風俗体験談や風俗店の口コミを多数掲載!ユーザー参加型風俗サイト!!

風俗体験談募集中!!
  • 風俗らいぶらりーでは皆さんからの風俗体験談を募集中です! みんなの風俗体験談の投稿はこちらから!
  • 掲載している風俗体験談は全てユーザーから投稿して頂いたオリジナルです。(コピペ・まとめではありません)
  • 投稿者名をクリックすると、その投稿者が過去に投稿した体験談が表示されます!(同一名の他投稿者が存在する場合もあるため、表示される全てがその投稿者の体験談とは限りません)

新着風俗体験談

痴漢ソープ嬢  いいね!23件
中折れ後の話  いいね!25件
コスパ良すぎのエステ発見  いいね!42件
原点回帰  いいね!26件
3P叶わなかったものの、興奮できた話  いいね!42件
» 風俗体験談一覧へ

いいね!ベスト5

前立腺攻めに悶絶  いいね!498件
収まらない元ヤン  いいね!433件
童貞が初めての風俗へ  いいね!418件
末永く続く関係  いいね!383件
お漏らしお姉さん  いいね!338件
» いいね!一覧へ
投稿No.5621
投稿者 おっさん
掲載日 2023年12月02日
連続で思い出話し。
おっさん考えるとなかなかのお話がたくさんあった!その一つ。

もぉ20年以上前の話し、某地方都市での話し!
その頃のおっさんは風俗に行った事が無かった!
その時の社長にソープだのホテトルだのに連れて行って貰っていた!その話はまた今度。
今回はピンサロの話し!

おっさんは仕事終わりに同僚と飲み、閉店前のスロットで小銭を稼ぎ、ピンサロに繰り出すを度々やっていた!
その当時のピンサロには色々なタイプが有り、3~5Kでキャバクラみたいに背の高いソファーで女の子とビールなどを飲んで、その後にお口でサービスしてくれる何とも便利でお安いお店が沢山合った!
そして大体のお店にはカーテンで目隠しされた少し広いソファー席がある!当時は当たり前にあった!
そこは女の子と仲良くなると誘われる秘密の空間。
女の子と交渉で大体10kで本番が出来る素晴らしい空間。
仲良くなると5Kだったり格安になる!
そんな空間に良く入って若き日のおっさんは息子を清めていた!

ただ!基本本番はゴム有りだった。
でも!カーテンだけで仕切られる空間は外の声などが聞こえてコッチの喘ぎ声などがまる聞こえなので、若いおっさんは興奮マックスで女の子とガンガンとやりまくっていた!
そして通って仲良くなる嬢が出来る!
基本遅くに行くおっさんなので女の子がベロベロに酔っぱらっていることがある!
そ~すると、行った瞬間から秘密の空間に通されおっさんわざとお金無いから無理だよ!と言ってんのにズボンを脱がされそのまま激しくフェラされてギンギンにされ、そのまま跨り生チンをズッポリハメだしよがりまくる!
そのまま自分で動いて2回ぐらい行き倒れ込む。
そのままおっさんは正常位に変えてガンガンとやりまくり最奥に全てを吐き出す!
それに合わせて女の子もビクビクとまたいく!
そしてお掃除フェラしてピンサロ代の5Kだけで帰る!
そんな3K~10Kぐらいでナマ中など良く出来た時代だった!

怖い物知らずのおっさんは隙があれば直ぐにナマ中で全てを吐き出していたが!
そんなゆるゆるな時代を過ごしたが、今だに一回も性病にはかかっていない!

昔のお店はゆるゆるで素敵な時代だった!
今回はこんな話しで。

タグ:, ,
いいね!
いいね!31
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
読み込み中...

【中出し倶楽部】中出し好きな人にオススメ!中出し体験談多数掲載!!
体型の変化  自慢したくなる嬢  親不孝兄貴!おかえりなさい!!  セクキャバで美人女子大生と本番  相性の良かった嬢が性病持ち...  潮吹き選手権in川崎  小倉七海ちゃん  風俗はしご  初めて呼んだデリヘル  出禁にされた 
投稿No.5610
掲載日 2023年11月04日
2023年10月末
引き続き通っている関東某所のピンサロ嬢Uちゃん(投稿No.5607)に懲りずにまたまた突撃。
いつも通り受付を済ませてブースで待っていると、Uちゃん登場。

