄の駅にいる事を告げると
「〇番出口でもう1度電話ください」
と、言われました。

指定された場所に行くとそこは風俗街らしく案内所らしきものがあり明らかに風俗嬢と客と思しきカップルがいるというややディープな世界でした。
改めて店に電話をすると店員の案内でホテルを案内されチェックインしたらまた改めて電話するように言われました。

部屋が満室のためしばらく待たされ、緊張しながら待ち、20分ほどしてチェックインできました。
そして、チェックインした旨店に連絡を入れて待つこと数分・・・女王様が現れました。
「こんにちわ!〇〇です!宜しくお願いします!」
っと挨拶され、とても女王様の様には見えない年齢は30代と思しきモデルの様な女性がやってきたことに拍子抜けしました。

初めてという事でカウンセリングシートを渡されるも書いてある内容がよく解らず、戸惑っていると・・・
「何をされたいかよく解らないの?なら逆にこれだけはやめてほしいって事があったら予め言っておいて」
と言われました。
SM=鞭で打たれたりヒールで踏みつけられたり等痛い事という先入観がありましたが痛い事は流石に勘弁してほしかったので意を決して痛い事はやめてほしいと伝えると女王様はニコッと笑って
「痛い事ね・・・じゃあソフトに行くからね」
っと言いシャワーを浴びてくるように言われ、出る際は「よろしいでしょうか?」と言うように言われました。

そして・・・

シャワーを浴びバスルームから出て言われたとおり
「女王様、よろしいでしょうか?」
っと声をかけると「いいよ」との許しが出たため部屋に行くと薄暗い部屋の奥のソファにさっきまでのカジュアルな服装からガチなエナメルボンテージのコスチュームに変わり優しいそうな表情からキッとしたきつい表情に変わり、乗馬用の鞭で左手の掌を叩きながら先ほどとはまるで違う低い声で
「ひざまづいてご挨拶しなさい!」

緊張のあまり気おくれすると鞭でソファをバシッと叩いて

「早くしなさい!!」

ひざまづいて

「女王様、よろしくお願いします」

っと三つ指ついて挨拶して顔を上げると鞭の先を顎の下に当てて立つ様に命令しそのまま立たされ煙草を吹かせながら私の体を舐めるように見回され、

「お前、なんでそんなひ弱な体なの・・・」
「アバラ、浮き出ているじゃないか・・・」

っとやせ形の私の体を見ては罵りつつ鞭の先で上半身をくすぐったり小突いたりして責められました。

そして・・・勃起している股間をパンツ越しに鞭で小突かれパンツを脱ぐように命令され言われたとおりパンツを下ろしました。
硬直したペ〇スを見た女王様は

「お前、ひ弱な体のくせにチ〇ポは一人前に大きいんだな・・・」

そして細い紐で縛られ上半身の自由を奪われ鏡の前に立たされ

女王様「ほらひ弱!鏡に映った姿はどうだ!」
私  「は・・・恥ずかしいです」

そして紐をほどかれベッドに寝かされると今度は手かせと足枷で拘束され完全に自由を奪われアナルを攻められたりペ〇スをしごかれフィニッシュした際は完全に放心状態になってました。

時間が来てシャワーを浴びて服を着た時、女王様は再び元の優しいお姉さんに戻り「どうだった」と感想を聞かれ、鞭を持っていましたが決して私の体を打たなかったのでちゃんと私の要望を聞いてくれたことを話すと
「奴隷との信頼関係をつくらないと調教は出来ないからね」
っと笑って言われました。

タグ:,
いいね!
いいね!21
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
読み込み中...
『フィニッシュした際は完全に放心状態』とのことで、SMクラブ初体験にもかかわらず楽しむことが出来たようで良かったですな。誰でも即気持ちよくなれるのが風俗だけど、SMクラブの場合、女王様と奴隷の信頼関係の他にセンスも必要なので、誰でも即気持ち良くなれるというわけではないからね。

1 2 3 4 5 6 9
  • ご利用は各自の責任でお願い致します。(実際に活用できる情報としてではなく読み物としてお楽しみください)
  • 諸事情により割愛やぼかした表現で掲載している場合があります。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)