以下
Uちゃん:U
筆者:ク

U「こんにちはー♩また来てくれたの嬉しい!今度は間あかなかったね!」
ク「そう!今度はタイミングがあったから」
U「じゃあまたキスいっぱいしなくちゃね♩」
ク「もう完全にそのつもりで来たからw」

と、インターバルが短かったためしっかり覚えてくれており、前回のように思い出してもらうトークは不要です。
加えて、キス好きで認識してくれいるので、話も大変早いです。

てなわけでキスによるイチャイチャがスタート。
Uちゃんは相変わらず舌が柔らかくてふわふわです。
また、時々漏れる「….んっ」も最高です。
気持ちよすぎて、キスしながらお互いに「気持ちいいね♩」と言葉を交わしました。

そうしているうちに、お互いパンツだけの姿に。
今回も添い寝を考えましたが、毎回それだと変わり映えしないので、今回はブース内で横並びで座って、キスしつつお互い触りつつのイチャイチャを提案しました。
自分の右隣にUちゃんが座り、なんだか学生カップルが河原で良い雰囲気になってるような並び。

ク「なんか学生みたいw」
U「わたしもそう思ったw」
といいながら、自然とキスが始まっていきます。

キスしながら、おっぱいをつんつんすると
U「ちょっとw ねぇ恥ずかしい♩」
反応も可愛くてクセになります。そのまま続けていると
U「ねぇ♩!くすぐったいからさぁー….だからもっとちゃんと触って…♩」
リクエストに答えて、手のひらでしっかりもみもみさせていただきました。
キスで重なる唇から「んぅ、、はぁ、、」と吐息が漏れ、どんどんいやらしくなります。
Uちゃんの手は、私の太腿からパンツの中に滑り込み、竿の裏筋から先端までを撫でてきます。
U「固いし、なんか出てきてる♩」
ク「恥ずかしっw」

危なかったのでいったん体勢変更の提案。

ク「前回もやってもらったんだけど、また四つん這いになってくれる?」
U「言うと思ったそれw ほんっと恥ずかしいんやからね?♩」
といいつつお尻をこちらに向けてくれるUちゃん。
ク「めちゃめちゃ良い景色w」
U「全然慣れないんやけど…恥ずかしい…」

Uちゃん、下のお触りはNGですが、探りさぐりパンツの縁のあたりに指を這わせたり、中に入れてみたりします。
U「んん….」
そんなに悪くない反応。
ク「これくらいなら平気?」
U「うん… ガッツリ触るのはあれだけど、もうちょっとギリギリまでならいぃ…」
完璧NG行為をするつもりはなかったので、十分すぎます。
ありがたく、まん◯キワキワのところに指をあててなぞってみます。
U「ぁ….ヤバい気持ちいいかも…」

ク「あのさ?ちょっと擦りつけていい?」
U「いいよ…して…♩」
めでたく擬似バックです。
激しくせず、ぴったり密着したままゆっくり動きます。
パンツ履いたままというのが逆に背徳感につながり、興奮材料です。
U「んんぅぅ、、、んぁあ…ぁあ恥ずかし…ぁ気持ちいぃ…」
ク「これやばいね、、クセになりそう。」
U「ぅん…恥ずかしい…」

このままでは暴発しそうだったので、背中に覆い被さり休憩。
U「ねぇー!、、ちょっと…めっちゃ恥ずかしいからね♩! 今日もちゃんとお返しして帰すわ!笑」

可愛い反応とともに今回も佳境へと向かいます。

U「じゃあ、舐めていぃ?♩」
ク「いいよ」

裏筋からゆっくり舌を這わせ、丁寧に舐めあげられたと思えば、同じようにサイドも下から上へと快感が登ってきます。
U「気持ちいぃ?」
ク「うん。それヤバいわ、、」
そんなふうにしばらく優しくされた後は、パクッと咥えて上下運動。
時間的にも気持ち的にもそんなに持つわけがなくお口の中に大量発射。

一通り片付けなど終えて戻ってきたUちゃん。
U「ねぇ今度来た時もさ?今日のやつしよ?♩」
ク「いいの?絶対するわw」
U「うんw めっちゃよかったw♩」

無事に次があることを匂わせ、今回もバイバイです。

タグ:
いいね!
いいね!22
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
読み込み中...

投稿No.5607
掲載日 2023年10月28日
以前投稿した関東某所の神ピンサロ嬢Uちゃん(投稿No5546、5547)
退店した悔しさ抱えて数ヶ月たったころ、なんとなくホームページを覗いたらまさかの復帰!
とうに諦めていた私に絶好のチャンス。
その再会について綴りたいと思います。

——

~2023年9月中旬~
予定の合間に目的地へ突撃。

暗い店内に、2人入ってちょうどいいくらいのフラットシート。そうそうこの感じ、と思い出していきます。

しばらくすると
「こんにちはー♩」とUちゃんが登場。
ぱっちりお目々のくっきり涙袋で、美人と可愛いのいいとこどりフェイスです。
たぶん、私のことはこの時点では覚えていないと思ったので、必死に前回前々回のエピソードトークをします。

※以下、
筆者:ク
Uちゃん:U

ク「1年半前に2回会いにきてー」
ク「そのとき、〇〇ってアイドルに似てるってUちゃんが言ってくれて(自分では似てないと思うけど)ー」

すると、しっかり覚えていてくれた様子で、

U「一昨年の年末に1回と、年明けの1回で2回きてくれたよね?」
↑大大大正解。これは嬉しい。

ク「そう!Uちゃんのキスが忘れられなくて、絶対また会いたくて!」
U「ほんまに?めっちゃ嬉しい~♩」

このあたりで私の膝の上に乗り、腕を首の後ろに回し、時々ハグしたりしながらお話ししました。

ク「一回辞めちゃったでしょ?で戻ってきたの知って、絶対来ようと思ってた!」
U「ありがとう~♩ じゃあ今日は再会の「アレ」しよ?♩」

「再会の「アレ」」。これぞパワーワード。
アニメ声とまではいかない、少し高めでよく通る声でそんなこと言われたら、骨抜きそのものです。

まずは前回まででハマってしまったキスの嵐。
舌がとても柔らかくて、心地よい感覚が口の中に拡がり、脳汁が大量放出されます。
たまに漏れるUちゃんの「んっ…」も最高です。

時々離しては、
ク「めっちゃ気持ちいい!」
U「ね♩ 前もお互いちゅー好きって話したもんね!やっぱり、好きなプレイ一緒だといいね♩」
ク「そう、だから今日めちゃくちゃしたい。」
U「いいよ!いっぱいちゅーしよ?♩」
と、会話も楽しませてもらいました。

キスをしながら、おっぱいやお尻を撫でていきます。

ク「脱がしていい?」
U「うん…いいよ♩」

といいつつ、脱がし脱がされ、まずはどちらも下半身だけ下着姿に。
そこで私から、前回もお願いした「四つん這いでお尻を向けてもらうポーズ」のリクエスト。

U「え笑!そんな人やったっけ?笑」
ク「これ前回もやってもらった!笑」
U「えー!!あ、声大きすぎたw ちょっとめっちゃ恥ずかしいんやけど!」
ク「えーお願いおねがい!」
U「もぅ…ほんっとに恥ずかしい…♩」
といいながら、下着姿のUちゃんは四つん這いになってお尻を突き出してくれます。
レースで紺か黒の下着のお尻。最高の景色です。

私は「ぅわーやばっ」といいながらしばらく眺め、お尻を撫でて、綺麗な背中に後ろから抱きつきおっぱいを揉みます。この密着感がたまりません。
U「ねぇ…ヤダほんとに恥ずかしい…」
しばらく楽しんだら
U「もーぅ!!!今度は仕返しやで!♪」
とあれよあれよと私はパンツを脱がされ、スッポンポンになってました。

U「舐めていぃ?」
ク「何を?」
U「えー!、、お〇んちん、舐めていぃ?」
ク「いいよ。」

パクっと咥えられ、キスの時と同じく、舌による柔な衝撃が末端から全身まで広がります。
ただ、こんなに可愛くてタイプでキスが上手な彼女と、このまま時間が過ぎていくのがもったいなく感じ、いったん中断。

ク「ちょっと、一回添い寝でイチャイチャしない?」
U「いいね!したい♪」

ブース内で身を寄せて、密着する体勢に。窮屈なのがいい。
まずはおきまりのキスから。(というより、文章化しているところ以外も基本はキスしっぱなし)

ク「ほんとかわいいね。来てよかったわ。」
U「嬉しい♩来てくれてありがと♩」
ク「絶対また来るね!」
U「うん♩前回も、してる途中でまた来るって言ってたよねw」
ク「そうw」

今度は私から「おっぱい舐めていい?」と提案。
「いいよ♪」とUちゃん。

白い柔肌を晒し、仰向けになったUちゃんに覆い被さる形で、膨らみの頂を口に含みます。

ク「めっちゃやらかいね」
U「ん…♩.ぅん…」

ほどよい大きさで本当に柔らかく、「崩れないプリン」と言った感じです。
顔を見合わせると、困り顔のUちゃん。可愛過ぎます。

我慢できずまた寝ながらキスに移行。全身幸せです。

ク「もう今日キスだけで終わって良いわ」
U「わかる!でもねー♩そう思っててもしたくなってくるんだよねー♩なんでだろね♩」
ク「マジでキスだけでも満足なのに」
U「ダメ!ちゃんとする!、、だからまた舐めていい?♩」
ク「えー、お願いします笑」

改めて私の脚の間にUちゃんが座り、優しく咥えてくれます。
どこまでも柔らかい口内で、これはずっと感じていたい。

と、言うわけにもいかず、だんだん絶頂が近づいてきました。
ク「あ、やばいわ、、」
U「まだイッちゃダメだよ♩」
といいながらまたパクッとされます。

ク「あ、ほんとにやばいやばい!」
U「ん!、、」

咥えられたまま、ドクドクと発射されていきます。

口を閉じたままUちゃんはニヤニヤしながら
「んー(もーぅ)♩!」と、
私の額に自分の額をコツン、としにきました。え、可愛すぎる、、。

そのあとはティッシュに吐き出してスムーズに処理をし、時間も押していたのでお互いに服を来て、
U「カード書いてくるね♩」
ク「わかった!」

この、カードを書きに離席する時間も意外と寂しいものです。

戻ってきてからもスピード感はありましたが、
U「明日から連休だね!エロいことし過ぎんなよ♩」
とエロさとコミカルさ満点の会話をして、出入り口付近まで送ってもらって軽くキスしてバイバイ。

来店からほぼ毎日、この日のことを思い返しています。

タグ:
いいね!
いいね!23
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
読み込み中...

投稿No.5547
掲載日 2023年3月23日
前回2021年12月に訪問した関東某所、有名な風俗エリアのピンサロ(投稿No.5546)に再突撃。狙いは今回も Uちゃんです。
今回は2022年1月の上旬でした。
後にも先にも、同じ女の子目当てで2回行くなんてことありませんでした。
自分でも驚くほどくらい、Uちゃんに心を奪われてしまいました。

Uちゃん今回は、「下のお触りはNG」と受付で案内がありました。
そんなことは関係ありません。ただ会いたかった。

シートで待っていると、Uちゃん登場。
前回の制服と違い、今回はTシャツにスカートというラフなスタイル。髪は二つ結び。これも可愛い。

U「こんにちはー!」
ク「さっそくまた来ちゃった笑 やっぱり可愛ね!」
U「ホンマに来てくれると思わなかったー!ありがとう!」
ク「まあ、調子いいこと言って来ない人多そうだよねー」
U「そう!だからこの前「また来る」って言われて、正直「ホンマか?」って思ってた笑。けどありがと!!」
ク「来るよー、 Uちゃんのチューがめちゃくちゃ気持ちよくて忘れられなくて笑」
U「チューいいよね? 好きって言ってたもんね!またいっぱいしよう!!」

安定の可愛さで今回も心撃ち抜かれました。
で、早速プレイ開始。宣言通り、キスの嵐です。

Tシャツの上からほどよい大きさのおっぱいをもみもみし、顔をうずめます。

U「おっぱいも好き?」
ク「もちろん好き。やばい。」

そんなのを繰り返しながら、引き続きキスをしつづけます。
そしてキスをしながら服を脱がし合います。
流れでお互い下着姿になり、添い寝でイチャイチャ&キスをしました。

前回Uちゃんが大当たりすぎたので、今回来るに向けて準備しておいたリクエストがあります。
それは、『えっちなフレーズを耳元で囁いてもらう』です。言ってみれば、生ASMRです。
お願いすると Uちゃんは

U「えー、どうしよ?、変態やなぁー」
少し照れながらも、私の耳元に口を近づけ、

U「今日もいっぱい、、イチャイチャしよ?」
U「またいっぱいチ○チン舐めてもいい?」

少し高めの Uちゃんの声だと、「こうかはばつぐんだ」です。
リクエストした側のくせに、その攻撃力に戸惑って骨抜きになりました笑

ク「Uちゃん声可愛いから、結構リクエストされるでしょ?」
U「え、全然されたことないからほぼ初めて笑 変態やなぁホンマに」

こんな最高な体験をしないなんて、みんな損しているなぁと勝手に脳内でマウントをとり、またキス再開。

前回同様、お尻を向けて四つん這いになってもらいたくなりました。
ただし今回は「下のお触りNG」。なので、あくまで「下は触らないから、お尻向けてほしいな」という意図を込めて、最初に
ク「今回は下は触らない方がいい日なんだよね?」
と確認したところ
U「あー、うん。けど、お兄さんならいいよ」
と、意図しない形でパンツを脱ぎ始める Uちゃん!
そんなつもりはなかったけどこれは嬉しすぎる誤算!

ここまで来たら、と69に移行!
69って、もちろん目の前のお尻の景色もいいんですが、脚の間から見える下に垂れたおっぱいが最高にそそられるんですよね。
トロトロになった Uちゃんのあそこを舐め、絶景を堪能して、 Uちゃんのフェラテク。五感全てが多幸感の渦に溺れます。
ついついもったいなくなり、一旦ストップでまたキスをおねだりしました。

ク「ごめん、もったいないからまたチューさせて!」
U「いいよ、やっぱりチューいいよね?」
と、なんていい子なんでしょう。

キスばかりしてたら、残り時間わずかになっていました。
いくらもったいないとしてもおねだりしすぎた!と反省。

急いでまたフェラに移行し、そのままお口にフィニッシュしました。
(さんざんキスが好きと言っているけれど、最後はフェラにこだわりたい。)

U「チュー良すぎて、たくさんしちゃったね?笑」
ク「ごめん笑 けどありがとう笑」

そんな感じで、最後は慌ただしくさよなら。
その後は仕事が忙しくなり、なかなか行けない日々が続きました。
それでも「またそのうち会いたい」と切に願い、ことあるごとにお店のホームページを覗き、「大丈夫、まだいる。」と Uちゃんとの再会の時に思いを馳せていました。
しかし数ヶ月たった頃、 Uちゃんの名前はパッと消えてしまっていました。

あれ以来ピンサロには行っていないけど、仮に行ったとして、 Uちゃんと比べてはもう二度と会えないことを実感し、寂しくなるのだろうと思います。
たった2回の付き合いだったけれど、ありがとう Uちゃん。

タグ:
いいね!
いいね!29
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
読み込み中...

投稿No.5546
掲載日 2023年3月20日
この掲示板、とても素敵です。
皆さんが見返りを求めず、ただただ良き思い出を語り合っていて、私もそれに加わりたくなりました。
自分が覚えていたい、という気持ちもあり。

~~~

2021年12月ごろのお話です。
当時31歳で、前の会社を辞め、ひと月後に今の会社に就くことが既に決まっていたので、心身共に超絶ストレスフリーな期間でした。
しばらく行けてなかった風俗にいく絶好のタイミングだと、気づいた時にはすでにスマホでリサーチをしていました。

※この頃はコロナの感染者が一時的に減っていた時期、というのもあります。

ちょうど外出の予定があったのが、関東某所の有名な風俗エリアから近いということもあり、予定の前に突撃することに決定。
本番よりもフェラやキスが好き+費用を抑えたいため、ピンサロに狙いを定めました。

迎えたXデー

足早に目的のピンサロに到着。直前にお店のHPで人気嬢にちょうど空きが出たことを知りました。
顔出ししていませんでしたが何か惹かれるものがあり、迷わず今回のお相手、「 Uちゃん」をご指名。
薄暗い店内で響く重低音に合わせて、心臓もバクバクしているようでした。
長いフラットシートで待っていると、制服コスのUちゃんが来てくれました。

Uちゃん(以下、 U)
クリアファイル(以下、ク)

U「こんにちは~♪」
ク「こんにちは!はじめまして」
U「今日はお仕事?」
ク「いや、ちょっと用事でこの辺に来たからさ。」

まず最初にわかったことは、私のタイプだということです!
Uちゃんは、ムチムチとはいかないくらいのスタイルで、おっぱいはC~Dくらいです。
目はパッチリで清楚系、声は高めでよく通ります。

ク「うわ!可愛い!めっちゃタイプだ!どうしよう!」
U「ありがと~。全然そんなことないよ~」
ク「いや、可愛いわ!やばいなぁ今日。」
U「ありがと笑 私の顔、パパにそっくりなんだよ笑」
ク「パパめっちゃ可愛いじゃん笑」
U「実家帰ったら、パパに可愛いって言っとくね笑」

無理なく距離を詰めるのも上手で、緊張がすぐに解けました。
そしてUちゃんパパに心より感謝です。

そのまま自然な流れでプレイに突入。
ねっとりDKからスタートします。

ここでも確信。 Uちゃん、めちゃくちゃキスが優しくて気持ちいい。ほんとの彼女みたい。
座ったまま体を触ったり手を握りながら、恋人同士のようなキスに夢中になりました。
自分的にはその相性がよく、ビビビっと来てしまい、

ク「やばい。キスめちゃくちゃ気持ちいいわ。」
U「うん、気持ちいいね」
ク「実はね、チューが1番ってくらい好きなんだよね」
U「ホンマに?わかる!チューめっちゃ気持ちいいよね!あたしもチューが好き!!じゃあいっぱいしよ!!」

リップサービスか否かわかりませんが、意気投合に嬉しくなります。
また、時たまでる関西弁に、そちら方面の出身だとわかります。
高い声の関西弁。これは可愛い。。

優しくて濃厚なキスを楽しんでいたら、その時点でリピートを決意。

ク「ごめん、今言うことじゃないけど、絶対また来るわ笑」
U「え!笑 そんなに良い?ありがと!! 待ってる笑」

といって引き続きキスをしながら、今度は制服を脱がしていきます。
ブレザーを脱がして、ワイシャツの上からおっぱいをモミモミします。
手のひらをちょっとこぼれるくらいの大きさで、これも最高です。
ブラもとってもらい、生乳を鷲掴み。
乳首もほどよい大きさで、どこまで理想的なのか、計り知れません。

ここで
ク「あのさ、お尻向けて四つん這いになってもらっても良い?」
U「えー、恥ずかしい… ほんとにぃ?いいけど」
と、程よい大きさでえっちなお尻を向けてくれました。なんという絶景。
そのままお尻に顔を埋めてスリスリさせてもらいました。
ク「あー、やばい。最高。」
U「ねぇちょっと恥ずかしいねんけど…」
といいながら、笑顔を向けてくれます。
たまらず後ろからしがみついておっぱいを揉み揉み。
U「めちゃくちゃやらしいじゃん」

再びキスをしながら座っていると、Uちゃんも私のをズボンの上からサワサワ。
私も我慢できず、いつの間にか裸になっていました。

U「おっきくなってる!!」
ちょっと手でしてもらったあとに、フェラをお願いすると「いいよ、じゃあ横になってね」と笑顔で了承してくれました。

ここまでくれば言わずもがな、フェラのテクも最高でした。
温かく柔らかな感触が快楽に導きます。
ただ、情けないですがここでいってしまったらちょっと勿体無いなと思い、一旦中断。

ク「ねぇ、またチューしていい?」
U「ふふ、いいよ。チューしよ!!」

今度は裸で添い寝し、抱き合いながらのキスです。
キスして、時々顔を見合ってからのまたキス。
Uちゃんは私のをサワサワしながら。
この愛し合ってるイチャイチャ感がたまりません。

私はことあるごとに「やばい。可愛い。ほんとやばいどうしよ」の連発でした。
U「そんな褒めてくれるの嬉しい」

そろそろ時間もなくなってきたので、最後は改めてフェラでいかせてもらうことに。
もうそこからはなすがままに。です。

ささっとティッシュを取り出して後処理を済ませて、私は大満足。
Uちゃんは「ちょっと待ってて」と一度退席し、すぐに戻ってきました。

そのあとは、最近の寒さや年末年始の過ごし方などを話しました。
最後は入り口で手を振ってバイバイです。

風俗に言って果てたあとは、いわゆる賢者モードで冷めてしまうことも多いのですが、 Uちゃんとの時間は違いました。
「絶対また来よう。」そう心に決めて、店を後にしました。

タグ:
いいね!
いいね!26
読み応えあったら『いいね!』を押してあげてね!
読み込み中...

1 2 3 4 5 6 61
  • ご利用は各自の責任でお願い致します。(実際に活用できる情報としてではなく読み物としてお楽しみください)
  • 諸事情により割愛やぼかした表現で掲載している場合があります。
  • 無断転載、複製、まとめサイトへの転載等は固くお断りします。必ず守ってください。(リンクは構いません)